資産形成、資産運用、節税方法|一通り学べるセミナーで知識の整理を

資産形成、資産運用、投資、節税対策ニーズの高まり

様々な投資手法

資産運用、投資。

長い人生を生きていく中で、年金2,000万円問題や雇用不安、賃金上昇が見込めない、金融市場の混乱。

老後資金は2,000万円どころではなく、5,000万~6,000万円あっても不安があるかもしれない、とにかく老後資金を準備しておかなければいけない現実。

そして、コロナ禍のような不測の事態による仕事、収入への打撃、影響。

こうした世相を背景に、個人の生活防衛、資産防衛、資産構築ニーズは高まる一方です。

資産形成、資産運用、投資手法にはどんなものがあるのか?特徴を紹介

資産形成

では、個人が取り組める資産運用や投資手法にはどんなものがあるのでしょうか。

株式投資

特徴

●世間のトレンドや政治・経済の知識を生かせる
●売却益・配当金・株主優待の3つのリターン
●NISA制度を利用できる

株式投資では主に購入時と売却時の差額で利益を得ます。

これから値上がりしそうな銘柄を見極める必要があるので、世の中のトレンドや政治・経済の動きに敏感な方にぴったりの投資手段です。

売却益を得る他に、長期保有して配当金や株主優待のメリットを得る方法もあります。

預貯金

特徴

●安全性が高い
●銀行独自のサービスを受ける事ができる
●元本保証されている

預貯金とは、預金者が預けたお金に対して、金融機関が定期的な利息の支払と将来の元本の支払を保証している金融商品。

銀行や信用金庫などで取扱われています。

預貯金の最大の特徴は、預入先の金融機関によって元本が保証されていることです。

そして、仮に金融機関が破綻した場合でも、預貯金は預金保険制度などによって、一定の範囲内で保護されることになっています。

そういった意味で預貯金は、金融商品の中でもっとも安全性が高いものの一つといえます。

国債

特徴

●安全性が高い
●少額から投資が始められる
●投資信託などと比較すると金利は低い

国債とは、国が発行する債券です。

国は、借りたお金を国の事業などに使います。

投資家は国債を購入することで、国が設定した金利を半年に1回受け取れます。

そして満期になると、投資した元本が償還されます。

債券なので、投資家からお金を借りるものです。

また、国が債券を発行しているため、国が破綻しない限りは元本割れリスクはないといえます。

投資信託

特徴

●少額から投資が始められる
●プロの専門家に運用してもらえる
●iDeCo、NISA制度を利用できる

投資信託は資金を専門家に預けて運用を任せます。

複数の投資家から集めた資金を分散して投資するので、個人で背負うリスクは
少なくすみます。

一万円から気軽に始められるため、初心者にもおすすめです。

短い期間で大きなリターンを得たい人には向いておらず、長期運用でコツコツと利益を積み上げるやり方がおすすめです。

ただし運用を中止するタイミングを決めれない商品もありますので、必要な時にすぐに現金化できない点に注意しましょう。

仮想通貨

特徴

●ハイリターンが期待できる成長市場
●価格の変動が大きい為、短期間で利益を上げることも可能
●情報技術の発展と社会システムの変革につながる

仮想通貨とは、デジタルデータのみが存在して取引されている通貨です。

国家が価値を保証している通常の通貨と異なり、最先端の情報技術と取引する人同士で価値を保証する仕組みです。

仮想通貨の取引市場は成長途中にあるため、爆発的なハイリターンの可能性も期待できます。

一方、価格の変動が不安定で大きく損をする可能性もあり得ますので、注意が必要です。

ギャンブル要素が大きいとはいえ、技術の発展に貢献しお金の既成概念を変える可能性を秘めた仮想通貨は、夢のある投資対象です。

不動産投資

特徴

●長期の安定収入を確保できる
●インフレに強い
●生命保険効果がある

不動産投資はレバレッジ効果のある運用商品になります。

購入したマンション・アパートなどを賃貸することで、長期間に渡っての安定した家賃収入を期待できるのが不動産投資になります。

投資家自身の社会的信用力を使うことで、少ない資金から始めることができます。

また、サブリースシステム(家賃保証)を使うことにより、安定した収入が見込め、安心して取り組むことができます。

団体信用生命保険が付帯している為、保険の見直しをかけることができ、より効率よく資産形成することができます。

資産形成、資産運用、節税方法|一通り学べるセミナーで知識の整理を

オンラインセミナー

ここまで見てきたように、様々な資産形成、資産運用、投資手法、節税方法があります。

・効率よく貯金をする方法を知りたい
・何か節税対策をしようと考えてはいるが、どんな方法があるか分からない
・コロナ禍の影響もあり、この先不安なので何か今のうちに資産形成をしたい
・たくさん運用商品がある中で、どれが自分に合っているか分からない
・少額からでいいので、何か運用をスタートしてみたい

こういった希望を叶えるためには、資産形成、資産運用、節税方法について、様々なメリットとリスク、手法を学ぶことが必要です。

そして、それらを全体的に、一通り一気に把握出来るような投資セミナーは貴重。

次に紹介するVUCA100年時代を乗り切る資産形成術「ライフマネーセンスセミナー」は、それが叶うセミナーのひとつです。

それでは詳細を見てみましょう。

VUCA100年時代を乗り切る資産形成術「ライフマネーセンスセミナー」の特長

「ライフマネーセンスセミナー」の特長

通常の投資セミナーでは投資商品の販売が目的です。

また、投資商品が限られています。

  • 不動産会社主催のセミナー|投資用不動産の紹介・販売
  • 証券会社主催のセミナー|株式・投資信託の紹介・販売
  • 保険会社主催のセミナー|生命保険の紹介・販売
  • ファイナンシャルプランナー主催のセミナ|不動産・生命保険の紹介・販売

世の中には、様々な投資商品がありますが、上記セミナーの多くのアドバイザーは営業マンであり、主催会社の方針から、大抵は1つの投資商品しか提案ができません。

「ライフマネーセンスセミナー」では、あらゆる投資商品に加え、誰もが既に持っている「社会保障制度」や「お勤め先の就業規則」なども考慮した、資産運用に本当に大切な事について学ぶことができます。

海外投資家の間では当たり前になっている、資産運用アドバイザーとはどんなことができるのか?

ぜひ楽しみにお聞きください。

※不動産、株式投資など特定の投資商品を決めている方は、その専門セミナーにご参加ください。

「ライフマネーセンス”LIFE MONEY SENSE”セミナー」では20代・30代・40代の現役世代が、投資をはじめる前に必要なコトが学べます。

  • これからを知る!今話題の「VUCA100年時代」とは?
  • 知らないと生き抜くことができない、投資以前に必要な知識
  • 我々世代が絶対に知っておきたい、3つのマネー戦略
  • 正しくリスクを見極め、投資商品を選定できる条件

「ライフマネーセンスセミナー」の詳細は下記リンク先のウェブサイトから確認することができます。

「ライフマネーセンスセミナー」の詳細を確認する

「ライフマネーセンスセミナー」の口コミ

学び

VUCA100年時代を乗り切る資産形成術「ライフマネーセンスセミナー」の口コミを紹介します。

桑田真紀様 / 25歳 / 人材紹介事業

「ただ貯金をするだけの日々から脱却したい」この想いが一歩を踏み出したきっかけ

自分で一から調べ、行動に移すには膨大な時間がかかりますし、一人で資産形成を行うことには不安があったので、Crea Life Partnersのサービスを受けることを決めました。

株式投資などに代表されるハイリスク・ハイリターンな投資が、自分にとっての「投資」のイメージでした。

専門家のアドバイスに基づいて商品をきちんと選べば、自分のお金を安定的に増やすことができ、将来対策にもつながる。

これが今現在「投資」に対して抱いているイメージです。

土屋美咲様 / 26歳 / Google合同会社

漠然と”何かしなければ”という焦りが募る日々

当初は「何もかも自分ですべてやらなければ」と考えていましたが、今では引き続きサポートしてくれるCrea Life Partnersがいるので、将来を前向きに考えることができます。

また、担当の荒谷さんからあらゆる金融商品について基礎から教えていただいたので、きちんと知識をつけた上で資産形成をスタートできました。

自分の性格や好みを理解いただいた上で「5年後に1,000万円貯金」「挙式費用500万円」という無謀な目標に対しても、本気でご提案でいただけました。

小川祐様 / 33歳 / 製薬業界

幅広い分野を1社で網羅、ワンストップで相談できる

将来の生活を楽にするため、働きながら資産運用をしていましたが、個人の力で続けてプラスに持っていくことに限界を感じていました。

Crea Life Partnersを選んだ理由は、株式や債券、保険、不動産と幅広い分野をワンストップで相談できること。私の所有する資産をベストな形に整えて提案してもらえると思いました。

国内に海外に様々な商品があることに驚きました。

一つ一つ丁寧にご説明いただき、公平に商品内容を判断した上で、最高と思える提案をしていただけました。

「ライフマネーセンスセミナー」の詳細は下記リンク先のウェブサイトから確認することができます。

「ライフマネーセンスセミナー」の詳細を確認する

そしてこの次にもう1件、参考になるセミナーとして、0からモンスター資産を持つ「モンスターズマネーセミナー」を紹介します。

0からモンスター資産を持つ「モンスターズマネーセミナー」の特長

「モンスターズマネーセミナー」の特長

0からモンスター資産を持つ「モンスターズマネーセミナー」では、90分間のセミナーで、はじめてのお金の増やし方を一通り学ぶことが出来ます。

会社員、公務員の給与所得者が捨てるべき考え方として、3つのポイントを学ぶことが出来ます。

ポイント①ポートフォリオのつくり方
まだ、労働収入に頼っていませんか?
お金持ちの定義は『生活費<資産所得』。
決して給与所得が高い方ではありません。
あなたの収支のバランスは正しいですか??

ポイント②忙しく働く会社員がはじめての資産をつくる方法
●どの投資商品にいくら投資したらいいの?年収別にわかる効果的な各銘柄
●保険、NISA、iDeCo、ワンルーム投資の年間節税額を公開中!
●2022年にiDeCoが変わる【最新情報】
●インデックス/アクティブ運用で30年運用するとどうなる?
●100万円を年率5%で30年間運用→単利運用の場合¥245万、複利運用の場合¥432万↗
●各投資商品のメリットとデメリットを徹底比較
●プロが教える失敗しない投資用不動産の選び方
知っている人は複利で稼ぎ、知らない人は利息を払っています。

ポイント③リスク分散投資の大切さがわかる
お金持ちの9割が実践している、『資産に投資する』『リスク分散投資をする』『賢い節税法』を理解する事。
まずは、資産を持つことが大切です。
今あるあなたの労働収入をモンスター化(最大化)する90分

無料特典で、60分の個別コンサルも用意。

また、5月31日まで、Amazonギフト券10,000円プレゼントしています。(※適用条件あり)

0からモンスター資産を持つ「モンスターズマネーセミナー」の詳細は以下のリンクから確認することが出来ます。

0からモンスター資産を持つ「モンスターズマネーセミナー」の詳細を確認する

「モンスターズマネーセミナー」の口コミ

グッド

モンスターズマネーセミナー」の口コミを紹介します。

TYさん 看護師30代前半(男性/未婚/子供なし)

早期の不労所得生活を目標にワンルーム投資から始めました。

投資商品の中では低リスクではじめられ、手間もかからないので、始めやすかったです。

今では、投資信託、iDeCo、ETF、株の運用も行ってます。

50歳をまたずに、不労所得で自由を手に入れる為、本業を頑張っています!

SDさん30代是半 生命保険会社勤務(男性/既婚/子供二人)

将来の年金対策を漠然と考えていた頃、2人の子供に残せる保険としてワンルーム投資に魅力を感じ、2件物件を購入しました。

投資信託、株、FX等の投資商材よりも、保険に加入する目的で物件を購入しました。

今でも保険商材の方が自分の性格に合っていると思い、とても満足しています。

3人目が生まれたら、もう一件購入したいと思います。

NRさん40代前半(女性/未婚/子供なし)

55歳にはハッピーリタイヤしたい!という夢があり、初めは保険の積み立てや株を運用しておりました。

ただこの二つだけではまだ不安があったもので、次のステージとして「不動産投資」のことを知りたい!という気軽な気持ちでセミナーに参加致しました。

セミナーでは、知識なしでもわかるようにとても詳しく説明していただき、不明点も担当コンサルタントさんが親身に相談に乗ってくださったので安心して不動産投資に踏み切れました!

0からモンスター資産を持つ「モンスターズマネーセミナー」の詳細は以下のリンクから確認することが出来ます。

0からモンスター資産を持つ「モンスターズマネーセミナー」の詳細を確認する

【不動産投資】サラリーマンが資産運用に取り組む際の3つのポイント

計算する女性

サラリーマン属性を活かそう

あらためてここから、サラリーマンが「資産運用」、特に「不動産投資」に取り組んで行く際のポイントを紹介していきます。

サラリーマンの属性は一般的に企業経営者よりも有利で、例えば上場企業の年収700万円のサラリーマンの方が、年収1,500万円の中小企業オーナーより多く借り入れができる、と言われています。

そして、「モゲチェック不動産投資調べ」によると、好条件で借り入れができる融資額は年収のおよそ8倍までとされています。

モゲチェック不動産投資のサービスの一つである「バウチャー(不動産投資ローンを好条件で借り入れできる融資額を判定するサービス)」を利用しているユーザーを分析したところ、平均年収1,166万円に対して平均融資額は8,243万円となり、年収の約8倍となりました。8倍を超える金額を借り入れる場合には、返済リスクが高まると金融機関に判断され金利が高くなるなど、貸出条件が悪化する可能性が高いと言えます。

購入余力

サラリーマンが不動産投資に取り組む際の3つのポイント

ポイント

サラリーマンが不動産投資に取り組む際の3つのポイント。

それは、次の3点です。

①キャッシュフローに注意
②借入枠と投資物件金額とのバランス
③副業禁止規定に注意

ポイント①キャッシュフローに注意

キャッシュフロー(毎月の家賃収入から経費を差し引いた手残りの額)に余裕を持たせておくことが、中長期にわたる不動産投資においては非常に重要です。

空室などで家賃収入が減ってしまった時、ローン返済額は変わりませんし、急なトラブルや修繕などで出費が増えることもあります。

不動産投資の収入減や支出増をもたらすリスクは様々。

リスク許容度を高めにしておくことは重要です。

ポイント② 借入枠と投資物件金額のバランスを考える

「モゲチェック不動産投資調べ」によると「モゲチェック不動産投資(借り換えサービス、バウチャーサービス)」を利用するユーザーの平均年収は1,064万円、最多年収層は700万円台でした。不動産投資を行う際には銀行借り入れを行うのが一般的であり、その審査基準に合致する高所得者が中心ユーザーになっているものと推測されます。また平均年齢は43歳となりましたが、20代のユーザーも少なからず存在し、全体の4%を占めています。

年収分布と年齢分布

さしあたって不動産投資を計画する際は、年収の8倍までの範囲で買える投資物件で、先々の不動産投資計画をたて、物件の選定をしていってみましょう。

ポイント③副業禁止規定に注意

最近でこそ「副業推奨」が増えていますが、今一度自分の勤務先の副業禁止規定については調べておきましょう。

副業、法人設立、このあたりついての制限があると、投資戦略に変更が必要になります。

【不動産投資】いざ始める前に、様々な観点から情報収集をしてみよう

様々な不動産

大きな金額と長い投資期間がある、人生最大の買い物と言われる不動産。

不動産への投資をいざ始める前に、様々な観点から情報収集をしてみてはいかがでしょうか。

ここからは、当サイトの記事の中で、不動産投資を始める前に学んでおいて損はない、いくつかの手法について解説した記事を紹介します。

【不動産投資の勉強と実践に使える本】厳選おすすめ5冊

【不動産投資初心者のサラリーマンへ】法人設立し始めることのすすめ

【不動産投資】法人化を考える時の勉強に使えるオススメの本3選 

【ロバートキヨサキ×不動産】おすすめのレポート、メルマガの紹介

【投資・不動産】「投資の達人になる投資講座」知識を成功の鍵と力に

【不動産投資初心者・失敗経験者】中立の投資スクールで成功への鍵を

当サイトではここで紹介した以外にも、戸建投資一棟投資小口投資など、様々な不動産投資の方法も紹介しています。

知識と情報を身につけて、不動産投資のリスクを減らしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました