【マンション投資初心者】金融のプロが大手よりお得に徹底サポート

【マンション投資】初心者が必ず押さえておくべき3つのこと

初心者

初めて不動産投資に取り組む。

不動産投資となると、大きな金額の投資となり、かつ、投資回収期間は数十年にも及ぶ長いものとなります。

いざ取り組む際には、様々な情報の中から柔軟に知識を学び取り、様々な物件を見て経験を貯め、目利きが出来るようにしていくことが必要です。

そこで、この記事では、

【マンション投資】初心者が必ず知っておくべき3つのこととして、

【マンション投資】①売主会社が大半のメリットデメリット
【マンション投資】②初心者向き物件とはどういう物件タイプか

【マンション投資】③押さえておきたいサービス、担当者とは

をまとめました。

特に大事なのは、「③押さえておきたいサービス、担当者とは」です。

この観点から見て、自信を持っておすすめ出来るサービスと担当者を1件、紹介します。

初めて取り組む「不動産投資」。

向かう方向性を間違えず、投資のリスクを少しでも減らせるように、適切な情報収集から始めていきましょう。

【マンション投資】①売主会社が大半のメリットデメリット

メリットデメリット

投資用ワンルームマンションを販売する不動産会社の9割以上は売主

不動産投資の王道「マンション不動産投資」。

特に、東京を中心とした首都圏都市部は、売れている物件数も最多で、購入者もダントツに多く、当然多くの不動産会社が販売に関与しています。

その「中古マンション不動産投資」を取り扱う不動産会社は、「仲介手数料無し」の「売主」として販売しているケースが大半を占めています。

その投資用中古マンション専門の不動産会社は、中古マンションを物件供給元の不動産会社から仲介で「買取」し、一旦自社所有してから物件の内容を売り物として整え直し、一般の投資家に「転売」しています。

その際、一般的には、物件価格の20%近く利益を上乗せして販売し利益を得ています。

ほぼ9割以上の投資用中古マンション専門の不動産会社は、この「買取転売」の形態で物件販売をしています。

売主物件のデメリット

このことは、不動産投資家にとって「上乗せされた価格」の分、どうしても購入コスト的に不利な状況を生んでしまいます。

では、不動産投資家としては、購入コストの不利さを払拭するためには一体どうすればいいのか。

物件を供給している不動産会社を一つ一つ探し、一つ一つの物件を調べて、それぞれ自分で価格を調べて物件の状態を目利きをして交渉を行い、自ら金融機関を開拓し、その結果仲介手数料を支払って購入する。

そして、管理会社も自分で見つけて管理運営と空室時に募集を委託することが必要です。

手間暇、労力をかけ、知識をつけて、努力を積み重ねていく。

それがおそらく、金銭的に一番お得な行動になります。

ですが、初心者である一般の投資家が、買取専門の不動産会社と競争していい物件を手間暇かけて探し、労力を割いて吟味検討して購入しようとすること。

そのこと自体、本業で忙しいサラリーマン投資家、特に初心者にハードルが高いのは事実です。

売主で販売する会社から購入する場合のメリット

一方、売主として投資用マンションを販売している、大半の投資用中古マンション販売会社は、家電で言うところの、いわば「量販店」的な立ち位置とも言える存在。

物件供給元の不動産会社から、日常的に大量かつ安定的に物件を仕入れています。

その豊富な取り扱い実績を持つ投資用マンション販売会社を、不動産投資家が利用する場合は、

・豊富な物件情報を持っていて豊富な選択肢から物件選定が可能
・物件の見極めもしっかりしていて品質が高い状態で供給されている
・瑕疵担保責任を負い、プラス@の保証も付いていることも多い
・金融機関とのパイプも太いため融資が比較的にスムーズ
・管理運営までワンストップで任せる事ができる

といった点がメリットとなります。

そして空室が出た際の募集にも強い会社が多いのも安心材料です。

販売価格に上乗せされている不動産会社の利益には、これらの手間賃や保証料としてかかる正当なコストが含まれています。

自ら手間暇をかけて労力を割き、ある程度のリスクも抱えながらコストを抑えて運営していくのか、ある程度のコストを支払い手間暇少ない安心の不動産経営をしていくのか。

この両方の選択肢を比べた時、

不動産投資初心者のサラリーマンが初めてマンション投資に取り組む時、売主の不動産会社を活用するのは間違いではありません。

【新築ワンルームマンション】よほど有利な事情がある場合以外避けましょう

ここで、「新築のワンルームマンション」について触れておきます。

「新築のワンルームマンション」は、中古に比べて、いわゆる「新築プレミアム」と呼ばれる上乗せ金額がある分、購入後数年で大きく値下がりするのが一般的です。

だいたい3年も経つと、2割〜3割も価格が下落します。

買った年から赤字経営、その後も相当な長期間、それこそローンをある程度払いきってから売却するなどでないと、なかなか利益は出ないでしょう。

キャッシュリッチな状態、高収入で節税ニーズがとても高い、などでない限り、新築ワンルームマンションの購入は避けた方が賢明です。

このことについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

ご興味があれば、併せてご覧ください。

【新築区分マンション投資】初心者サラリーマン投資家にオススメしない理由

【マンション投資】②初心者向き物件とはどういうタイプか

物件を購入する場合に

不動産投資初心者には何よりも特に、失敗の少ない、リスクを減らせる物件選びが求められます。

例えば、投資用不動産としての「中古マンション」と言っても、様々なタイプの物件があります。

・築古で安いワンルームマンション
・築浅のワンルームマンション

・リノベーションしたワンルームマンション
・中古ファミリータイプマンション

ワンルームマンションひとつとっても、築古、築浅、リノベーション、それぞれのメリットデメリットがあります。

そして、ファミリータイプ物件にも、中には投資用に向いているものも存在しています。

これらの中から、じっくりと比較検討して選び、自分に合った最適な物件を見つけることが、不動産投資の成功には不可欠です。

もちろん、いろいろとわからないことがあって当然でしょう。

特に不動産投資初心者であればあるほど、様々な情報を集め、実際に話を聞き、じっくりと比較検討して、自分の投資方針を固めていくことが必要です。

【マンション投資】③押さえておきたいサービス、担当者とは

様々なポートフォリオ

マンション投資に取り組む際に押さえておきたいサービス、担当者とは?

不動産会社やサービスを見極める際にポイントとなるのは、次の4点です。

・低い空室率で運営している
・管理運営コストが適切
・長年の業界経験と豊富な実績

・なによりも、購入者の希望を優先し、粘り強く対応してくれるスタンス

例えば、投資用マンション不動産会社側の利益が高くなる物件を、無理に勧めて来るような姿勢の会社も存在します。

いかに良い物件を安く良い状態で仕入れられるかが、今後の不動産経営の成否を左右しますので、その会社の姿勢は特によくよく見極める必要があります。

見極め方としては、

・口コミやウェブサイトを調べてよく読み込み、その会社の特徴を掴む
・様々な会社のセミナーや個別面談に参加して、サービスや会社のスタンスを見比べ比較する

ことです。

この工程には、たくさん「手間暇を沢山かける」価値」があります。

初めに、信頼出来るサービス、会社、担当者と出会えれば、後々不動産投資を続けていくにあたり、大きな財産になっていくことでしょう。

自分の悩みや相談に、じっくりと付き合ってくれるサービスや会社、担当者を選んでいきましょう。

投資

さて、ここからは、

特に、不動産、保険、海外金融商品の3つの方面に詳しく、有利な商品情報を提供できる「金融と不動産のプロ」が非常に良い対応をしてくれるサービス、「Grow Assets」を紹介します。

不動産投資初心者が、様々な情報を集め、実際に話を聞き、じっくりと比較検討して、自分の投資方針を固めていくことを相談できるサービスです。

【Grow Assets】金融のプロが大手よりお得に徹底サポート

Grow Assets

【Grow Assets】のサービスの特長

「Grow Assets」のサービスの大きな特長は次の3つです。

特長1 仲介業者が入らないため、利益を還元できる
大手の不動産会社は、仕入れ業者と販売会社が別々なので、費用が2重で掛かってしまいます。
「Grow Assets」の紹介先の不動産会社は、仕入れと販売が同じ会社となるため、無駄な仲介手数料を省いての購入が可能です。

特長2 不動産会社の利益率を開示している
通常、不動産投資会社は自社で仕入れた不動産物件に自社の利益を上乗せして売却価格設定しています。
自社の利益を開示することで、不動産の本来の価格がわかるため、安心して購入することができます

特長3 細やかな収益シミュレーションを作成
不動産投資のリスクを最小化するために収益シミュレーションを行います。
家賃、価格、空室、維持費、ローン返済期間だけでは不十分です。
減価償却の土地、建物割合、躯体、設備の内訳などの細かい項目についても想定し、万が一のリスクに備えます。

【Grow Assets】「金融と不動産のプロ」の評判、クチコミ

プロ

「金融と不動産のプロ」である「Grow Assets」のサービスでは、具体的な不動産会社等を紹介する前に、以下のプロセスがあります。

金融全般の話とライフプラン設計&ご提案 
解決策と手法を選定し、プロフェッショナルを紹介

この、最初の面談をする「Grow Assets」の「金融と不動産のプロ」が、非常に優れた対応をしてくれるのが、最大の特長と言えます。

不動産、保険、海外金融商品の3つの方面に詳しく、有利な商品情報を提供できるので、不動産だけに偏らない、かつ、有利な条件での様々な投資の実現を目指すことが可能です。

この点が、「Grow Assets」の最大の強みであり、おすすめ出来るポイントと言えます。

ではここで、利用者の声をいつか紹介しましょう。

仲介する業者が減るだけで数百万円も利益が変わったのでびっくりしましたし、それだけ自分の利益になっているということなので、不動産投資をする人にはオススメします。
私は10社以上の会社と商談しましたが、ここより条件の良いところはありませんでした。
大手と比較してくださいと言ってくる理由がよくわかりました。

「Grow Assets」HPより:東京都33歳男性

大手と比較してこちらの会社の方が金利が良くなるのには驚きでした。
その仕組みも面談時にしっかり説明いただき理解した上で契約を進めたので安心して不動産投資を始められそうです。

「Grow Assets」HPより:千葉県26歳女性

複数社で比較させていただきましたが、御社では収益のシミュレーションが圧倒的に良かったです。
提案書は五倍くらい分厚く、私に合わせて提案してくれていることがよく分かりました。
ミーティングも一回で終わることなく数回に分け僕がしっかり理解できるよう、優しいご配慮をいただけましたので、不動産投資が初めての人にお薦めです。

「Grow Assets」HPより:東京都37歳男性

「Grow Assets」の面談は以下のリンクから申し込みが可能です。

「Grow Assets」の面談申し込みをする

【不動産投資】始める前に、様々な観点から情報収集をしてみよう

サポート

大きな金額と長い投資期間がある、「不動産投資」。

不動産への投資をいざ始める前に、様々な観点から情報収集をしてみてはいかがでしょうか。

ここからは、当サイトの記事の中で、「不動産投資を始める前に学んでおいて損はないこと」について解説した記事を紹介します。

きっと、不動産投資を始める手助けとなることでしょう。

【不動産投資の勉強と実践に使える本】厳選おすすめ5冊

【不動産投資初心者のサラリーマンへ】法人設立し始めることのすすめ

【不動産投資】法人化を考える時の勉強に使えるオススメの本3選 

【ロバートキヨサキ×不動産】おすすめのレポート、メルマガの紹介

【投資・不動産】「投資の達人になる投資講座」知識を成功の鍵と力に

【不動産投資初心者・失敗経験者】中立の投資スクールで成功への鍵を

タイトルとURLをコピーしました