不動産投資初心者におすすめ 一括問合せ「投資不動産比較検討ナビ」

不動産投資とは 初心者にとって「比較サイト」の利用価値とは

比較検討

不動産投資初心者が最初にすべきこととは何か

不動産投資に初めて取り組もうとする場合、何をどこからどう始めればいいのかからわからないと思います。

わからない、知識がないということは、

「自分は間違っているのではないか」

「不要なリスクを負ってしまったのではないか」

といった、恐れや不安を産み出します。

ではその恐れや不安をどう払拭すればいいのか。

「相手を知ること」→「比較材料を集めること」→「自分の目利き力=物差しを作ること」です。

自分の希望にあった物件と会社を探すには比較検討が大事

自分の置かれている状況は自分だけのオリジナルのものです。

他の誰かの事例がそのまま全て当てはまる訳ではありません。

資料や書籍、ネットからの情報だけではわからないことが沢山出てきます。

それを直接専門家である不動産会社にぶつけて疑問解消すること、得た情報を比較検討することが非常に大事になってきます。

不動産会社による違いを知る:取り扱い物件、会社のスタンス、融資

そして自分の状況もさることながら、不動産会社側にも様々な違いがあります。

取り扱い物件では、新築、中古、マンション、アパート、戸建、土地活用、様々。

会社のスタンスでは、ガンガン営業をかけてくる、寄り添って話を引き出してくれる、など。

そして、提携金融機関の多さやルートの強さの差は、不動産投資の選択肢を大きく左右します。

これらを、自分の状況に合わせて詳しく知り、比較検討するには、直接個別の不動産会社とコミュニケーションを取り、情報を得るのがおすすめの手段です。

不動産投資初心者の始め方 複数社との面談での生きた勉強がおすすめ

不動産面談

複数社から直接話しを聞くメリット①資料だけではわかない情報を得る

資料請求だけではわからない、直接話を聞くことでわかるメリットとは何か。

資料請求はあくまで不動産会社側の選んだ情報提供に限られます。

直接聞くことで、自分の知りたい情報を体系的に得ることが出来るようになります。

・取り扱い物件の詳細(件数、過去実績、今後の仕入れ見込み)
・これまでの取引してきた投資家達の投資実績
・融資出来る金融機関と過去実績
・営業マンの実績
・会社の沿革、人脈

これらを同じ目線、同じ精度で入手して比較することで、その会社の業界内での実力、他と比較したメリット、デメリットがありありと浮かぶようになり、自分自身も不動産投資のリアルや業界について、詳しくなることができます。

複数社から直接話しを聞くメリット②複数の個別の提案を聞き、比較検討することができる

複数社から直接話を聞くメリットは、個別の提案を沢山聞くことができ、比較検討することができること、です。

様々な提案を受けることで、共通する部分とそれぞれの会社ごとに異なる部分があぶり出されます。

件数をこなすうちに慣れてきて、情報を見極める力がついてきます。

新築、中古、新築戸建、中古戸建など、複数のジャンルで5社以上話を聞いて行くうちに、理解出来る部分が増えていくととも、逆に自分に足りないものが見えてきます。

また、一般的に、新築よりも中古の方が判断材料の個別性が高いため、沢山の会社と物件を見てみる必要があるでしょう。

複数社から直接話しを聞く場合の注意点:即決せず、情報だけを得るスタンスの徹底

直接話し聞いていくうちに、

・この物件はすぐに決まってしまうので、今決断しましょう

といった、結論を迫るような話しにも遭遇するかもしれませんが、そこで慌てて即決せず、当面は情報だけを得るスタンスを徹底しましょう。

一通り自分の知識に自信が持てるようになっきて、不動産投資に詳しくなったと実感できてくるまで、即決は我慢しましょう。

本当にいい物件はそうそう出てきませんので、勧められたのが本当にそのいい物件であった、ということもありえますが、いくらいい話でも、自分の準備ができていない時に手を出すのはオススメしません。

自分の投資方針がある程度しっかりと固まるまで、情報を得るだけのスタンスを徹底しましょう。

不動産投資初心者:不動産投資会社の探し方

不動産投資初心者が不動産投資会社を探すには、何から始めたら良いでしょうか。

ひとまず情報を得るために、一括問い合わせサービスを利用してみるところから始めてみるのはおすすめです。

一回のアクションで複数社とコンタクトがとれますし、同じ目線で同じタイミングで情報収集を開始できるのも魅力です。

以下そういった一括問い合わせができるサービスを紹介します。

一括問合せ「投資不動産比較検討ナビ」面談で商品券7000円プレゼント

投資不動産比較検討ナビ

一括問合せ「投資不動産比較検討ナビ」の特徴

専門のスタッフのサポートで不動産投資の知識がない方でも始めやすい、複数の投資プランを一斉に比較検討できる、資料ではわからない情報や提案、納得行くまで相談は何回でも無料、面談で商品券7000円プレゼント

・専門のスタッフのサポートで不動産投資の知識がない方でも始めやすい
・複数の投資プランを一斉に比較検討できる
・資料ではわからない情報や提案
・納得行くまで相談は何回でも無料
・面談で商品券7000円プレゼント

一括問合せ「投資不動産比較検討ナビ」の特徴、詳細は、下記のウェブサイトから確認することができます。

一括問合せ「投資不動産比較検討ナビ」のウェブサイトをみる

【不動産投資初心者】サラリーマンが資産運用に取り組む際の3つのポイント

計算する女性

サラリーマン属性を活かそう

あらためてここから、働く女性が「資産運用」、特に「不動産投資」に取り組んで行く際のポイントを紹介していきます。

サラリーマンの属性は一般的に企業経営者よりも有利で、例えば上場企業の年収700万円のサラリーマンの方が、年収1500万円の中小企業オーナーより多く借り入れができる、と言われています。

そして、「モゲチェック不動産投資調べ」によると、好条件で借り入れができる融資額は年収のおよそ8倍までとされています。

モゲチェック不動産投資のサービスの一つである「バウチャー(不動産投資ローンを好条件で借り入れできる融資額を判定するサービス)」を利用しているユーザーを分析したところ、平均年収1,166万円に対して平均融資額は8,243万円となり、年収の約8倍となりました。8倍を超える金額を借り入れる場合には、返済リスクが高まると金融機関に判断され金利が高くなるなど、貸出条件が悪化する可能性が高いと言えます。

購入余力

サラリーマンが不動産投資に取り組む際の3つのポイント

サラリーマンが不動産投資に取り組む際の3つのポイント。

それは、次の3点です。

①キャッシュフローに注意
②借入枠と投資物件金額とのバランス
③副業禁止規定に注意

【不動産投資に取り組む際のポイント①】キャッシュフローに注意

キャッシュフロー(毎月の家賃収入から経費を差し引いた手残りの額)に余裕を持たせておくことが、中長期にわたる不動産投資においては非常に重要です。

空室などで家賃収入が減ってしまった時、ローン返済額は変わりませんし、急なトラブルや修繕などで出費が増えることもあります。

不動産投資の収入減や支出増をもたらすリスクは様々。

リスク許容度を高めにしておくことは重要です。

【不動産投資に取り組む際のポイント②】 借入枠と投資物件金額のバランスを考える

「モゲチェック不動産投資調べ」によると「モゲチェック不動産投資(借り換えサービス、バウチャーサービス)」を利用するユーザーの平均年収は1,064万円、最多年収層は700万円台でした。不動産投資を行う際には銀行借り入れを行うのが一般的であり、その審査基準に合致する高所得者が中心ユーザーになっているものと推測されます。また平均年齢は43歳となりましたが、20代のユーザーも少なからず存在し、全体の4%を占めています。

年収分布と年齢分布

さしあたって不動産投資を計画する際は、年収の8倍までの範囲で買える投資物件で、先々の不動産投資計画をたて、物件の選定をしていってみましょう。

【不動産投資に取り組む際のポイント③】副業禁止規定に注意

最近でこそ「副業推奨」が増えていますが、今一度自分の勤務先の副業禁止規定については調べておきましょう。

副業、法人設立、このあたりついての制限があると、投資戦略に変更が必要になります。

【超実践編】不動産投資初心者が危険な目に陥らないために

様々な不動産

サラリーマンの副業が推奨されている昨今。

今後その副業推奨の流れが止まることはなく、むしろ加速する一方でしょう。

勤めている会社や組織に依存しすぎず、自分の足で立つ基盤作りが、誰にとっても望まれている世の中。

そんな中で有力な副業の選択肢の一つが「不動産投資」です。

不動産投資に取り組むことで危険な目に陥らないために。

様々な情報を収集し、よく学ぶよう、自ら動き行動していくことが重要です。

様々な不動産会社と営業マンと会い、様々な投資手法や物件情報を収集し、比較検討を進め、最適な物件と会社を選ぶように行動していってみてください。

ここからは【超実践編】として、様々な不動産投資手法や手段を紹介していきます。

法人設立を考えたら

不動産投資を本気で行なっていくのであれば、遅かれ早かれ、いずれ考えていくことになるのが法人設立です。

法人設立については、こちら記事にまとめています。

【不動産投資・サラリーマン・副業】法人を設立し不動産投資を始めてみよう

【不動産投資・サラリーマン・副業】5棟10室基準:初めから法人での不動産投資を勧める理由

法人設立のためには、まずは法人のつくり方の調査や手続き方法を知ることが必要です。

法人作りは時間と手間とお金がかかります。

自分で全てをやるのはとっても大変ですが、非常に勉強になるので、一度やってみるのもおすすめです。

ですが、やはり不安だし法人設立の方法はプロに相談したい

それでしたら、こちらの法人設立相談サービス「シェアーズ」が力になると思います。

一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

登記、開業届、社保、新規開業時の手続きならシェアーズ

また、税理士をお探しなら【税理士紹介ネットワーク(Tax-concierge)】がおすすめです。

税理士紹介ネットワークなら、経験豊富な税理士を紹介します!

不動産投資の情報収集を始めてみましょう

それではさっそく、不動産投資の情報収集を始めてみましょう

法人設立と並行してとなると大変ですが、個人で始めることになるにせよ、いずれにしても不動産投資については情報取集のアクションを開始しておきましょう。

どんなタイプの投資用物件を買うと、どういう税金や経費がかかり、収益がどのように残るのか。

いろんな投資用物件タイプについて具体的に理解できるようになると、それぞれの投資用物件の特質を比較検討できるようになり、不動産投資についてより詳しく理解できるようになります。

「不動産投資用物件タイプ」や「投資用不動産会社」についての具体的な詳細は、この以下の記事から見ていくことができます。

マンション不動産投資

不動産投資の代表はワンルームマンション投資です。

ワンルームマンション投資には、中古マンション投資新築マンション投資があります。

中古、新築、それぞれにメリット・デメリットがありますので、以下の記事で詳細をチェックしてみてください。

【中古区分マンション不動産投資】小資金で取り組める不動産投資の注意点

【新築区分マンション投資】初心者サラリーマン投資家にオススメしない理由

築古戸建投資

築古戸建投資を行う場合は、SUUMOやアットホームといった一般的な検索サイト、楽待や健美家といった不動産投資ポータルサイト、そして地域の不動産会社などとコンタクトをとり、丹念に物件を探す行動が必要です。

そうして掘り出し物を見つけることに努力を注ぎ、個別性の高い、様々なリスクの隠れている物件情報を見極める「目利き力」を磨き上げていきましょう。

築古戸建不動産投資に取り組むなら、こちらの

【築古戸建不動産投資】サラリーマンが失敗を避けるための3つのポイント

を参考にしてみてください。

新築戸建投資

次いで新築戸建です。

新築戸建投資物件を専門で取り扱っている会社はそんなに多くはありません。

安く建築できるハウスメーカーを探し、問い合わせしてみる必要があるでしょう。

専門で投資用新築戸建を取り扱う会社には飯田グループホールディングス一建設(はじめけんせつ)があります。

新築戸建投資を検討しているなら、問い合わせをしてみる価値があります。

アパート投資、土地活用

アパート投資を取り扱う会社はたくさんあります。

まずは気になる会社の資料請求から情報収集を始めてみると良いでしょう。

一括不動産投資無料相談【Oh!Ya(オーヤ)】では、最大で12社の資料を一括で請求することができます。

詳細はこちらの記事から確認が可能です。

また、土地を持っている、土地の購入からアパート建設を考えたいのであれば、土地活用サービスを取り扱う会社への一括資料請求から始めてみるのがおすすめです。

また、こちらの記事では、サラリーマン投資家がアパート投資に取り組む際の注意点を紹介しています。

資金少なめ・利回り重視の不動産投資【中古アパート不動産投資】の注意点

【新築アパート投資】サラリーマン投資家が失敗を避けるために注意すべきこと

マンション、アパート、戸建以外の不動産投資

不動産投資にはワンルームマンション、アパート、戸建投資以外にも、金額は大きくなりますが、中古マンション一棟投資や、アメリカ不動産投資などがあります。

また逆に小さな金額では小口不動産投資があります。

その詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました