基礎知識と物件選定|初めての「リノベーション講座」ログリノベの特長

【より快適な住まいを手に入れるために】中古物件リノベーションのメリット

広がりを見せる「中古のリノベーション」とは?

リノベーションとは何か。

それは、住まいに新たな価値をプラスする目的で、間取りの変更、キッチンや浴室といった水廻り設備の機能向上など、自由なデザインを施す事を総称して指します。

新築より安く、通常の中古より綺麗で最新設備をもった住宅として人気がある、リノベーション物件

中古物件のリノベーションは、より快適な住まいを手に入れるための、有力な選択肢の一つとなってきています。

特に都心では、2018年を境に中古マンションの成約数が新築マンションを上回りました。

今後、中古住宅が市場に増えていく中で、ますますリノベーションの需要が増えていくことが予想されています。

リノベーションマンション購入の経験から|リノベーション物件の2大メリットとは?

私自身、以前、リノベーションされたマンションを購入し住んだことがありました

築15年程度でしたが、設備仕様は最新のマンションと同様。

特に、浴室やキッチンをはじめとした水回りの最新設備や、フローリングやクロスといった内装の綺麗さは、日常使用して目にする部分でしたので、満足度が非常に高かったこと。

また、当時リノベーション物件を選んだ理由のひとつに、今後しばらくは新築が出てこないような場所であったこと。

つまり「立地の良さ」がありました。

そして、もう少し駅から離れた場所の新築より、2〜3割は安く購入することが出来ました。

立地の良い場所にある豊富な中古物件から、新築よりも安く物件を選択できること。

これは、中古物件のリノベーションの大きなアドバンテージとなります。

・新築のマンションや戸建てと比べて費用面のメリットが大きい
・立地の良い物件も選びやすい

リノベーション物件のメリットをまとめると、この2点が最大のポイントであると言えるでしょう。

中古×リノベーション/好立地&設備で資産価値の維持を見込みやすい

都心

ところで、「不動産の資産価値」とは、いったい何によって左右されるのでしょうか。

代表的なものとしては、次の3点が挙げられます。

①「立地」と「利便性」が良い
 駅からの距離や通勤通学の便利さなど
②「人気の高いエリア」

 都心や人気の沿線の駅などが代表
③「物件のスペックが高い」

 新築や築浅の物件、そして「リノベーション」で設備や間取りを最新化した物件

①「立地」と「利便性」が良い

②「人気の高いエリア」

③「物件のスペックが高い」

この3つを兼ね備えている中古物件を見つけるのは、なかなか難しいことですが、

「中古×リノベーション」

物件でしたら、比較的該当する物件が多くなります。

不動産物件の資産価値/立地とスペックに左右される

そもそも、中古物件の価値向上策として、リノベーションは有効です。

相場より高い価格で売買できたり、投資用物件としてであれば、空室になっても募集しやすく、家賃の下落を抑える効果も期待できます。

その中でも特に、

「好立地×中古物件のリノベーション」

という手法は、「立地」という大きな武器を持つことからも、物件の価値向上をより見込みやすくなっています。

ではここからは、初めて中古物件のリノベーションに取り組む際、基礎知識を学ぶのにうってつけの講座として、

初めてのリノベーション|基礎知識と物件の選び方「リノベーション講座」

を紹介します。

基礎知識と物件選定|初めての「リノベーション講座」ログリノベの特長

「築浅」or「築古+リノベ」?中古物件購入+リノベーション?最適な家の買い方とは?

「賃貸より買った方がいいの?」
「築浅と築古はどっちがいいの?」

「中古の耐震性って大丈夫なの?」

これらは、住宅購入を考え始めたほとんどの方が疑問に感じる点だと思います。

  • 新築 or 中古?
  • 賃貸 or 購入?
  • マンション or 戸建て?
  • こだわるならリノベーション?

複数の選択肢の中で、

「将来のことも考えて自分にとって最適な家の買い方を知りたい」

という方におすすめなのが、こちらの、

初めてのリノベーション|基礎知識と物件の選び方「リノベーション講座」

人気の高い、リノベーション初心者の方向けの講座です。

その詳細は、以下のリンクから確認することが出来ます。

初めてのリノベーション|基礎知識と物件の選び方「リノベーション講座」の詳細を確認する

基礎知識と物件選定|初めての「リノベーション講座」ログリノベの特長

初めてのリノベーション|基礎知識と物件の選び方「リノベーション講座」

まだ検討しはじめたばかり、という方にも、中古住宅購入とリノベーションの基礎知識を簡単に、かつ分かりやすく基礎から解説します。

【講座内容】
・リノベーションの基礎知識
・リフォームとリノベーションの違い
・中古マンションの耐震性
・住宅購入における資産価値とコストの考え方
・ペットが喜ぶ家の造り方
・ログリノベのサービス特徴と他社との違い
・ログリノベを利用した方の施工事例の紹介

講座には、以下のリンクから参加申し込みが可能です。

初めてのリノベーション|基礎知識と物件の選び方「リノベーション講座」に申し込む

何から始めればいいのか分からないという方にオススメ

物件探しからお引越しまでの流れや、LogRenoveした時の工期、概算金額まで。
皆さんが疑問に思うことをポイント別に解説します。

【こんな方にオススメ】
☑︎ 住宅購入をご検討中の方
☑︎ リノベーションを基礎から知りたい方
☑︎ ネットで調べた情報の再確認がしたい方
☑︎ 物件購入のチェックポイントを知りたい方
☑︎ ログリノベのサービス、概算価格が知りたい方

ログリノベの「リノベーション講座」に参加者の多くは、初めてセミナーを受講される方です。

安心して参加してみてください。

講座には、以下のリンクから参加申し込みが可能です。

初めてのリノベーション|基礎知識と物件の選び方「リノベーション講座」に申し込む

「ログリノベ」のリノベーションサービスの強み



ログリノベ」のリノベーションサービスの強みは次の通りです。

❶自社天然無垢材活用で他社の無垢材リノベと比べて低コストと高い品質を実現
❷当初の段階から「精度の高い納期と見積り、完成予想図(パース)」をご提供
❸質の高い自社建材/施工技術
❹充実のアフターサービス/どこか不具合があっても迅速に対応
❺対象となる中古物件の平米数が分かれば概算見積もりがでるサービス

希望の中古物件で、無垢材リノベーションの完成イメージと総額を、すぐに提示。

スケルトンリノベーションでの間取りの変更や、希望の建材も含めて、様々な要望に対応しています。

もちろん、物件がまだ決まっていない場合も、要望に応じた物件探しからサポートしています。

まずは講座に参加して、情報収集から始めてみましょう。

講座には、以下のリンクから参加申し込みが可能です。

初めてのリノベーション|基礎知識と物件の選び方「リノベーション講座」に申し込む

「ログリノベ」のリノベーション事例紹介

「ログリノベ」のリノベーション事例の紹介します。

以下のVR事例からは、リノベーションの完成マンションを、より具体的にイメージすることが出来るでしょう。

▽施主インタビュー動画
https://player.riclink.biz/watch?id=b479f42971f6bebc16e5&guide=1&share=0

▽リノベーション工事動画   
https://youtu.be/MSpLgC2hHrM

▽リノベーションVR事例
※ログリノベ仕様での完成マンションを3D上で確認可能です。
❶ウォルナット仕様       
https://my.matterport.com/show/?m=bbZ2RHAHE3b
❷オーク仕様   
https://my.matterport.com/show/?m=TGYCGQtC5Pb
❸青山ラグゼス 
https://my.matterport.com/show/?m=fDPPD6diZxf
❹西新宿ハイホーム       
https://my.matterport.com/show/?m=HzBrRzwobs1
❺アトラス荻窪三丁目       
https://my.matterport.com/show/?m=LYedYgbUFTq

興味が湧いたら、まずは講座に参加して、具体的な情報収集から始めてみましょう。

講座には、以下のリンクから参加申し込みが可能です。

初めてのリノベーション|基礎知識と物件の選び方「リノベーション講座」に申し込む

拡がりを見せている中古×リノベーション市場/情報収集をしてみよう

中古×リノベーションは、住居の選択肢として注目を集めており、拡がりを見せてきています。

不動産の流通金額は、新築より中古市場の方が大きく、国家プロジェクトとしても、「中古住宅流通市場・リフォーム市場を20兆円まで倍増させる」とされており、まだまだ伸びゆく領域です。

中古×リノベーションのメリットは以下の通りです。

◎ライフスタイルに合わせて自由に設計できる
◎新築より費用を抑える事ができる
◎物件数が多く条件にマッチした物件が見つかりやすい
◎新築に比べて資産価値の目減りが少ない
◎エコライフ志向で環境に優しい

「リノベーション」についての情報は、以下の記事でも紹介しています。

もっと情報収集したい場合には、併せて参照してみてください。

【中古×リノベーション】メリットデメリット/資産価値向上の可能性

【快適なマイホーム作りのために】家を買ってリノベーションのすすめ

【賃貸オーナー向け】1R35万円リノベーション MEコーポレーションの特徴

コメント

タイトルとURLをコピーしました