【中古×リノベーション】メリットデメリット/資産価値向上の可能性

【中古物件を買ってリノベーション】メリット・デメリット

リノベーション

一般的に、リノベーション対象になることが多いのは中古物件です。

中古物件を買ってリノベーションする場合のメリット・デメリットには、いったいどんなものがあるのでしょうか?

まずは、築年数の古さによって注意する観点、メリット・デメリットが異なります。

それではさっそく、

築浅の中古物件(築5~10年程度)

築古の中古物件(築20年以上)

それぞれについて、見てみましょう。

「築浅中古物件(築5~10年程度)のリノベーション」メリット・デメリット

築浅中古物件(築5〜10年程度)のリノベーションの、メリット・デメリットは次の通りです。

メリット
① 工事費用が安い
 工事範囲が部分的・表面的で大規模にならないケースが多い
② 工事期間が短い
 工事範囲が部分的なので、工事が短期間で済みます。
③ 完成後の住まいをイメージしやすい
 新築時の状態に戻すリフォームレベルで済むことも多く、大幅な間取り変更が少ない

デメリット
① 表面的な変更の場合、大きな変化がない
 表層的な内装の修繕や設備機器め変更の場合は、あまり大きな変化を感じにくい
② 住宅の強度・劣化などの本質的な状態確認や改善はできない
 一部分のみの改修になる場合、本質的な住宅の改善は行われない

まとめると、

・表面的、部分的な変化にとどまることが多いのが、メリットにもデメリットにもなる

と言えるでしょう。

「築古物件(築20年以上)のリノベーション」メリット・デメリット

築古物件(築20年以上)をリノベーションする場合のメリット・デメリットには、どんなものが挙げられるのでしょうか。

メリット
① 自由な設計に取り組みやすい
 内装デザインや設備交換、水回りの場所や間取りの変更など

 自由な設計に取り組みやすい
② 大きなリノベーションで資産性が高くなる
 大きなリノベーションは築年数の経過とともに、

 下がる家の資産価値を高めることに繋がる
③ 物件の選択肢が増える
 希望するエリアで、希望通りの物件を探すのが難しい場合、

 リノベーションで作り変えることで、自分の望む物件と仕立てる事が可能になる

デメリット
① 高い工事費用
 フルリノベーションの場合、柱・梁だけの状態(スケルトン)にしてから、

 間取りや内装をつくり替えるため、工事費用は高くなる
② 長い工事期間
 大規模なリノベーションになるため工事期間は長くなる
③ 想定外の事態が起こりプラン変更も
 解体していく中で購入時には気づかなかった問題点が発覚することがある
 柱や配管の劣化、水回りの配置変更が解体後難しくなる、間取り変更ができないなど、
 プラン変更への備えも必要
⑤ 住宅ローン減税が受けられない場合も
 住宅ローン減税の条件にはマンションは築25年以内、木造戸建は築20年以内という

 条件がある

まとめると、

古い物件は、間取りなどが今の生活にマッチしていないことが多いため、

・勢い大きなリノベーションになる事が多い

・自由に作れる良さと、高いコストや出来ない事もある

などが、課題となることがあります。

特に重要なのが、コスト面です。

リノベーションは、新築のマンションや戸建てと比べて費用面のメリットが大きい反面、高額であることは変わりません。

物件購入価格+リノベーション費用が必要になるため、リノベーションに適した物件選定と資金計画をしっかり立てる事が重要です。

都心×リノベーションの可能性/資産価値向上を見込みやすい

都心

ところで、「不動産の資産価値」とは、いったい何によって左右されるのでしょうか。

代表的なものとしては、次の3点が挙げられます。

①「立地」と「利便性」が良い
 駅からの距離や通勤通学の便利さなど
②「人気の高いエリア」

 都心や人気の沿線の駅などが代表
③「物件のスペックが高い」

 新築や築浅の物件、そして「リノベーション」で設備や間取りを最新化した物件

①「立地」と「利便性」が良い

②「人気の高いエリア」

③「物件のスペックが高い」

この3つを兼ね備えている中古物件を見つけるのは、なかなか難しいことですが、

「都心×リノベーション」

物件でしたら、比較的該当する物件が多くなります。

不動産物件の資産価値/立地とスペックに左右される

そもそも、中古物件の価値向上策として、リノベーションは有効です。

相場より高い価格で売買できたり、投資用物件としてであれば、空室になっても募集しやすく、家賃の下落を抑える効果も期待できます。

その中でも特に、

「都心×中古物件のリノベーション」

という手法は、「立地」という大きな武器を持つことからも、物件の価値向上をより見込みやすくなっています。

ではここからは、中古物件のリノベーションに特化したサービスとして、

・東京都心の中古・リノベーションマンション購入サイト「ミタイナ

・リノベーションや物件選びにAIアバターが対応「ログリノベ

の2つのサービスを紹介します。

都心の中古・リノベーションマンション購入サイト「ミタイナ」の特長

東京都心の中古・リノベーションマンション購入サイト「ミタイナ」。

東京都心の高級中古マンションをリノベーションした部屋を、多数紹介しています。

元々、資産価値の高い都心の中古マンション。

リノベーションにより、新築に負けない内装のクオリティーのため、新築よりも割安に、物件をコスパ良く購入することが可能です。

・港区・渋谷区・品川区等の都心部の高級マンションに特化
・自社女性記者が1件1件、丁寧に取材
・女性ならではの視点で、物件の細やかな魅力を抽出
・豊富な写真とCADから作成した高品質なCG、360VRで物件の紹介

東京都心の中古・リノベーションマンション購入サイト「ミタイナ」の詳細は、下記のリンクから確認することが可能です。

東京都心の中古・リノベーションマンション購入サイト「ミタイナ」の詳細を確認する

リノベーションや物件選びにAIアバターが対応「ログリノベ」の特長

リノベーションや物件選びにAIアバターが対応「ログリノベ」の特長

リノベーションや物件選びにAIアバターが対応「ログリノベ」。

「スマートリノベカウンター」というサービスを提供しています。

その特長は次の通りです。

「スマートリノベカウンター」の特長
 ❶アバターもオンライン対面も選べる 
  ・相談者も対応担当者もアバター化して面談も可能
  ・顔出しせずに面談、気軽に相談できる、特別な体験が可能
 ❷相談内容に合わせた対応
  ・アバターの中身は、コーディネーターが務めており、相談内容に合わせた最適なネクストアクションの案内が可能
  ・「リノベーションやリフォームの違いについて教えてほしい」
   といった基礎情報から
   「物件ローンの借り入れについて相談したい」
   といった具体的な相談まで対応
  ・ニーズを把握した上でインテリアコーディネーターの紹介や座談会などを案内

運営元の会社は、不動産総合会社プロポライフグループを親会社とする不動産テック企業です。

リノベーションや物件選びにAIアバターが対応「ログリノベ」の特長は、下記のリンクから確認できます。

リノベーションや物件選びにAIアバターが対応「ログリノベ」の詳細を確認する

「ログリノベ」のリノベーションサービスの強み

ログリノベ」のリノベーションサービスの強みは次の通りです。

❶自社天然無垢材活用で他社の無垢材リノベと比べて低コストと高い品質を実現
❷当初の段階から「精度の高い納期と見積り、完成予想図(パース)」をご提供
❸質の高い自社建材/施工技術
❹充実のアフターサービス/どこか不具合があっても迅速に対応
❺対象となる中古物件の平米数が分かれば概算見積もりがでるサービス

希望の中古物件で、無垢材リノベーションの完成イメージと総額を、すぐに提示。

スケルトンリノベーションでの間取りの変更や、希望の建材も含めて、様々な要望に対応しています。

もちろん、物件がまだ決まっていない場合も、要望に応じた物件探しからサポートしています。

リノベーションや物件選びにAIアバターが対応「ログリノベ」の詳細を確認する

拡がりを見せている中古×リノベーション市場/情報収集をしてみよう

リノベーション

中古×リノベーションは、住居の選択肢として注目を集めており、拡がりを見せてきています。

不動産の流通金額は、新築より中古市場の方が大きく、国家プロジェクトとしても、「中古住宅流通市場・リフォーム市場を20兆円まで倍増させる」とされており、まだまだ伸びゆく領域です。

中古×リノベーションのメリットは以下の通りです。

◎ライフスタイルに合わせて自由に設計できる
◎新築より費用を抑える事ができる
◎物件数が多く条件にマッチした物件が見つかりやすい
◎新築に比べて資産価値の目減りが少ない
◎エコライフ志向で環境に優しい

「リノベーション」についての情報は、以下の記事でも紹介しています。

【快適なマイホーム作りのために】家を買ってリノベーションのすすめ

【賃貸オーナー向け】1R35万円リノベーション MEコーポレーションの特徴

タイトルとURLをコピーしました