【東京中古マンション投資】抑えておきたい不動産会社【日本財託】

【中古ワンルームマンション投資】売主が大半の構造を理解し取り組む

マンション

投資用ワンルームマンションを販売する不動産会社の9割以上は売主

不動産投資の王道「中古ワンルームマンション投資」。

特に東京を中心とした首都圏都市部は、売れている物件数も最多で、購入者もダントツに多く、当然多くの不動産会社が販売に関与しています。

その「中古ワンルームマンション投資」では、「仲介手数料無し」の「売主」として販売している会社が大半です。

中古ワンルーム マンションを物件供給元の不動産会社から、仲介で「買取」。

一旦自社所有して一般の投資家に「転売」しています。

その際、一般的には物件価格の20%近く利益を上乗せして販売しています。

ほぼ9割以上の中古ワンルームマンション販売会社は、この「買取転売」形態で物件販売をしています。

売主物件のデメリット

このことは、不動産投資家にとって「上乗せされた価格」の分、どうしても購入コスト的に不利な状況になります。

ですので、不動産投資家としては、物件を供給している不動産会社を一つ一つ探し、一つ一つの物件を調べて、それぞれ自分で価格を調べて物件の状態を目利きをして交渉を行い、自ら金融機関を開拓し、その結果仲介手数料を支払って購入。

そして、管理会社も自分で見つけて管理運営と空室時には募集を委託するのが、金額的には一番お得な行動になります。

売主で販売する会社から購入する場合のメリット

メリットデメリット

ですが、その手間、何よりも販売会社と競争していい物件を手間暇かけて探し、労力を割いて吟味検討して購入する。

そのこと自体が、本業で忙しいサラリーマン投資家、特に初心者にはハードルが高いのも事実です。

中古ワンルームマンション販売会社は、家電で言うところの、いわば「量販店」的な立ち位置。

安定的に大量に物件を仕入れています。

そのため、不動産投資家が利用する場合、一般的には、

・豊富な物件情報を持っていて選択肢が豊富
・物件の見極めもしっかりしていて商品価値は高い状態で供給
・瑕疵担保責任を負い、プラス@の保証も付いていることも多い
・金融機関とのパイプも太い
・管理運営までワンストップで任せる事ができる

のがメリットです。

そして空室募集にも強い会社が多いのも安心材料です。

販売価格に上乗せされている利益には、手間賃や保証料としてかかる正当なコストが含まれています。

自ら手間暇をかけて、コストを抑えて運営していくのか、コストを支払い手間暇少ない不動産経営をしていくのか。

不動産投資初心者のサラリーマンが、初めて中古ワンルームマンション投資に取り組む場合、売主の不動産会社を活用するのは間違いではありません。

「どの程度までの経営規模を目指すのか」「何を優先するのか」の選択

東京

あくまで副業として、5棟10室までの経営規模で留めるつもりなのであれば、不動産販売会社に手間暇かかる部分を任せて、本業やプライベートに浮いた時間を使う、節税を計るのは、充分頷ける選択です。

5棟10室についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【不動産投資・サラリーマン・副業】5棟10室基準:初めから法人での不動産投資を勧める理由

それだけニーズもあるからこそ、これだけ多数の売主の中古ワンルームマンション販売会社が存在しているとも言えます。

【新築ワンルームマンション】よほど有利な事情がある場合以外避けましょう

ちなみに、新築のワンルームマンションでは、利益が更に上乗せされている事と、いわゆる新築プレミアム分、購入後3年経つうちには、価格が2〜3割も下落します。

買った年から赤字経営、相当な長期間、それこそローンをある程度払いきってから売却するなどでないと、利益は出ないでしょう。

キャッシュリッチである、高収入で節税ニーズがとても高いなどでない限り、新築ワンルームマンションの購入は避けた方が賢明です。

詳しくはこちらの記事でも解説しましたので、参照してみてください。

【新築区分マンション投資】初心者サラリーマン投資家にオススメしない理由

東京の不動産投資で抑えておきたい会社とはどういう会社か

東京夜景

では、売主の中古ワンルームマンション販売会社の中で、特に東京の不動産投資に取り組む際に抑えておきたい会社とは、どういう会社でしょうか。

・低い空室率

・管理運営コストが適切

・長年の業界経験と豊富な実績


・なによりも、購入者の希望を優先し、粘り強く対応してくれるスタンス

このスタンスが特に大事になってきます。

販売会社側の利益が高くなる物件を無理に勧めて来るような姿勢の会社も無くはないのです。

いかに安く仕入れるかが、不動産経営の成否を左右しますので、特に見極める必要があります。

見極め方としては、まずは口コミやウェブサイトを調べてよく読み込み、その会社の特徴を掴むこと。

そして、様々な会社のセミナーや個別面談に参加する事を通じて、会社のスタンスを見比べて、目利きすること。

この工程には「手間暇を沢山かける」べきです。

ここで信頼出来る会社、信頼出来る担当者と出会えれば、後々不動産投資を続けていくにあたり、大きな財産になっていくことでしょう。

東京の不動産投資で抑えておきたい会社【日本財託】その3つの理由

日本財託

東京の中古ワンルームマンション投資で、

・低い空室率

・管理運営コストが適切

・長年の業界経験と豊富な実績

・そして、購入者の希望を優先し、粘り強く対応してくれるスタンス

そんな不動産投資会社の代表格として「日本財託」を紹介します。

個人的に「日本財託」をオススメしたい理由を3点、紹介します。

①ポイントサイトで担当した経験から

以前ポイントサイトの仕事で「日本財託」を担当した事があります。

その際に他社とは異なる考え方で付与ポイント数を抑えていたのが印象的でした。

「不動産投資に本気で取り組み探している人はポイント目当てで動かない」

「『日本財託』の実績と評判、セミナーや個別面談で判断しようとしてくれるから」

という考えで、その姿勢はぶれず、実際にセミナーや個別面談に参加する人数は沢山集めることができていました。

②売り込まない、急かさない営業スタンス

会社の姿勢も「投資家に売り込んだり、急かしたりしない」と、落ち着いたスタンスで対応していました。

投資家に寄り添って対応する姿勢は徹底していました。

③知り合いの不動産投資家による大量購入と満足している姿

また、知り合いの不動産投資家が、「日本財託」で大量に物件購入を進めていました。

既に3桁を超える投資用区分マンションを所有していますが、その多くは「日本財託」からの購入です。 

その投資家は、成功した投資家として、高く安定した収益を上げ続けています。

これら、個人的な知見からも、東京の中古ワンルームマンション投資において「日本財託」はおすすめ出来る会社だと考えています。

『日本財託』のウェブサイトを見る

不動産投資の老舗 他を圧倒する歴史と実績【日本財託】の特徴

日本財託

「日本財託」の特徴を紹介します。

23区の中古ワンルームマンション投資を手がける不動産投資会社です。

入居率99.85%、マンションオーナー数は8,205名、マンション管理戸数22,647戸(2020年2月末時点)、1990年創業から培ってきているこの実績は、不動産投資業界でも屈指の豊富さです。

中古マンション購入時の仲介手数料は0円。

購入後は管理は月額3,000円(税別)で様々な管理業務を全て任せることができます。

また、日本財託では「不動産投資をお考えのお客様とのお約束」として、購入者の要望を納得いくまで聞く真摯な対応、ムリのないプランの提案、強引な営業、しつこい電話セールスは一切なし

家族の反対があったり、収支がマイナスになる時はご購入をお断りすることも。

このようにコンプライアンス遵守、リスクや費用までしっかり説明することを信条としています。

空室保証・滞納保証に関する取り決め、さらに購入後にかかる費用まで、マンション投資のリスクや注意点についてもしっかりと説明しています。

「日本財託」が定期的に開催している無料セミナーでは、不動産投資の成功と失敗のポイントがまとまった小冊子を参加者全員に無料でプレゼントしています。

中古マンション投資を検討しているのであれば、一度参加されてみてはいかがでしょうか。

『日本財託』無料オンラインセミナーに参加する

不動産投資の老舗 他を圧倒する歴史と実績【日本財託】のおすすめポイント

ポイント

中古ワンルームマンション専門、東京23区中心、入居率99%超、仲介手数料0円、長年にわたる豊富な経験と実績

・入居率99%以上の実績
・東京23区中心に中古ワンルームマンションを取り扱う
・1990年創業の賃貸管理のプロフェッショナル
・マンション管理戸数22,000戸超
・仲介手数料0円
・無料セミナーを定期的に開催
・セミナー参加者には「不動産投資で成功する人、失敗する人」を無料プレゼント

『日本財託』のウェブサイトを見る

不動産投資の老舗 他を圧倒する歴史と実績【日本財託】の口コミ

東京

日本財託のマンション投資はとても堅実で、確かに将来のために非常によい投資方法だと感じました。めんどくさがり屋の私でも実践できそうな点にも魅力を感じました。
(32歳・男性・会社員・埼玉県在住)

他社のセミナーにも参加しましたが、日本財託さんのセミナーはダントツで品質が高く、非常に勉強になりました。会場や受付の方の雰囲気もとってもよかったです。
(27歳・男性・会社員・東京都在住)

主人の薦めで一緒に参加しましたが、会場の雰囲気も良く、お話の内容も納得できるものでした。帰って、もう一度、夫と話をしてみようと思います。
(38歳・女性・主婦・名古屋市在住)

『日本財託』のウェブサイトを見る

【実践編】不動産投資初心者が危険な目に陥らないために

様々な不動産

サラリーマンの副業が推奨されている昨今。今後その副業推奨の流れが止まることはなく、むしろ加速する一方でしょう。

勤めている会社や組織に依存しすぎず、自分の足で立つ基盤作りが、誰にとっても望まれている世の中。

そんな中で有力な副業の選択肢の一つが「不動産投資」です。

サラリーマンが不動産投資で危険な目に陥らないために。

様々な情報を収集し、よく学ぶよう、自ら動き行動していくことが重要です。

中古区分マンション投資以外の投資物件情報も収集して、情報を比較検討し、最適な物件を選ぶように行動していってみてください。

法人設立を考えたら

法人設立を不動産投資より先にしようと考えるならば、

まずは、法人つくりの調査や手続きを知ることが必要です。

法人作りは時間と手間とお金がかかります。自分でやるのはとっても大変ですが、非常に勉強になるので、一度やってみるのもおすすめです。

もし、法人設立の方法をプロに相談したい、ということでしたら、こちらの法人設立相談サービス「シェアーズ」に一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

登記、開業届、社保、新規開業時の手続きならシェアーズ

また、税理士をお探しならこちらのサービス【税理士紹介ネットワーク(Tax-concierge)】もおすすめです。

税理士紹介ネットワークなら、経験豊富な税理士を紹介します!

不動産投資の情報収集を始めてみましょう

そして、さっそく不動産投資の情報収集を始めてみましょう

こちらも時間がかかることですので、大変ですが、並行して情報取集のアクションを開始しておきましょう。

中古区分マンション以外の物件を買うと、どういう税金や経費がかかり、収益がどのように残るのか。具体的に掴めると中古区分マンションの特質もより詳しく理解できるようになります。

「不動産投資」についての具体的な詳細は、この下のリンクや紹介記事から見ていくことができます。

マンション不動産投資

不動産投資の代表選手がワンルームマンション投資です。ワンルームマンション投資にはここまで紹介してきた中古マンション投資新築マンション投資があります。

それぞれにメリット・デメリットがありますので、その詳細は以下の記事も参考にしてみてください。

マンション投資一覧

誰でもできる「リスクを減らせる中古マンション投資」3つのポイント

誰でもできる「リスクを減らせる新築マンション投資」3つのポイント

アパート投資、土地活用

アパート投資を取り扱う会社はたくさんあります。

まずは気になる会社の資料請求から情報収集を始めてみると良いでしょう。

一括不動産投資無料相談【Oh!Ya(オーヤ)】では、最大で12社の資料を一括で請求することができます。

詳細はこちらの記事から確認が可能です。

一括不動産投資無料相談【Oh!Ya(オーヤ)】の特徴、口コミ

また、土地を持っている、土地の購入からアパート建設を考えたいのであれば、土地活用サービスを取り扱う会社の資料請求から始めてみましょう。

その詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

築古戸建投資

築古戸建投資を行う場合は、SUUMOやアットホームといった一般的な検索サイト、楽待や健美家といった不動産投資ポータルサイト、そして地域の不動産会社などとコンタクトをとり、丹念に物件を探す行動が必要です。

そうして掘り出し物を見つけることに努力を注ぎ、個別性の高く、様々なリスクの隠れている物件情報を見極める目利き力を磨き上げていきましょう。

こちらの

【築古戸建不動産投資】サラリーマンが失敗を避けるための3つのポイント

を参考にしてみてください。

新築戸建投資

次いで新築戸建です。新築戸建投資物件を専門で取り扱っている会社はそんなに多くはありません。安く建築できるハウスメーカーを探し、問い合わせしてみると良いでしょう。

専門で投資用新築戸建を取り扱う会社には飯田グループホールディングス一建設(はじめけんせつ)があります。こういった専門的に扱っているハウスメーカーにも一度問い合わせてみてもいいでしょう。

マンション、アパート、戸建以外の不動産投資

不動産投資にはワンルームマンション、アパート、戸建投資以外にも様々な手法があります。

金額は大きくなりますが、中古マンション一棟投資や、アメリカ不動産投資など。

また小さな金額では小口不動産投資もあります。

その詳細はこちらの記事を参考にしてみてください。

圧倒的な利回り【武蔵コーポレーション】(中古一棟不動産)の特徴、口コミ

収益&節税が可能なアメリカ不動産投資『オープンハウス』の特徴

小口不動産投資一覧

タイトルとURLをコピーしました