“お困り不動産”【一括相談・売却の専門査定サイト】特長と口コミ

はじめに:不動産買取とは?【不動産買取のパターン・仕組み】

売却

不動産買取とは何か

この記事では、様々な“お困り不動産”を相談できる「専門査定サイト」特長と口コミを紹介していきますが、”不動産”を処分するにあたって一般的な手法である「仲介」とは別に、特に”お困り不動産”の処分に際して有効な手法である「不動産買取」について、まずは解説していきます。

ではさっそく、不動産買取の特徴とは何か、見ていきましょう。

・現金が急ぎ必要に
・時間を掛けて不動産の売却活動が出来ない
・売却を依頼中だが、なかなか売却できない
・早く確実に物件を売りたい
・周辺に知られたくない

こういった事情がある時に利用できる売却方法です。

まさに”お困り不動産”の処分に最適な手法のひとつと言えるでしょう。

不動産買取のパターン・仕組み

では、「不動産買取の仕組み」とは、一体どういったものなのでしょうか。

不動産買取とは、不動産のプロである不動産会社による買取サービスで、次の二つのパターンがあります。

買取保証
・期間に少し余裕がある、少しでも高く売りたいという場合向け
・一定期間、通常の不動産売買仲介と同じように売却活動を実施
・期間中に買い手が見つからなかった場合に、約束していた金額で不動産会社が買取る
即時買取
・すぐに不動産を売却したい場合向け
・不動産の売却活動を行わず、即座に不動産を買取ってもらう

物件を買い取った不動産会社は、権利関係の整理やリフォームなどを行い物件の資産価値をあげ、売却活動をしていくのが一般的です。

その際に、買取価格と必要経費を併せて金額と、販売価格の差分が買い取った不動産会社の利益となります。

それでは続けて、利用者側から見た「不動産買取のメリット、注意点」を見ていきましょう。

利用者側から見た「不動産買取のメリット」

リターン

短期で現金化できる

早い場合には、買取を行う不動産会社と交渉開始してから、1週間程度で売買契約が成立、そこから数日で現金が振り込まれます。

このようにトータル10日間程度で決着することが大半です。

仲介手数料がかからない

直接不動産会社が買い取る場合は、仲介手数料がかかりません。

※買取業者を仲介される場合は、仲介手数料がかかることがあります。

現状買取 瑕疵担保責任が問われない

通常、不動産を売却したときは瑕疵担保責任を負う必要があります。

ですが、プロの不動産会社が買い取る場合は、瑕疵担保責任は問われず、現状買取となります。

募集広告不要、内覧会も無し、近隣に知られない

買い取る不動産会社と直接交渉となるため、一般向けの募集活動は行いません。

そのため、募集広告は行わず、内覧会も実施しませんので、近隣に売却活動を知られることがありません。

利用者側から見た「不動産買取のデメリットと注意点」

Risk

不動産買取のデメリット:安く買われてしまう

不動産買取では、相場の7〜8割程度の価格がつくことが一般的です。

そのように、安く買われてしまう理由は次の通りです。

不動産会社のコスト、利益を捻出するため
・不動産会社が行うリフォームやリノベーションコスト
・その後売却のために広告宣伝活動コスト
・買い取った不動産が売れるかどうかのリスクを見込んで
・適正な利益確保のため

不動産会社は確実に売り、利益を残すために、どうしても相場より安く買い取らなければ商売になりません。

サービスの利用者側である「売り手」としては、この点はある程度覚悟しておく必要があります。

不動産買取と売買仲介との違い

成功と失敗の分かれ道

不動産買取と売買仲介との違い

ではここで、不動産買取と売買仲介との違いをまとめてみます。

どうしても急ぐ事情がある、通常の販売では難しい状況がある、などでしたら、やはり通常の仲介で販売するのではなく、不動産買取を利用することは非常に有効な選択肢となります。

それではここで、不動産買取会社を多数集めて、様々な“お困り不動産”を一括で査定・相談ができる専門査定サイト、『お困り不動産「どうする?」』を紹介します。

業界初の専門査定サイト『お困り不動産「どうする?」』の特長

お困り不動産「どうする?」

様々な事情により手放すことが必要となった戸建て、マンション、借地権、再建築不可、事故物件その他にも共有持ち分や任意売却などの”お困り不動産”。

そんな取り扱いが困難な”お困り不動産”を直接買い取りしている不動産会社が集まった総合サイトが『お困り不動産「どうする?」』です。

ここでは物件の評価や権利調整が得意なプロに出会えます。

『お困り不動産「どうする?」』では物件情報をいれるだけで当サイトに登録している買取可能な不動産会社に売却査定を依頼することが可能で、その査定依頼は約3分程度で完了とお手軽に始めることができます。

そのサービスの特徴は次の4点です。

1.依頼可能な不動産会社情報を事前に確認することができる
当サイトは、物件種別や郵便番号検索によりそのエリア・不動産種別毎に買取査定可能な会社の情報を事前に確認することが可能。

2.自分で査定会社を選べる
ご自分で査定会社や依頼する会社数が選べます。1社でも数社でもご自分で納得・信頼できる会社にお問い合わせが可能です。

3.承認された不動産会社からのみやり取り開始
査定依頼をした会社が簡易情報をもとに実際に取り扱いが可能か判断し、対応できる会社にのみ、ユーザーの詳細情報が開示される匿名性の高い査定システムとなっており、取扱い不可とされた不動産会社には個人情報は送信されません。

4.コンシェルジュサービスの活用
『お困り不動産「どうする?」』にはコンシェルジュサービスがあります。電話でコンシェルジュが物件情報や各種条件部分などの入力を代理で行います。土地賃貸借契約書がお手元にない場合も相談が可能です。

このように、相手を事前に確認し、選ぶことができ、コンシェルジュの助けを得ながら複雑な対応もスムーズに開始することが可能です。

”お困り不動産”はまさにその名の通り対応に困難を極めます。

その手助けをしているこのサービスは、多くの方に高く評価をされています。

こちらの詳細は、以下のウェブサイトから確認することができます。

『お困り不動産「どうする?」』の詳細を見る

業界初の専門査定サイト『お困り不動産「どうする?」』の口コミ

口コミ

利用者の口コミを紹介します。

お困り不動産口コミ1
お困り不動産口コミ2
お困り不動産口コミ3

こちらのサービスの詳細は、以下のウェブサイトから確認することができます。

『お困り不動産「どうする?」』の詳細を見る

不動産売買で危険な目に陥らないために 不動産売却、一括無料相談

様々な不動産

今回紹介した不動産買取など不動産売買で危険な目に陥らないために。

様々な情報を収集し、よく学ぶよう、自ら動き行動していくことが重要です。

不動産買取についても、ここまでで紹介したこと以外にも情報も収集して、比較検討を進め、最適な方法を選ぶように行動していってみてください。

不動産売却

ではさっそく、不動産売却についての情報収集を始めてみましょう

不動産売却を専門で取り扱う会社を紹介します。

この中には「不動産買取が得意な会社」もあります。

気になる会社には問い合わせを入れてみるといいでしょう。

【不動産共有持分売却】処分は自由に出来るのか?売却方法、メリット、注意点(ソクガイ.jpの特徴、口コミ)

様々な不動産に対応【日本最大級の売却一括査定】リビンマッチの特長

【高く早く安心】東京・神奈川・千葉・埼玉不動産売却ミライアスの特徴

【マンション売却一括査定】店舗・利用者最大級マンションナビの特長

タイトルとURLをコピーしました