【ワンルームマンション投資】失敗しないためのMUSTの勉強法とは

【ワンルームマンション投資】一般的な投資目的の代表例

失敗

ワンルームマンション投資の一般的な投資目的にはどんなものがあるでしょうか。

主要なものを3つ挙げてみます。

毎月の生活費を捻出したい

これであれば、毎月の収支(キャッシュフロー)が、家賃とローンの差額がプラスになる状態を目指さねばなりません。

しかも、月数万円以上のそれなりのプラスになる金額であり続けることが、不動産投資の目的となります。

②生命保険代がもったいないので、より有効活用したい

これでしたら、今かけている数万円の生命保険を解約、あるいはプランダウンして、それまで生命保険にかけていた金額・数万円程度までのマイナスは許容して、不動産投資を行うこと。

これが投資の目的になります。

③所得税を節税で取り戻したい

これは高い所得税を払い続けている高所得者でしたら、あっておかしくない目的です。

とはいえ、そういう高所得者でしたら、より収益性の高い不動産投資、あるいはより節税に繋がる別の投資に取り組んでもいいのではないでしょうか。

節税は、おそらく本来のワンルームマンション不動産投資の目的としては違うかもしれません。

あくまでワンルームマンション不動産投資での節税は「おまけ」と捉えるべきものではないでしょうか。

【ワンルームマンション投資】失敗しないためのMUSTの勉強法とは

成功と失敗

【ワンルームマンション投資】失敗しないためのMUSTの勉強法とは

ワンルームマンション投資で「失敗しないためのMUSTの勉強法」とはなにか?

それは「ワンルームマンション投資の失敗例から徹底的に学ぶこと」です。

「ワンルームマンション投資の失敗」とは、本来投資を始めた際に「実現したかった目的」に沿った投資が出来ていない状態に陥ることで発生します。

「実現したかった目的」通りに運営出来ている、あるいは「実現したかった目的以上の良好な状態」でしたら、問題はありません。

ではここで、前述の①②③についてどうなのか、見てみましょう。

①毎月の生活費を捻出したい

「毎月の生活費を捻出したい」という目的に沿った投資でしたら、最初の選択で「毎月利益の出る物件」を購入するはずです。

その利益が出なくなる場合とはどういうことか。

・入居者確保が出来なくなった
・家賃の値下がりで利益が出なくなった

これは、購入時にしっかり調査をすればある程度避けられることです。

入居者確保のメインが「近隣の大学や会社」に依存しすぎていないか。

撤退されたら一気に入居者ニーズがなくなります。

家賃の値下がりについても、値下がりする前提の慎重なシミュレーションを立てて購入すれば、予め予測し対処できるものです。

②生命保険代がもったいないので、より有効活用したい

この目的は月々のマイナスを許容する考え方です。

先々所得が下がったり月々の支出が増えたりした場合、投資の継続が難しくなることも起こります。

自宅の購入、子供の教育費、予測してなかった急な継続する出費。

月々のマイナスが許容できるものなのか。

先々不測の事態というものは、えてして起きるもの。

今一度慎重に考えて取り組みましょう。

③所得税を節税で取り戻したい

これも、

②生命保険代がもったいないので、より有効活用したい

と同様に、或いはより脆弱な基盤に立った目的と思われます。

月々のマイナスを許容していることと、初年度以降はわずかな節税しか享受できません。

よほど高収入で安定した収入基盤がない限り、お勧めできない目的です。

②生命保険代がもったいないので、より有効活用したい
③所得税を節税で取り戻したい

この2つの目的で、あるいはこの2つの目的に重きを置いて始めたワンルームマンション投資に、失敗事例がより集中しています。

同じ轍を踏まないように、「ワンルームマンション投資の失敗例から徹底的に学ぶこと」をしていきましょう。

ネットや、人気ブログランキング 日本ブログ村の不動産投資カテゴリー、楽待や健美家のブログなどで調べれば、沢山の生々しい失敗事例が見つかるはずです。

是非、調べてみてください。

不動産価格上昇による幸運も有り得るが、不測の事態を想定した投資方針を

不動産投資は、基本的には長い年数をかけて大きな投資金額を回収していく「息の長い」「地道な取り組み」を必要とする投資手法です。

そんな中で、幸運にも、不動産価格の上昇で恩恵を被ることがあります。

例えば、過去10年くらいでみた都心の不動産価格は上昇しており、当時購入した人の中には値上がり益の恩恵を受けている人も多いかもしれません。

ただ、日本の不動産は年数が経つほど値下がりするのが一般的です。

そのため、なるべくリスクを減らし、不測の事態にも対応できるような想定で、投資方針を立てて取り組むのが良いと言えます。

負えるリスクはその人によって様々です。

自らの最適な手法は何かを学び続けるスタンスで、取り組み続ける覚悟が必要でしょう。

【新築ワンルームマンション】よほど有利な事情がある場合以外避けましょう

注意

ここで「新築のワンルームマンション」についても触れておきます。

新築物件には、分譲会社の利益が更に上乗せされている事などから、いわゆる「新築プレミアム」と呼ばれる割高な価格で販売されているため、購入後3年も経たないうちに、価格が2〜3割も下落します。

大抵は買った年から赤字経営となりますし、この先相当な長期間、それこそローンをある程度払いきってから売却するなどでないと、満足な利益は出しにくいでしょう。

キャッシュリッチである、高収入で節税ニーズがとても高いなどでない限り、新築ワンルームマンションの購入は避けた方が賢明です。

もっと言えば、一般サラリーマンにとってワンルームマンション不動産投資の「失敗」に一番直結しやすいのが、新築ワンルームマンション投資です。

詳しくはこちらの記事でも解説しましたので、併せて読んでみてください。

【新築区分マンション投資】初心者サラリーマン投資家にオススメしない理由

ステップアップ

さて、ここまで、「ワンルームマンション不動産投資の失敗」について触れてきました。

ここからは、ワンルームマンション不動産投資の失敗事例を揃えた資料を無料で送ってもらえるサービス『不動産経営.tokyo』を紹介します

「失敗事例」を学び知見を深めていく。

早速行動を開始してみましょう。

【ワンルームマンション投資】不動産経営.tokyoおすすめポイント

『不動産経営.tokyo』(会社名:トラスティーパートナーズ株式会社)は、開発・販売だけでなく、賃貸管理・建物管理など、マンション経営に関わる すべてのサービスをワンストップで提供しています。

『不動産経営.tokyo』に資料請求すると、

「不動産投資の失敗事例」

「なぜ今、マンション経営なのか?」

「真の資産形成とは?」

「なぜ、東京で不動産投資なのか?」

そして実際に不動産経営で成果を出されている方のインタビューや最新の不動産投資関連情報など、有益な情報が満載の冊子「THE マンション経営」をプレゼントしています。

これ1冊あれば、プロの不動産投資家にグーンと近づくことができる知識が満載されています。

今だからこそ東京で不動産経営を始める理由。

人生最大のリスクは「無知」。

この冊子は、正しい資産形成のあり方を身に付ける良い機会になることでしょう。

THEマンション経営

『不動産経営.tokyo』へ資料請求する

【ワンルームマンション投資】不動産経営.tokyoの口コミ

不動産についてあれこれ

営業 対 お客様以上の関係値を築ける方を見つけることをお勧めします。
内資系 大手総合メディア企業 メディアプロデューサー 30代男性

しっかりと不動産投資の知識を持っている人に出会えれば安心して取り組めるものですよ、ということは言えますね。

その上で、不動産投資は人生設計に必要な資産形成の1つにはなると思うので、良い意味でトライしてみるというか、取り組んでみる価値はあるんじゃないかなと思っています。

私は現状2件運用していますが、タイミングが合えばもっと増やしていきたいと思っています。

どのタイミングで必要なのかや、売り買いのタイミングなど、公私ともにお付き合いをしていく中で随時ご提案をして頂いたり、逆に気になることは気軽に相談しています。

仕事上のお付き合いというよりかは、1人の友人としてお互いにコミュニケーションをしているので、そういう関係値を不動産投資を通じて築けたことは何よりも大きなメリットになっていると感じていますね。

不動産投資とは「次のステップへいくための様々なきっかけ」です。
内資系 WEB広告マーケティング会社 男性30代

まず不動産投資を始めたことで、自分自身が投資について考え、勉強するきっかけになりました。

また貴重な知識を頂ける方とも出会い、その出会いが投資以外の様々なことにも挑戦するきっかけをもたらしてくれました。

これは本当にかけがえのないことだと思っています。

もし「不動産なんて自分には関係のない話だ」と思っている方は特に、一度話を聞いてみるだけでもして頂きたいですね。

意外に不動産投資に対するイメージが変わると思いますので、そういったところからぜひ好奇心をもって行動してみてはいかがでしょうか。

それが何かの大きなきっかけになるかもしれません。

購入を決意するまでにはどのような過程がありましたか?
東証1部上場 内資系 大手通信会社 統括部長 40代男性

資産は何で残すかだと思っていて、堅実にコツコツ貯金していく人もいれば、株やFX、最近では仮想通貨等もありますよね。

その中で言うと、元々私は不動産投資をするまではFXとか、そういう一発逆転を狙ってやろうというタイプの人間でした。

それが十数年前にリーマンショックがあったじゃないですか。

あの時に自分の稼いだ財産を全て失ったんです。

そういった経験があったので、不動産投資だけがリスクがあるものとは思ってはいませんでしたが、自分自身の家のローンも終わっていない中で、更に同じくらいの借金をしなければいけないという点に抵抗を感じていましたね。

その中で関野社長から毎月の収支を細かく聞き、最終的には定期で掛け捨ての生命保険を毎月1万円かけて何かあった時に2,000万円が一括で入るよりは、そうなった時に毎月固定で一定の家賃収入がある方が良いじゃないか、と思えたことが購入を決意した大きな理由でした。

もちろん投資なのでこの先どういうことが起こるかは分かりませんが、この時点で当初抱いていた不動産投資に対するマイナスイメージは私の中ではほとんどなくなっていました。

『不動産経営.tokyo』へ資料請求する

【実践編】不動産投資初心者が危険な目に陥らないために

様々な不動産

サラリーマンの副業が推奨されている昨今。今後その副業推奨の流れが止まることはなく、むしろ加速する一方でしょう。

勤めている会社や組織に依存しすぎず、自分の足で立つ基盤作りが、誰にとっても望まれている世の中。

そんな中で有力な副業の選択肢の一つが「不動産投資」です。

サラリーマンが不動産投資で危険な目に陥らないために。

様々な情報を収集し、よく学ぶよう、自ら動き行動していくことが重要です。

中古区分マンション投資以外の投資物件情報も収集して、情報を比較検討し、最適な物件を選ぶように行動していってみてください。

法人設立を考えたら

法人設立を不動産投資より先にしようと考えるならば、

まずは、法人つくりの調査や手続きを知ることが必要です。

法人作りは時間と手間とお金がかかります。自分でやるのはとっても大変ですが、非常に勉強になるので、一度やってみるのもおすすめです。

もし、法人設立の方法をプロに相談したい、ということでしたら、こちらの法人設立相談サービス「シェアーズ」に一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

登記、開業届、社保、新規開業時の手続きならシェアーズ

また、税理士をお探しならこちらのサービス【税理士紹介ネットワーク(Tax-concierge)】もおすすめです。

税理士紹介ネットワークなら、経験豊富な税理士を紹介します!

不動産投資の情報収集を始めてみましょう

そして、さっそく不動産投資の情報収集を始めてみましょう

こちらも時間がかかることですので、大変ですが、並行して情報取集のアクションを開始しておきましょう。

中古区分マンション以外の物件を買うと、どういう税金や経費がかかり、収益がどのように残るのか。具体的に掴めると中古区分マンションの特質もより詳しく理解できるようになります。

「不動産投資」についての具体的な詳細は、この下のリンクや紹介記事から見ていくことができます。

マンション不動産投資

不動産投資の代表選手がワンルームマンション投資です。ワンルームマンション投資にはここまで紹介してきた中古マンション投資新築マンション投資があります。

それぞれにメリット・デメリットがありますので、その詳細は以下の記事も参考にしてみてください。

マンション投資一覧

誰でもできる「リスクを減らせる中古マンション投資」3つのポイント

誰でもできる「リスクを減らせる新築マンション投資」3つのポイント

アパート投資、土地活用

アパート投資を取り扱う会社はたくさんあります。

まずは気になる会社の資料請求から情報収集を始めてみると良いでしょう。

一括不動産投資無料相談【Oh!Ya(オーヤ)】では、最大で12社の資料を一括で請求することができます。

詳細はこちらの記事から確認が可能です。

一括不動産投資無料相談【Oh!Ya(オーヤ)】の特徴、口コミ

また、土地を持っている、土地の購入からアパート建設を考えたいのであれば、土地活用サービスを取り扱う会社の資料請求から始めてみましょう。

その詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

築古戸建投資

築古戸建投資を行う場合は、SUUMOやアットホームといった一般的な検索サイト、楽待や健美家といった不動産投資ポータルサイト、そして地域の不動産会社などとコンタクトをとり、丹念に物件を探す行動が必要です。

そうして掘り出し物を見つけることに努力を注ぎ、個別性の高く、様々なリスクの隠れている物件情報を見極める目利き力を磨き上げていきましょう。

こちらの

【築古戸建不動産投資】サラリーマンが失敗を避けるための3つのポイント

を参考にしてみてください。

新築戸建投資

次いで新築戸建です。新築戸建投資物件を専門で取り扱っている会社はそんなに多くはありません。安く建築できるハウスメーカーを探し、問い合わせしてみると良いでしょう。

専門で投資用新築戸建を取り扱う会社には飯田グループホールディングス一建設(はじめけんせつ)があります。こういった専門的に扱っているハウスメーカーにも一度問い合わせてみてもいいでしょう。

マンション、アパート、戸建以外の不動産投資

不動産投資にはワンルームマンション、アパート、戸建投資以外にも様々な手法があります。

金額は大きくなりますが、中古マンション一棟投資や、アメリカ不動産投資など。

また小さな金額では小口不動産投資もあります。

その詳細はこちらの記事を参考にしてみてください。

圧倒的な利回り【武蔵コーポレーション】(中古一棟不動産)の特徴、口コミ

収益&節税が可能なアメリカ不動産投資『オープンハウス』の特徴

小口不動産投資一覧

タイトルとURLをコピーしました