入居者に選ばれ値上がり益も狙う【リノベーション投資リズム】の特長

リノベーションとは何か、リノベーションの定義とリフォームとの違い

リズムのリノベーション

リノベーションとは何か。その定義は?

リノベーションとは何か。

その定義は?

リノベーションとは、中古住宅に対して、機能・価値の再生のための改修、その家での暮らし全体に対処した、包括的な改修を行うこと。
例えば、水・電気・ガスなどのライフラインや構造躯体の性能を必要に応じて更新・改修したり、ライフスタイルに合わせて間取りや内外装を刷新することで、快適な暮らしを実現する現代的な住まいに再生していきます。

リノベーション協議会ホームページより

新築より安く、通常の中古より綺麗で最新設備をもった住宅として人気がある、リノベーション物件

一般的には、個人が自分の住まいを購入する場合のひとつの選択肢として広がりを見せており、よく知られるようになりました。

似たような言葉のリフォームは、壁の塗り直しや設備の変更、壁紙の張り替えなど、マイナスの状態のものをゼロに戻すためという意味合いとして使われることが多く、リノベーションとは異なるものとなります。

不動産投資家・賃貸オーナーにとってのリノベーションのメリット

リノベーション

賃貸物件の価値向上で空室改善、収益アップ

空室や募集に悩んでいる中古物件の価値向上策として、リノベーションは有効です。

相場より高い家賃での募集が可能になったり、家賃の下落を抑える効果も期待できます。

新築に負けない綺麗さ、新しさ、設備や間取りの特別さで募集をかけることも、場合によっては充分可能でしょう。

物件のリノベーションには、リノベーションに詳しいパートナー探しが重要

物件のリノベーションに取り組む際にはいくつか注意点があります。

・リノベーションができないことがある
・工事費用が高くなりがち
・リフォームローンは金利が高い
・完成まで時間がかかる
・売却時にデメリットとなることも

…etc

物件ごとに事情が異なったり、資金、施工、募集、管理運営と様々な要素が絡むため、リノベーションに詳しいパートナー探しが重要となってきます。

リノベーションされた物件を専門で供給する会社も

既にリノベーションされた物件を専門的に販売している会社もあります。

通常の中古よりも販売価格が高くなりますが、リノベーションされた部屋の人気は高いため空室になりにくく、家賃設定を高く設定することが充分可能です。

またリノベーションされた物件は、将来売ることになった場合でも、通常の中古物件よりも高く売れることも。

この記事では、投資用リノベーション物件を販売、既存物件のリノベーションも手掛ける会社の中でも特におすすめできる専門会社として、「リノベーション投資REISM(リズム)」について紹介していきます。

入居者に選ばれ値上がり益も狙う【リノベーション投資リズム】の特長

入居者に選ばれ値上がり益も狙う【リノベーション投資リズム】の特長とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

2つの大きな特長があります。

特長1】空室ゼロで安定収入
10,000人の入居待ち行列を生むマーケティング戦略で空室リスクを回避

特長2】値上がり益も狙える
古くなっても家賃20%UPのリノベーションがあるから長期運用も安心

空室リスクを抑えて値上がり益も狙うことができる「REISM(リズム)のリノベーション投資」。

その秘密は「REISM(リズム)のリノベーションシリーズ」にあります。

それはいったい、具体的にはどんな内容なのでしょうか?

リノベーション投資REISM(リズム)のリノベーションシリーズとは

累計1万人を超える待ち行列を生み出す、リズムのリノベーション33シリーズ

リズムのリノベーションシリーズ

空室リスクの少ない安定した不動産運用を行うには、長期的に入居者から選ばれ続けることが重要になります。

リズムでは、リノベーションによるマーケティング戦略により、業界最高レベルの入居率(2018年11月現在:99.4%)を実現し、家賃下落や空室への不安なく、不動産投資家が安心して所有することが出来る仕組みを築いています。

住む人のニーズに応えるリノベーション戦略

リノベーションブランド”REISM”は「”入居者の満足” が”持つ人の満足”」をモットーに、単なる「おしゃれな部屋」を越えた「住む人を魅了する差別化された部屋」づくりに力を入れ、これまでに33シリーズ、500戸以上をリリースしています。

入居者の様々なニーズに応えるよう設計・シリーズ化された空間には、それぞれのファンの存在があり、お気に入りのシリーズが新しくリリースされるのを待ち望んでいます。

そのため、リノベーション工事中の段階で入居希望の申し込みが入り、竣工・引き渡し直後から家賃収入を得られることも珍しくありません。

リノベーション不動産投資REISM(リズム)のセミナーの詳細を見る

高い評価を維持する高品質物件

REISMのリノベーションシリーズ

リズムでは、アクセス性・周辺環境に優れた東京の好立地に位置する、新耐震基準後に建設された、管理状況が良好な物件のみを取り扱っています。

また、本物を追求した素材と妥協のない施工にこだわったリノベーションは、経年による減価リスクを避けるだけでなく、経年自体が空間の味わいを生むことにも繋がっています。

待ち行列を生み出す、ウェイティング機能

REISM”ブランドのすべての部屋が掲載されている公式サイトでは、入居中の方の退去が決まったらお知らせするウェイティング機能を設置し、累計1万人以上の方が登録しており、人気の部屋には50人以上の入居希望者が待機しています。

顧客満足度を高める会員組織

リズムでは、ブランドサイト・SNS・実店舗「REISM STAND」を通して、東京での生活を豊かにする、様々な情報やトレンドを発信すると共に、セミナーやワークショップなどのイベントも開催しています。

また、リズム物件の入居希望者や実際に入居中の方、物件を所有中のオーナー、そしてリズムが、それぞれ気軽にコミュニケーションを取り合える“会員サイト”を運営し、潜在層から情熱的なファンの方まで、全てのファンに心から満足されるサービスの提供に努めています。

リノベーション不動産投資REISM(リズム)のセミナーの詳細を見る

業界初の優遇金利1.6%、オーナーの負担は最小限でスタート可能

融資条件の優遇で、オーナー様のご負担は最小限

家の価値

リズムのリノベーションやインスペクションに対する取り組みは、金融機関からも高い評価を得ており、リズムで物件を購入・運用するオーナーは、業界屈指の優遇条件で融資を受けることができます。

そのため、業界屈指の低金利・最大45年の長期ローンによる安定運用が可能となっています。

不動産投資オーナー、一人一人に合った融資の提案

不動産投資で融資を活用する場合、金融機関との円滑な連携は非常に重要です。

リズムでは、個人の方でも有利な融資を受けられるよう数々の金融機関と掛け合い、専門的な視点で投資家それぞれに合った物件とのマッチングを行なっています。

希望の運用スタイルや年齢、自己資金等によっても、どんな融資が最適かは千差万別です。

ベストな条件で購入・運用を始められるよう、プロの視点からしっかりと見極め、提案しています。

*2018年11月現在、斡旋金融機関の数は26となります。

実績への高い評価が、融資条件をより有利に

一般的に、中古不動産は「多額の頭金が必要・ローン年数が短い」傾向にあるとされています。

リズムでは、リノベーションやインスペクションへの取り組み・実績が金融機関から高く評価されているため、業界内でも特に有利な条件での融資獲得が可能となっています。

※【融資条件例】自己資金0万円/最長ローン45年/金利1%台前半 等

リノベーション不動産投資REISM(リズム)のセミナーの詳細を見る

リノベーション不動産投資REISM(リズム)の口コミ

疑問を聞いてみる

リノベーション不動産投資REISM(リズム)」の口コミを紹介します。

ニックネーム:S.K様 (20代男性)
居住地:東京都武蔵野市
所有物件数:1戸
不動産運用開始:1年
Q.不動産運用を始めたきっかけを教えて下さい。
28歳となり、30歳に近づいてきたので、そろそろ将来のことを考えようと思ったんです。将来、年金がもらえないことが予想され、老後を心配していたからです。不動産運用は、生命保険代わりとなるところと、自己資金がなくても始められるところが魅力でした。

Q.S.K様の中で、会社選びの基準はどんなことでしたか。
購入してからも、気持ちよくお付き合いできるかどうかを見ていました。リズムは担当者がとても対応が良く、信頼できると感じていました。さらに、オーナー会が多く、コミュニティが作れるなど、他社には無いサービスがあるところに惹かれました。購入してから、オーナー同士で情報共有ができるのは、なかなか貴重なんじゃないかという期待がありました。

Q.実際に始めてみていかがですか。
将来のことを逆算して考えることが大事だと気づかせてもらいました。期待通り懇親会も多く、顧客と距離の近いという点でも、信頼できる会社で購入して良かったと思います。せっかく資産運用を始められたので、時期が来たら「アトカラREISM」を利用して、リノベーションで資産価値を上げたいと考えています。

ニックネーム:ながれ様 (30代男性)
居住地:神奈川県相模原市
所有物件数:1戸
不動産運用開始:3年
Q.ながれ様は、運用を始める前に少し悩まれていたと聞きましたが。
そうなんです。本業の給料が低く、将来を考えると不安に感じていたこともあって、5年程前から資産形成を意識していました。不動産運用は、自己資金が少ない状態から始める事が出来、尚且つ控除が受けられると知って興味は持っていたんです。でも、物件を所有するにあたってのメリット、デメリットがさっぱり分からなかったので、始めるに始められませんでした。

Q.そんな中、物件購入に踏み切れたのは何故ですか。
インターネットでリズムのバナー広告を拝見し、セミナーのタイトルを見た瞬間、「どんなものなんだろう」と興味を抱き、セミナーに参加してみたいと思ったんです。そのセミナーが非常に分かりやすく、不安に感じていた点もスタッフの方に丁寧に対応頂いたことで「自分も不動産運用を始めたい」と素直に思えました。自分の年収でも融資が受けられる事もそうですが、何よりも提案頂いた物件が良かったからというのも大きかったです。

Q.実際に始めてよかったと思うのはどんなことですか。
リズムでは、オーナー同士の懇親会が開催されており、情報交換の場が設けられている事です。今はローンの返済中なので何とも言えませんが、完済した後の事を考えるのが楽しみです。月々の税金の負担が軽くなったのも嬉しいです。セミナーに参加したおかげで購入に踏み切れて、将来に対する不安な気持ちが軽くなりました。

ニックネーム:ばっしー様 (30代男性)
居住地:東京都港区
所有物件数:1戸
不動産運用開始:2年
Q.不動産運用を意識したのは、どんなときでしたか。
外資系の会社に転職して、余裕資金が貯まってきたのをきっかけに、資産形成を意識するようになりました。節税など含めると、トータルでミドルリスク・ミドルリターンが得られる不動産運用に注目はしていましたが、はじめは正直、購入手続きや確定申告、物件購入後の手間などが分からず漠然とした不安がありました。

Q.そういった不安を、どのように解消しましたか。
新聞広告でリズムさんのセミナーを知り、「とりあえず参加してみよう」と思ったんです。セミナーを通して、リノベーション投資による家賃の安定性も理解できましたし、割と少額の物件を購入できるチャンスがあったので、試しに一つやってみることにしました。

Q.物件を購入してみて、実際どうでしたか。
当初、不安に感じていた確定申告についても、リズムさんのオーナーサイトで必要な情報がほぼ完成された状態で確認できて、かなりラクでした!また、思っていたよりもずっと、トータルのリスクが低く、手間も少ないことがわかり、より多くの投資にチャレンジできると感じています。日々のキャッシュフローに余裕が生まれたことも嬉しいポイントです。

Q.今後どうしていきたい、などの目標はありますか。
実際に始めてみて少し自信がついたので、所有戸数を増やしていきたいと考えています。また、私自身、セミナーへの参加をきっかけに不動産運用をスタートすることが出来たので、もし購入を迷っている方がいたら、まずはセミナーに参加してみていただきたいです。リズムさんのセミナーは、聴くだけでも勉強になりますし、足を運ぶ価値があると思います。

リノベーション不動産投資REISM(リズム)のセミナーに参加する

リノベーション不動産投資REISM(リズム)のセミナー

リズムのセミナー

「不動産会社のセミナーだから、本当のリスクやデメリットなんてきっと教えてもらえないに違いない。」

そんな風に考えている方も多いのではないでしょうか?

しかし、REISMの初めての不動産投資セミナーでは18年以上、副業として不動産の購入・売却を経験していたベテラン投資家寺内が実体験をありのままに語ります。

・老後のためにどう資産を貯めて行くのが良いのか知りたい
・月々の生命保険料の支払いを減らしたい
・家賃収入が安定して入ってきたら嬉しい
・今、不動産を買うと損だと思う
・物件や会社の選び方がよくわからない

参加者の満足度は99%。

ゼロから学べるので不動産投資初心者でも安心して参加が可能。

実際の運用事例や体験談も盛りだくさん紹介。

リスクやデメリットもしっかり解説。

そんな「リノベーション不動産投資REISM(リズム)のセミナー」はこちらのサイトから申し込みが可能です。

リノベーション不動産投資REISM(リズム)のセミナーに参加申し込みをする

賃貸物件の空室、運営に悩んだら…売却も

売却

今持っている賃貸物件の空室、運営に悩んだら、リノベーションをして再生することも有効な手段です。

リズムでは既存物件のリノベーションも行っているので、相談してみることもお勧めです。

その一方で、「売却してしまう」という打ち手もあるかと思います。

下の記事では、売却に強い会社やサービスを様々な観点からそれぞれ詳しく紹介しています。

【不動産売却方法】通常の売却から買取、共有持分売却、任意売却まで

もし気になる会社があれば問い合わせをし、情報収集をしてみてはいかがでしょうか。

きっと、リノベーションをこのまま行うべきか、改めて考えるための検討材料にもなることでしょう。

【不動産投資のリスクを減らすために】投資手法を比較検討する必要性

悩む

年金2,000万円問題や、増税、コロナ禍など様々な要因から、副業が推奨されている昨今。

今後その副業推奨の流れが止まることはなく、むしろ加速する一方でしょう。

勤めている会社や組織に依存しすぎず、「自分の足で立てる」経済基盤作りが、誰にとっても望まれている世の中。

その中でも、資産構築に向けた有力な副業の選択肢の一つが「不動産投資」です。

その「不動産投資」には様々な手法が存在しています。

この記事で紹介した「リズムのリノベーション投資」もその一つです。

より「不動産投資」のリスクを減らすためには、投資手法を比較検討する必要性は充分過ぎるほどあると言えるでしょう。

様々な不動産会社、営業マンと会い、投資手法や物件情報を収集し比較検討を進め、自分にとって最適な手法と物件を選ぶよう、行動していくこと。

まずは実際に行動を起こすことが、非常に重要です。

ここからは、本格的に不動産投資に取り組もうと考える際に、参考となる情報を紹介していきます。

一度目を通してみるだけでも、視野が拡がり、大きな失敗の可能性が減る。

その価値があると、確信しています。

様々な不動産投資の情報収集を始めてみましょう

それではさっそく、様々な不動産投資の情報収集を始めてみましょう。

どんなタイプの投資用物件を買うと、どういう税金や経費がかかり、収益がどのように残るのか。

いろんな投資用物件タイプについて具体的に理解できるようになると、それぞれの投資用物件の特質を比較検討できるようになり、不動産投資についてより詳しく理解できるようになります。

「不動産投資用物件タイプ」や「投資用不動産会社」についての具体的な詳細は、この以下の記事から見ていくことができます。

マンション不動産投資

不動産投資の代表選手がワンルームマンション投資です。ワンルームマンション投資には中古マンション投資新築マンション投資があります。

中古、新築、それぞれにメリット・デメリットがあります。

その詳細は以下の記事をチェックしてみてください。

【中古区分マンション不動産投資】小資金で取り組める不動産投資の注意点

【新築区分マンション投資】初心者サラリーマン投資家にオススメしない理由

築古戸建投資

築古戸建投資を行う場合は、SUUMOやアットホームといった一般的な検索サイト、楽待や健美家といった不動産投資ポータルサイト、そして地域の不動産会社などとコンタクトをとり、丹念に物件を探す行動が必要です。

そうして掘り出し物を見つけることに努力を注ぎ、個別性の高い、様々なリスクの隠れている物件情報を見極める「目利き力」を磨き上げていきましょう。

築古戸建不動産投資に取り組むなら、こちらの

【築古戸建不動産投資】サラリーマンが失敗を避けるための3つのポイント

を参考にしてみてください。

新築戸建投資

次いで新築戸建です。

新築戸建投資物件を専門で取り扱っている会社はそんなに多くはありません。

安く建築できるハウスメーカーを探し、問い合わせしてみる必要があるでしょう。

専門で投資用新築戸建を取り扱う会社には飯田グループホールディングス一建設(はじめけんせつ)があります。

新築戸建投資を検討しているなら、問い合わせをしてみる価値があります。

アパート投資、土地活用

アパート投資を取り扱う会社はたくさんあります。

こちらの記事では中古・新築アパート投資に取り組む場合の注意点と、気軽に資料請求を出来るサービスを複数、それぞれの特長を紹介しています。

この中で気になるサービスがあれば、資料請求から情報収集を始めてみると良いでしょう。

【アパート投資】サラリーマンが失敗しないアパート経営をするために

マンション、アパート、戸建以外の不動産投資

不動産投資にはワンルームマンション、アパート、戸建投資以外にも、金額は大きくなりますが、中古マンション一棟投資や、アメリカ不動産投資などがあります。

また逆に小さな金額では小口不動産投資があります。

その詳細は以下の記事で紹介しています。

圧倒的な利回り【武蔵コーポレーション】(中古一棟不動産)の特徴、口コミ

収益&節税が可能なアメリカ不動産投資『オープンハウス』の特徴

小口不動産投資一覧

最後に「法人作りして不動産投資に取り組む場合」の話をします。

法人設立を考えたら

本格的に不動産投資をするなら、法人設立は避けて通れません。

本格的に取り組むつもりでしたら、法人設立を不動産投資より先に準備しようと考えるのは当然のことです。

そのためにはまず、法人設立方法の調べ方、手続きを知ることが必要です。

法人作りは時間と手間とお金がかかります。

一から全て自分でやるのはとっても大変ですが、非常に勉強になるので、一度やってみるのもおすすめです。

法人を設立して不動産投資に取り組むメリットや注意点は、こちらの記事に詳しくまとめています。

是非、チェックしてみてください。

【不動産投資初心者のサラリーマンへ】法人設立し始めることのすすめ

【不動産投資・サラリーマン・副業】法人を設立し不動産投資を始めてみよう

【不動産投資・サラリーマン・副業】5棟10室基準:初めから法人での不動産投資を勧める理由

タイトルとURLをコピーしました