【不動産共有持分売却】処分は自由に出来るのか?売却方法、メリット、注意点(ソクガイ.jpの特徴、口コミ)

【不動産共有持分売却とは】相続、離婚で得た不動産を処分する方法のひとつ

街並み

不動産共有持分売却とは何か

不動産共有持分の特徴とは何か。

・相続や離婚などで、土地や建物の共有名義(共有持分)だけを所有
・兄弟や親族など複数の所有者が存在する

このように、離婚や相続で不動産の共有持分(共有名義)のみを所有することになるのが特徴です。

不動産全体を処分するためには、共有者全員が同意をしないと出来ないため、自分が所有している共有持分だけではあまり価値が発揮できないのが通常です。

自分が持っている共有持分の処分は自分で自由に出来るの?

自分が所有することになった共有持分。

その処分は自分の意思で自由に出来るのでしょうか?

その答えは「自分の意思で自由に出来る」です。

意外と知られていませんが、「自分の共有持分の名義を自分の意思だけで自由に売却できる」のです。

・通常の不動産売買と異なり、名義のみの売買
・共有持分を保有している自分の意思だけで自由に売買可能

となります。

実はこの「名義のみを売却したい」というケースは、相続、離婚などで、近年非常に多くなってきています。

それでは以下、具体的にその方法、メリット、注意点を紹介していきましょう。

この記事を読めば「不動産投資」をもっと知りたくなります

この記事を読み終えると不動産共有持分売却について取り組むメリットと方法、注意点が理解できます。

そして「不動産投資」についても、もっと知りたくなります。

不動産共有持分を売買する方法

相続する家

共有持分の処分方法は3種類

自分の意思で処分出来る共有持分。その処分方法は次の3種類です。

1.共有持分当事者間で売買

共有持分の当事者間で、共有持分の売買を行う方法です。

その不動産の使用を望む人がいて、共有持分の買い取りを希望する場合はスムーズに話が進むでしょう。

一方、権利者間の折り合いが悪い場合など、売買がうまく進まないケースも想定されます。

2.自由に第三者に売却

共有持分の売買は、他の共有者の同意無しで行うことができます。

不動産全体を売却ではないので、売却価格が安くなる可能性が高いと想定されます。

また、他の共有者との間で、「何故勝手に第三者に売ったのだ」とトラブルに発展する可能性もあります。

3.共有持分所有者全員で、第三者に売却

共有持分所有者全員が、同意をして第三者に売却をします。

これができれば一番スムーズですね。

不動産共有持分を売却のメリット

家のイメージ

共有持分売却のメリットは、持ち続けるリスクを避けること

共有持分売却のメリットは、「持ち続けるリスクを避けること」です。

共有持分を持つことには以下のデメリットがあります。

コストが発生する
相続税・贈与税・固定資産税・修繕費など

相続で共有権者が増えていく
子世代、孫世代に共有名義者が広がる可能性

不動産自体の売却などがしづらい
不動産の売却は、処分にあたるため、共有者全員の同意が必要
所有し続けなければならなくなることも

このように、自分の意思だけでは、行動だけではどうにも出来ない状況に追い込まれることがあります。

プロに共有持分を売却する場合のメリット

プロの共有持分買取サービスを行う会社に売却すると、以下のメリットがあります。

共有名義の問題を避けられる
相続する不動産、離婚での不動産の処分といった、土地や建物の共有名義の問題をプロに売却することで避けることが可能。
プロのサービスでは、本人は相手側との接触が不要
相手側との関係性が良好とは言えないケースでも 安心して相談できる。

このようにプロに共有持分を売却する場合のメリットには、大きなメリットがあります。

不動産共有持分を売却の注意点:安く買い叩かれる

丘の街並み

安く買い叩かれる理由。

それは、共有持分単独では価値が低いからです。

共有持分だけでは不動産として処分できない
他の共有持分所有者との合意が必要で合意を取りまとめるのが難しい

このため、例えば1/2の持分でも、本来の不動産相場より相当安い金額になってしまうでしょう。

この点はある程度の覚悟が必要でしょう。

共有名義(共有持分)の不動産を即日買取「ソクガイ.jp」の特徴、口コミ

共有名義即日買取「ソクガイ.jp」の特徴

共有名義買取専門の会社はそんなに多くありません。

その中から専門の会社を紹介します。

ソクガイ

共有持分を即日買取してくれるサービスの「ソクガイ.jp」。

依頼した場合、相手側との接触が不要になるので、相手側との関係性が良好とは言えないケースでも安心して相談できます。

一戸建てだけでなく、マンション・アパートや土地等の共有名義(共同名義)の不動産の名義部分(共有持分)だけを売却することが可能です。

不動産そのものを売却する場合には、共有者全員の同意が必要となりますが、現金化しにくい不動産であっても、自己の持分のみを売却することが可能です。

共有名義即日買取「ソクガイ.jp」の口コミ

利用者の口コミを紹介します。

もし興味が湧くようでしたら、一度問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

買取の講演会に出席しても良いくらい感謝しています
静岡県 岡崎様

代表納税者の届け出を勝手に出されたために個人の権利で納税ができなくなってしまった上に、第三者も道路関係で絡んでいる複雑な土地。母が亡くなりどうしようもなくなって自分の権利を売却しようと思いました。NSリアルエステートの前に2社依頼しましたが、最初は調子のよいことを言っていたが、膨大な時間がかかり、最終的にはできないと言われてしまっていた。それがあるので、NSリアルエステートにも期待はなく、引き受けてくれるかどうか、引き受けてくれなければ次の業者を探すというつもりでした。
しかし、今は買取の講演会があれば出席しても良いくらい感謝しています。

メールでの丁寧な回答とやり取りを見て大丈夫だと確信して契約当日を迎えました
神奈川県 今野様
昨年2月マンションを購入したかったのですが、共有持ち分の処分と離婚が進んでおらずで融資が保留になってしまったので、まずは共有持ち分の処分をしようと思ってて他の業者に売却の依頼をしたが、解決に至らず1年たち解約となってしまった。すぐに解決すると思っていたのに、のらりくらりで全然進まないので、早急に解決してくれているところを探していました。
業者を選ぶ際には、確実に質問に対して早く明確に返ってくるか、金額の提示が早いかを重視しました。NSリアルエステートとはネットでのやり取りだけだったので、契約に進んでいいかと思いましたが、メールでの丁寧な回答ややり取りを見て大丈夫だと確信して契約当日を迎えました。若い方がいるところの方が細かいところを突き抜けてやってくれるのではないかと直感で選びましたが正解でした。

すぐに連絡をくれたので「スピードが早い」というのが印象に残りました
秋田県 村上様

相手との話がなかなか進まず、連絡が取れなくなりうやむやになりそうだったので本気で売却を考えて業者を探し始めました。しかし、関東のみ扱っているという業者が多く、秋田の土地なのでそこを扱ってくれるかどうかがポイントでした。
地元の秋田の業者も一応いましたが、NSリアルエステートが一番早く連絡をくれて、積極的に話を進めてくれたので決めました。

こちらの詳細は以下のウェブサイトから確認することができます。

不動産の共有持分・共有名義を相場相当で売却できる【ソクガイ.jp】

不動産売買で危険な目に陥らないために

様々な不動産

今回紹介した共有持分売却など不動産売買で危険な目に陥らないために。

様々な情報を収集し、よく学ぶよう、自ら動き行動していくことが重要です。

共有持分売却ここまでで紹介した以外情報も収集して、比較して検討を進め、最適な方法を選ぶように行動していってみてください。

不動産売却

ではさっそく、不動産売却の情報収集を始めてみましょう

不動産売却を専門で取り扱う会社はたくさんありますが、その中から3件紹介します。

この中には「共有持分売却が得意な会社」もあります。

気になる会社には問い合わせを入れてみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました