都心マンションを「高く」「早く」売却するなら「RENOSYスマート売却」

【マンション売却】成功のための3つのコツ、大事なこと

自分のマンションを売却する。

売るのであれば、少しでも高く、いい条件で売りたい。

そのためには、数ある不動産会社の中から、どういった会社を、どの担当者を選ぶのかが大きな鍵を握ります。

不動産会社に売却依頼をする際に、気をつけるべきことは沢山ありますが、集約すると次の3つのポイントに絞られてきます。

①売却しようとする物件タイプに強い会社を選ぶ
②囲い込みで不利になるリスクを避ける
③相場から乖離した「見せかけの価格」ではなく「実際に売れそうな価格」を把握する

では早速、①〜③それぞれを順番に見ていきましょう。

【売却成功のコツ】①売却しようとする物件タイプに強い会社を選ぶ

マンション売却成功のためには、まずそれぞれの不動産会社の得意ジャンルを見極めて選ぶ必要があります。

「ファミリータイプのマンション売却に強い会社」
「投資用ワンルームマンションの売却に強い会社」
「戸建の売却に強い会社」

など、不動産会社や担当者によって、得意なジャンルが異なるのが一般的です。

単に、大手の知名度や、提示された査定価格だけで選んでしまうと、どうなるのか。

実際に取引が行われていくと、結果的に、想定していた価格よりも安値で取引が行われ、損をしてしまうケースも、一般的にはよくある話です。

売却しようとする物件タイプに、強い会社を選びましょう。

【売却成功のコツ】②囲い込みで不利になるリスクを避ける

囲い込みで不利になるリスクを避ける

マンション売却成功のために注意したい点の、2つ目のポイント。

それは、囲い込み(かこいこみ)で不利になるリスクを避けることです。

囲い込みとは、売却依頼を受けた不動産を自社で抱え込み、他の不動産会社に紹介しないという問題です。

何故囲い込みを行う不動産会社がいるのか。

それは次の理由があるからです。

・自社だけで買主を見つけたほうが、売主、買主両方から仲介手数料が得られる
・売主買主双方から仲介手数料を得る取引を「両手」という
・不動産会社にとって、収益性が一番高くなるメリットがある

売主、買主両方から仲介手数料が得ることを優先する、両手仲介優先の不動産会社の場合は、自社で集客できた買主から決めに行こうとする傾向があります。

そして、自社の買主寄りに判断する力学も働くため、自社の買主の意向に沿って、売却価格を下げて決めに行こうとすることも、一般的にはよくある話です。

そのため、囲い込みを行う不動産会社に依頼してしまうと、高い金額で買いたいという、他社から紹介された買主が無視され、自社で買いたい買主しか受け付けてくれない場合があります。

売主側優先で動いてくれるように依頼する

一方で、売主側優先で動いてくれる不動産会社は、シンプルに売主の意向を優先して動いていくこととなります。

依頼主である売主の利益だけを追求すれば良い、つまり少しでも高く売ること、または売主が急いでいるのであればそれに合わせて売却活動をすすめる、など、売主に合わせて動いてくれます。

ここでひとつお伝えしておくと、必ずしも、両手仲介が悪い訳ではありません。

ただ、囲い込み(かこいこみ)になり、売主に不利な状態になってしまうリスクを避けるよう、次のように対応を進めていきましょう。

・両手仲介なのか、売主から仲介手数料を得るだけでもいい片手仲介なのか
・片手が望ましいが、どちらであっても売主の希望を優先してもらえるよう、依頼する

【売却成功のコツ】③「見せかけの価格」ではなく「実際に売れる価格」を把握

「見せかけの価格」ではなく「実際に売れる価格」を把握する

マンション売却成功のために注意したい点の3つ目のポイント。

それは、相場から乖離した「見せかけの価格」ではなく、「実際に売れそうな価格」を把握することです。

例えば、5〜10社など、あまりに多くの不動産会社に査定をお願いすると「見せかけの価格」が多く含まれてしまうため、かえって売却しにくくなるケースがあります。

どういうことかと言うと、不動産会社からすると10社の中で勝ち残らないといけないため、なるべく高額な査定額をだそうと、根拠のない価格を掲示する、などがあるのです。

当然、その会社に依頼して売り出しても高すぎて売れないため、時間だけかかって機会損失が発生します。

このように、「見せかけの価格」に振り回されないように、適正な価格を提案する不動産会社を見極めることがポイントです。

「買取価格」も併せて確認しておく

また、その際には、「買取価格」も併せて確認しておくのが良いでしょう。

「買取価格」とは、不動産会社自身が直接物件を買い取るときの価格のことです。

いわば「確実に売却できる価格」とも言えるでしょう。

「買取価格」は、買い取る不動産会社が、その物件が売れると想定している価格から、経費と利益を差し引いた金額となっています。

高い価格で売却できると想定される場合には、買取価格もそれに合わせて高くなるのが一般的です。

都心マンションを「高く」「早く」売却するなら「RENOSYスマート売却」

「RENOSYスマート売却」の特長

都心マンションを「高く」「早く」売却するなら「RENOSY スマート売却」

その「高く」「早く」売却を成功させるための、「RENOSY スマート売却」の特長は、次の2点です。

point1 囲い込み無し、広告量最大化 他社による広告を奨励 数百社がサポート

・囲い込み無しで広告量を最大化
・全てのオファーを自動でお知らせ
・業界トップクラスの集客力

point2 プロフェッショナルチームでサポート 進捗を可視化

・媒介受任、集客、販売契約、契約決済を分業 特に集客、販売に注力
・オープンな集客で進捗をテクノロジーで可視化

「RENOSY スマート売却」には、売却成功を後押しする、さらに3つの特徴があります。

①専属デザイナーが作成する物件資料
・物件の魅力を最大限発揮できるようプロのデザイナーが物件資料をデザイン
・より買い手に良い印象・興味を持ってもらえるようにし、高値売却の実現を目指す

②売却活動の進捗を客観的に確認できる、数字を基にした戦略レポート
・定量的な数字をベースに販売進捗を報告
・販売方針の見直しが必要な場合も、客観的な指標を元に提案

③納得・満足のいく売却のための大手同水準の保証サービス
・住宅設備保証、建物保証、ホームステージング、プロカメラマン撮影、荷物預かり/不用品処分、買取保証、売却保証
・いずれも大手同水準の保証サービスでサポート

グループ会社のモダンスタンダードは、都心高級エリア内において、検索順位が1位の物件数が大手R社や大手L社よりも多く、業界トップレベルの集客力・認知度。

高級賃貸検討者を含めた数多くの顧客潜在層にリーチが可能です。

都心の高級マンションが高く、早く売れる。

さらに、オンライン面談でAmazonギフト券10,000円プレゼント。

「RENOSYスマート売却」の詳細は、以下のリンクから確認することが出来ます。

都心マンションを「高く」「早く」売却するなら「RENOSYスマート売却」の詳細を確認する

「RENOSYスマート売却」の口コミ

40代女性 採点:5/5点
─ 担当エージェントについて
途中から、担当エージェントさんにほぼ決めていて、「この人は売る」と直感で思いました。ある意味自分の子供のように、すごく信頼しています。

─ コメント
正直、内見1回で決まったので、RENOSY スマート売却の良いところをすべて感じないまま、売却活動が終わりました。担当エージェントの方や室内撮影いただいたカメラマンの方もすごく良い方でした。

40代男性 採点:4/5点
─ 担当エージェントについて
若くてエネルギーに溢れスピード感があり、一緒に動いてくれて大変助かった。

─ コメント
始めは売れるか不安もありましたが、担当エージェントのスピード感のある対応と、テクノロジーを駆使した革新的なアプローチで、いい買い主様との出会いが実現できてよかったです。自分たちが大切にしてきた物件なので、それを同じように取り扱ってくれた担当エージェントに感謝しています。

50代男性 採点:5/5点
─ 担当エージェントについて
色々アドバイスしてもらい、手続き等も骨折りしてもらいました。

─ コメント
今回知人の紹介でRENOSY スマート売却のことを知り、保有物件をお任せしましたが、思ったよりもスムーズに売却できました。ありがとうございました。

都心マンションを「高く」「早く」売却するなら「RENOSYスマート売却」の詳細は、以下のリンクから確認することが出来ます。

都心マンションを「高く」「早く」売却するなら「RENOSYスマート売却」の詳細を確認する

【マンション売却】早く高く売るコツ/強い会社を絞り込む

家の価値

マンションを早く高く売却するためのコツとして、最後に、「強い業者に絞り込む」に触れていきます。

不動産業者には、それぞれ強みとしている物件種別や売却方法があります。

例えば、区分マンションの売却に強い業者と戸建の売却に強い業者。

仲介なのか、買取なのか、リースバックなのか。

買い手も方法も異なるため、売却のノウハウも違ってきます。

ですので、数ある不動産会社の中でも、自分の物件種別と望んでいる売却方法に強い業者に絞り込む事が必要です。

ではその会社が適しているのかどうかは、どうやって判別すれば良いのか

それは、取引実績を確認することです。

売却価格や売却に要した期間、これまでの取引実績など、詳しい説明を聞く事で、その不動産会社が適しているのかどうかを判断できるようになるでしょう。

自分の物件種別と望んでいる売却方法に強い会社を絞り込み、徹底して使い倒すこと。

その会社とじっくり深く付き合い、信頼関係を構築していき、自分への優先度を高めて動いてもらう。

最後は依頼する会社、そして何よりも「担当者次第」という部分も出てきます。

マンションを早く高く売るコツとして、

「自分の物件種別と望んでいる売却方法に強い会社を絞り込み、徹底して使い倒すこと」

はとても重要です。

この記事で紹介した一括査定サイトで見つけた、自分の物件種別と望んでいる売却方法に強い会社を、徹底して使い倒してみましょう。

売却について、より詳しく知りたい場合には、以下の記事も参考にしてみてください。

【マンション・戸建】自宅はいくらで売れる?手軽に事前調査する方法

様々な不動産に対応【日本最大級の売却一括査定】リビンマッチの特長

【マンション売却一括査定】店舗・利用者最大級マンションナビの特長

【リースバック利用の注意点】リスクと要件を比較検討し活用しよう 

【マンション・戸建売却】早く高く売るため必須の行動とコツ

タイトルとURLをコピーしました