【高く早く安心】東京・神奈川・千葉・埼玉不動産売却ミライアスの特徴

【東京・神奈川・千葉・埼玉】不動産を高く早く売るポイント

for SALE

不動産の売却。

目指したいところは少しでも高く、少しでも早く、であることは異論がないことです。

それを実現できる不動産会社と出会えること、ここが鍵となってきます。

この両立は、実はなかなか難しく、どの不動産会社に売却を依頼するかが大きなポイントとなります。

【東京・神奈川・千葉・埼玉】【早く不動産売却】だけなら不動産買取も

値段

【早く不動産売却】だけなら不動産買取もあり

早く不動産売却したい、これを優先するのでしたら、「不動産買取」という手法もあります。

では、「不動産買取」とはどういうサービスなのでしょうか。

・現金が急ぎ必要に
・時間を掛けて不動産の売却活動が出来ない
・売却を依頼中だが、なかなか売却できない
・早く確実に物件を売りたい
・周辺に知られたくない

こういった事情がある時に利用できる売却方法です。

ただし、売却に比べて価格は下がります。

不動産買取のパターン・仕組み

不動産買取は不動産のプロである不動産会社による物件買取サービスで、次の二つのパターンがあります。

買取保証
・期間に少し余裕がある、少しでも高く売りたいという場合向け
・一定期間、通常の不動産売買仲介と同じように売却活動を実施
・期間中に買い手が見つからなかった場合に、約束していた金額で不動産会社が買取る
即時買取
・すぐに不動産を売却したい場合向け
・不動産の売却活動を行わず、即座に不動産を買取ってもらう

買い取った不動産会社は、リフォームなどを行い物件の価値をあげ、売買活動をしていきます。

その買取価格と販売価格の差分が買い取った不動産会社の利益となります。

不動産買取と売買仲介との違い

不動産買取と売買仲介の違いをまとめてみました。

もし「早く売る」こと最重視でしたら、価格は下がりますが不動産買取は検討に値します。

不動産買取については、次の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。

【不動産買取】メリット・デメリットと注意点、「訳あり物件買取PRO」の特徴と口コミ

さて、あらためて「不動産売却」について、ポイントを解説していきます。

【東京・神奈川・千葉・埼玉】不動産を高く早く売るために大事なこと

高く早く売却

【不動産を高く早く売るために大事なこと】不動産会社による違い

自分の不動産を少しでも高く、少しでも早く売りたい、という場合には、数ある不動産会社の中からどういった会社を選ぶのかが鍵を握ります。

では、不動産会社による違いとは、一体どんなものがあるのでしょうか。

大手、地域密着
不動産会社が抱えている顧客の違い
マンション、シングル、ファミリー、戸建、一棟物など得意な物件種別の違い
不動産会社の情報力、能力の差
仲介手数料を両手追求か片手でもOKか
販売戦略は高さ優先か早さ優先か
売主である自分の方を最優先に考えて仕事をしているか

最後に挙げた「売主である自分の方を最優先に考えて仕事をしているか」、ここが不動産を高く早く売るために一番大事なこととなります。

【不動産を高く早く売る】大手・地域密着中小のメリット・デメリット

不動産を高く早く売るためには、大手不動産会社と地域密着の中小不動産会社どちらに優先して依頼するのかで、違いが出てきます。

大手、中小、それぞれのメリット、デメリットを比べてみましょう。

大手不動産会社
メリット
・情報量が豊富
・大手不動産会社特有のネットワークがある
・宣伝力、認知力が強い
・大口買主の人脈が広い
・買主が決まりやすい人気物件や築浅物件、高額物件には買主候補の人数が多く強い
デメリット
・その地域特有の不動産事情に疎い
・高く売るよりも早く売ることに注力しがち
・近隣の買主と売買成立することが多いため、スケールメリットが意味を成さないことも

地域密着不動産会社
メリット
・特定の地域に圧倒的な強み
・特定の地域の有力な買主、資産家の人脈がある
・その地域だけで勝負しているため地域特性に強い
・特定の地域での査定能力が高く、査定額や期間が正確
・築古物件や狭小物件、価値の低い物件などは地元密着の不動産会社が無難。大手では優先度が下がりがちに。
デメリット
・宣伝力やスケールメリットで大手に劣る
・特定の地域以外の買主を探すのは難しい
・個人経営に近いので当たり外れが大きい

メリットとデメリットを総合すると、

・スケールメリットの大手

・親身になってくれる地元密着

という大まかな違いが見えてきます。

【不動産を高く早く売る】確認したい3つのポイント

売却活動を進めていくにあたって、大手中小、どちらにも共通して確認したいことがあります。

以下代表的なポイントを3つ挙げます。

①自社に囲い込もうとして売却依頼獲得を最優先になっていないか確認する

最初に高めの査定額を提示し、期待感を強く持たせて売却依頼を獲得するが、売却依頼後、販売活動の優先度が下がる。

そういうケースがあります。

その場合は、売却活動の強化を要望しつつ、依頼先の変更も視野に入れて動くことも重要です。

②片手仲介でもOKなのかどうか確認する

不動産売却には、「片手仲介」と「両手仲介」という区別があります。

片手仲介とは売主の側のみのサポートをする取引のことで、両手仲介とは売主とともに買主の側にもついてサポートをする取引のことです。

片手だと不動産会社は依頼主である売主の利益だけを追求すれば良いですが、両手の場合は買主の利益も追求する必要があり、双方の顔を立てることになります。

大手不動産会社は、会社の利益追求要望が強く、両手取引になりがちです。

それが「高く早く売る」ために足枷だと見える場合には、片手取引なのか両手取引なのか確認してみることをおすすめします。

③担当者の力量や対応、本気度を確認する

会社選びと同様、担当者の力量、本気度や対応によって、「高く、早く」の結果は大きく変わってきます。

不動産会社選びと同時に、担当者の力量や対応、本気度、相性もチェックしてみてください。

【高く早く安心】東京・神奈川・千葉・埼玉不動産売却ミライアスの特徴

ミライアス

ではここからは、おすすめの不動産売却専門会社「ミライアス」を紹介します。

「ミライアス」には大手と中小の両方の良さを兼ね備えた特徴があります。

①「100%宅建士」保有 豊富な実績と売却力を持つ「プロエージェント」が担当

・売却価格・期間・安全の全てを追求する販売戦略により、不動産売却価値を最大化
・売出乖離率4.5%、平均成約日数33日のスピード成約を実現

※売出乖離率は成約価格÷売出価格の割合です。売出乖離率・平均制約日数は2019年12月現在、当社実績によるものです。
※平均成約日数は、媒介契約締結後、売出開始から成約日までの日数によります。

また、東京、神奈川、千葉、埼玉に特化しており、地域情報にも精通しています。

②100%ご依頼者の立場に立った仕組み「360˚VR&囲い込み無」で早く売却することを実現

・全ての買主が見ることができる「360˚VR」でアプローチ
・どのような取引形態であっても、当社の手数料は1つの取引につき合計「片手分」だけ

囲い込みの必要がないため、より良い条件での売却先を探せるのが特徴です。

③最大広告量で購入希望者に幅広くアプローチ

・多彩なチャネルを通じて、幅広く不動産ご購入者様に物件情報を紹介
・売却専門会社とは異なり、自社でも購入者募集するため、詳細な効果測定が可能
・囲い込みはせず、広告制限を設けないため、高く早く売却することが期待できる

最大広告量で購入希望者に幅広くアプローチすることで、マッチング機会の最大化を実現。

その「ミライアス」の詳細はこちらのウェブサイトから確認することが出来ます。

「ミライアス」のウェブサイトを見る

【高く早く安心】東京・神奈川・千葉・埼玉不動産売却ミライアスの口コミ

口コミ

ミライアスの口コミを紹介します。

4ヶ月売れなかったマンションが1週間で売却できました。売り方が変わることでここまで結果が変わるとは思いましせんでした。

マンション売却 A様

問い合わせ件数を多くするための窓口の広さが違います。透明性ある取引で他社で売れなかったマンション売却を実現できました。

マンション売却 M様

仕組み・手数料・担当者、全てに満足。高く早く売る提案力と結果が違います。安心してお任せすることが出来ました。

土地売却 M様

その「ミライアス」の詳細はこちらのウェブサイトから確認することが出来ます。

「ミライアス」のウェブサイトを見る

不動産売買で危険な目に陥らないために

様々な不動産

今回紹介した不動産売却など不動産売買で危険な目に陥らないために。

様々な情報を収集し、よく学ぶよう、自ら動き行動していくことが重要です。

情報を比較して検討を進め、最適な方法を選ぶように行動していってみてください。

不動産売却

不動産売却を専門で取り扱う会社はたくさんあります。

その中から4件紹介します。

この中には「共有持分売却が得意な会社」もあります。

気になる会社には問い合わせを入れてみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました