売りにくい「再建築不可物件」も「高く」買い取る【ソクガイ.jp】

【不動産買取】とは?【不動産買取】のパターン・仕組み

不動産の価値

【不動産買取】とは何か

所有している不動産を売却する場合、仲介で不動産会社に依頼して売るのが一般的です。

その一方で、不動産買取もかなり利用されている売却手法です。

ではその「不動産買取」とは、いったいどんなものなのでしょうか。

主に次のような事情がある場合に利用されています。

・現金が急ぎ必要な場合
・時間を掛けて不動産の売却活動が出来ない事情がある
・売却を依頼中だが、なかなか売却できないで困っている
・早く確実に物件を売りたい
・所有物件を売ろうとしていることを周囲に知られたくない

こういった事情がある時に非常に便利な売却方法です。

【不動産買取】のパターン・仕組み

では、不動産買取の仕組みは具体的には一体どうなっているのでしょうか?

まず、不動産買取とは、不動産のプロである「不動産会社」による物件の買取サービスです。

次の二つのパターンがあります。

買取保証
・売却完了させたい期間にまだ少し余裕があり、少しでも高く売りたいという場合向け
・一定期間、通常の不動産売買仲介と同じように売却活動を実施
・売却活動期間中に買い手が見つからない場合、事前に約束した金額で不動産会社が買取る
即時買取
・すぐに不動産を売却したい場合向けのサービス
・不動産の売却活動を行わず、即座に不動産会社に物件を買取ってもらえる

物件を買い取った不動産会社は、リフォームなどを行い物件の価値をあげ、販売活動をしていきます。

この買取価格と販売価格の差分が、買い取った不動産会社の利益となります。

それでは続けて、不動産買取サービスを利用する場合のメリット・デメリットを見ていきましょう。

この記事を読み終えると【不動産買取】を利用するメリット・デメリットが理解できます。

【不動産買取】を利用する場合のメリット

メリットデメリット

メリット①短期で現金化できる

即時買取サービスを利用した場合、買取を行う不動産会社と交渉開始してから1週間程度で売買契約が成立、そこから数日で現金が振り込まれます。

このようにトータル10日間程度で決着することが大半です。

メリット②仲介手数料がかからない

直接不動産会社が買い取る場合、一般的に仲介手数料はかかりませんが、買取業者を仲介で紹介された場合には、仲介手数料がかかってしまうことがあります。

買取サービスを行ってくれる不動産会社は、出来るだけ直接見つけるのがおすすめです。

メリット③通常は現状買取のため瑕疵担保責任が問われない

通常、不動産を売却したときは売る側が瑕疵担保責任を負う必要があります。

ですが、プロの不動産会社が買い取る場合は、売る側の瑕疵担保責任は問われず、現状買取となります。

メリット④募集広告不要、内覧会も無いので、近隣に売却活動を知られないで済む

買い取る不動産会社との直接交渉となるため、一般向けの売却活動は必要ありません。

そのため、募集広告は行いませんし、当然ですが内覧会のような活動もしませんので、近隣の方に売却活動をしていることを知られることがありません。

【不動産買取】を利用する場合のデメリット

注意点

【不動産買取】のデメリット:安く買われてしまう

不動産買取では、相場の7〜8割程度の価格がつくことがほとんど。

安く買われてしまう理由は次の通りです。

不動産会社のコスト、利益を捻出するため
・不動産会社が行うリフォームやリノベーションコスト
・その後売却のために広告宣伝活動コスト
・買い取った不動産が売れるかどうかのリスクを見込んで
・適正な利益確保のため

不動産会社は確実に売り、利益を残すために、どうしても相場より安く買い取らなければなりません。

売る側としては、この点はある程度覚悟しておく必要があります。

デメリットはこれに尽きますが、逆に「他のデメリットは無い」とも言えます。

【不動産買取】と売買仲介との違い

【不動産買取】と売買仲介との違い

所有している不動産を売る場合、一般的には仲介を利用します。

そこで、不動産買取と売買仲介の違いをまとめてみました。

その違いは以下の通りです。

ここまで、不動産買取サービスのメリット・デメリット、売買仲介との違いなどを見てきました。

もし、不動産買取サービスの利用も検討しようということでしたら、一度専門の会社に問い合わせをして、自分の物件の場合ならばどうなのか、情報収集をしてみてはいかがでしょうか。

ここからは、通常の不動産物件買取サービスはもちろんのこと、普通なら売りにくい「再建築不可物件」も「高く」買い取る【ソクガイ.jp】を紹介します。

売りにくい再建築不可物件も高く買い取る【ソクガイ.jp】の特長

ソクガイ.jp

【ソクガイ.jp】の特長

ソクガイ.jpは、様々な訳あり物件の買取、再生のプロ集団です。

通常の不動産物件はもちろん、通常はなかなか売却しづらい「再建築不可」物件の買取も非常に得意です。

その「再建築物件」とは何か。

再建築不可物件とは
建物を壊して建て替えができない物件。
再建築ができない理由は、建築基準法第43条に抵触しているため。
建築基準法で認められている道路とは幅4m以上の道路。
再建築不可物件は、こうした道路に面していないことが多く、面していても道路に接する接道の幅員が2m以上なく「接道義務」を満たしていないため、再建築が認められない物件となります。

一般の不動産仲介会社に断られてしまうようなこのような不動産物件でも、高額買取が可能。

2000万円以下の小さな物件でも「収益化するノウハウ」があるため、他社よりも早く買い取ることが可能です。

※大きな物件は得意としていないため、1億円を超える物件は、買取をお断りする場合があります。

売りにくい再建築不可物件も高く買い取る【ソクガイ.jp】に問い合わせてみる

【ソクガイ.jp】の実績

  • 地銀&信金開拓、土地から探す新築アパート、賃貸併用住宅、地方での高稼働経営が強み
  • ゆうちょ銀行の取り扱う住宅ローンについては、日本43支店中、全国トップクラスの融資実績
  • ゆうちょ銀行の東京本社で扱っている「賃貸併用住宅 」案件の70%は当社の案件
  • 大手メガバンクから地方銀行、信用組合まで50行以上の金融機関との取引実績あり
  • 不動産購入を希望する投資家向けのセミナーに年間なんと1000名以上動員実績あり
  • 今までの不動産購入希望する方との個別相談人数 年間400名以上
  • 1年間で総額50億超えの物件購入をサポート
  • スタッフのほとんどが、不動産を数棟持つ不動産投資家である専門家集団

【ソクガイ.jp】では、他社で断られた小物件なども高額買取している実績があります。

悩んでいる物件があるようでしたら、一度相談してみてはいかがでしょうか。

売りにくい再建築不可物件も高く買い取る【ソクガイ.jp】に問い合わせてみる

不動産売買で危険な目に陥らないために:不動産売却、一括無料相談

売却

不動産売買で危険な目に陥らないために。

様々な情報を収集し、よく学ぶよう、自ら動き行動していくことが重要です。

ここまでで紹介したこと以外にも情報も収集して、比較検討を進め、最適な方法を選ぶように行動していってみてください。

不動産売却

この記事で紹介した以外でも、不動産売却方法についての情報収集を始めてみましょう

不動産売却を専門で取り扱う会社を紹介します。

この中には様々な不動産売却が得意な会社や、特定のエリアに強い会社もありますので、気になる会社には一度問い合わせしてみることをおすすめします。

詳しくは各記事の内容をご確認ください。

【不動産共有持分売却】処分は自由に出来るのか?売却方法、メリット、注意点(ソクガイ.jpの特徴、口コミ)

様々な不動産に対応【日本最大級の売却一括査定】リビンマッチの特長

【高く早く安心】東京・神奈川・千葉・埼玉不動産売却ミライアスの特徴

【マンション売却一括査定】店舗・利用者最大級マンションナビの特長

タイトルとURLをコピーしました