投資用物件の賃料は適正?【東急住宅リースの無料賃料査定】で確認を

【投資用不動産】管理会社への不満:急な空室への対応力、連絡連携

悩む

投資用不動産物件を所有しているオーナーが気掛かりに思っていること。

様々なことが気になっているかと思いますが、一番はずばり「空室対策」ではないでしょうか。

投資用不動産で空室が出てしまうと、途端に家賃収入が途絶え、利回り悪化に直結します。

空室が出たら、すぐに募集をかけて埋めたい。

管理会社の空室対策への期待は大きいと思います。

ですが実は、管理会社によって、急な空室への対応力、連絡連携力の差が意外とあるものなのです。

空室がなかなか埋まらないと、管理会社に対する大きな不満と不安に繋がっていきます。

もし空室対策に不安を感じるようなことがあったら、例えば対応が遅いなど管理会社や担当社の対応に不満があったら、投資用不動産の管理をこのまま今の会社に頼んでいても大丈夫なのかどうか、一度チェックして見直してみることも重要です。

【不動産投資】管理の重要性:管理会社や担当者次第で大きな違いに

【投資用不動産の管理】一番重要な空室対応力について

入居者募集

もし空室が出ても、1日でも早く空室が埋まれば、それだけ収支の悪化は防げます。

今、管理と空室募集をお願いしている管理会社。

空室が出た時のスピディーな空室募集対応に不安はないでしょうか?

客付け力に問題は無いでしょうか?

空室が出た場合の、次の入居までの平均所用期間について、問い合わせて確認してみることも重要です。

その期間に不満があるのであれば、他の管理会社に問い合わせて情報収集してみても良いでしょう。

【投資用不動産の管理】連絡連携のマメさも非常に重要

相談

また、空室以外でも、入居者による家賃の滞納があるとそれも収支に大きな影響が出ます。

家賃滞納に対する督促対応。

管理会社によるスピーディーな対応は当たり前のようで、実は管理会社や担当者によって対応力に結構な違いや差があったりするのが実態です。

トラブルがあった時の連絡連携、スピーディーかつ連絡が取りやすいでしょうか?

お願いしている管理会社、担当者の対応には問題無いでしょうか?

【不動産投資】管理の重要性:管理会社や担当者次第で大きな違いに

不動産の収益

不動産投資では、どういう物件を、どんな立地で、どんな価格で入手するか、資金計画はどうなのか、購入時が一番大事な部分です。

ですが、その時立てた収支計画も収益の見通しも、長期間の空室になったら計算が大きく狂ってしまいます。

またせっかく入居者がついていても、家賃の遅れなどがあれば、これも収支に影響が出てきます。

そのような予期せぬ空室募集やトラブル対応で頼りになるのが管理会社です。

不動産投資において安定した収益を上げていくためには管理が重要ですが、管理会社や担当者次第で、対応力に大きな差が出てきてしまいます。

不動産投資における管理会社の重要性は、いくら強調しても強調し過ぎだということはないでしょう。

【管理会社選び3つポイント】豊富な実績、管理体制、連絡の取りやすさ

チェックポイント

ではここで、不動産管理会社の選び方の重要なポイントを3つ、紹介します。

【管理会社選びのポイント①】豊富な実績

東京

管理会社選びポイント①は、管理実績が豊富かどうかということです。

自社の得意としているエリアでの管理戸数の多さはその証となります。

そして管理業務に取り組んできた期間の長さも証の一つです。

新しい管理会社の中でも、多くの管理物件を抱えている管理会社の場合には、それだけ営業力に長けている従業員が多い、オーナーからの信頼度が高い管理会社であることが予想できます。

また投資用物件の販売戸数が多い会社で管理戸数が多い場合、例えば都心のワンルームマンションに特化している会社などでは、管理が充実している会社も多く存在しています。

自社サイトで過去の公表している管理実績の数値や、入居率なども確認しておくと良いでしょう。

【管理会社選びのポイント②】充実した管理体制

賃貸管理

管理会社に、しっかりとした管理体制が整っているかどうかは非常に重要です。

賃貸経営には様々なトラブルがつきものです。

例えば、「夜遅くに給湯器が故障してお湯が出ない」というケースでは、営業時間外の連絡を受け付けが出来ると良いでしょう。

24時間のトラブル対応窓口がある管理会社でしたら、入居者も安心できるため、安定した需要や長期間の入居も期待できます。

【管理会社選びのポイント③】何かあった時の連絡の取りやすさ

実績

また、以下の管理体制が整っていることも重要です。

・オーナーに定期的な報告・連絡・相談がある
・オーナーごとに担当者がついて手厚いサポートがある
・滞納への督促をしっかり実施してくれる
・物件情報を社内で共有できている

購入した会社は上記の観点からみて大丈夫でしょうか。

担当者と連絡が取りやすいこと、マメに連絡がとれる体制にあることも重要です。

ここまで管理会社選びのポイントを3つ紹介しました。

自分の依頼している管理会社は大丈夫かどうか、この機会に改めて確認してみてはいかがでしょうか。

ここからは、今の管理会社にお悩みの方におすすめな管理会社、『東急住宅リース』を紹介していきます。

スピーディーな空室募集とトラブル対応に強い【東急住宅リース】の特長

管理戸数

実力と実績豊富な管理会社、『東急住宅リース』。

10万戸を超える管理実績の詳細を見てみましょう。

スピーディーな空室募集とトラブル対応に強い【東急住宅リース】の特長

東急住宅リース

特長①入居者募集に強い

「突然の転勤で自宅が空き家に。入居者は見つかるだろうか…」

東急住宅リース』の最大の強みが入居者募集に強い事。

不動産ポータルサイトへの掲載、また、不動産仲介会社への販促活動、グループ関連会社のネットワークを活用してスピーディーかつ納得の賃料での成約を実現させています。

その、入居者募集の取り組みの詳細については、以下のリンクから確認が出来ます。

東急住宅リース』の入居者募集の取り組みの詳細を確認する

特長②面倒なトラブルは全てお任せ可能

「賃料を滞納される」

「退去してくれない」

など入居者とのトラブル対応が心配…

そんな面倒なトラブルは全て『東急住宅リース』に任せることができます

安心 1 家賃滞納保証
入居者が賃料を滞納した場合でも、通常通り当社から賃料をお支払いします。
安心 2 明渡保証
明渡しができない場合、明渡しが完了するまで明渡し保証料をお支払いします。
安心 3 設備フリーメンテナンスサービス
オプション:設備の修繕を無料で対応します。※適用外となる場合もございます。

これらのサービスが『東急住宅リース』の大きな特長です。

その詳細は下記のリンクから確認が出来ます。

東急住宅リース』のトラブル対応サービスの詳細を確認する

投資用物件の賃料は適正?【東急住宅リースの無料賃料査定】で確認を

賃料

所有している投資用物件の賃料は適正でしょうか?

賃料見直しで収支が改善すれば、今後の投資戦略も変わってくる事でしょう。

東急住宅リース』では投資用マンションの賃貸経営全般をサポート。

まずは無料賃料査定から相談ができます。

東急住宅リース』の【無料賃料査定】で所有物件の適正賃料を一度確認をしてみてはいかがでしょうか。

その詳細は以下のリンクから確認が出来ます。

東急住宅リース』の【無料賃料査定】サービスの詳細を確認する

投資用不動産物件の売却も【東急住宅リース】東急グループの安心を

東急住宅リース

投資用不動産の売却にも強い【東急住宅リース】出口戦略も安心を

売却

投資用マンションを「貸す」べきか「売る」べきか決められない…

マンションを売却しようと検討する理由はオーナーによって様々です。

東急住宅リース』では、出来る限り詳細に、売却理由や退職の時期、資産背景なども含め、現在の状況や、将来のライフプランなどを確認し、それぞれのオーナーに最適で有効な売却や運用を提案してます。

一方で、オーナーの状況によって現状は売却をしないで保有を継続したほうが有効な場合もあります。

その場合でも更に賃貸管理会社の変更やローン借り換え、あわせて別のマンションを購入し物件組み替えをする。

いろいろな手法で収支改善を行うことが可能です。

東急住宅リース』では、オーナーの状況により、無理なく、気持ちや考え、将来に合わせた最適な提案をし、投資用マンションの賃貸経営全般をサポートしています。

投資用不動産の売却にも強い『東急住宅リース』で出口戦略も安心を。

東急住宅リース』の出口戦略の詳細は以下のリンクから確認が出来ます。

東急住宅リース』の出口戦略を確認する

東急不動産ホールディングスグループの総合力:様々なサービスをワンストップで提供

東急不動産ホールディングスグループ

東急不動産HLDグループ

東急住宅リース』は東急不動産ホールディングスグループ主要会社の一社。

各社との連携を図ることで、幅広いサービスをワンストップで提供しています。

東急住宅リース』詳細を確認する

タイトルとURLをコピーしました