【快適なマイホーム作りのために】家を買ってリノベーションのすすめ

【快適なマイホーム作りのために】家を買ってリノベーションのすすめ

リノベーション

リフォームとリノベーション。

どちらもよく聞く言葉ですが、具体的にどう違うのでしょうか。

リフォームとは、単に古くなった内装や、壊れた設備機器を修繕して、もとの状態に戻すことを指す言葉です。

いわばマイナス状態を元に戻すもの。

一方のリノベーションは、もう一歩踏み込んだ概念であり、住まいに新たな価値をプラスすること。

間取りの変更、キッチンや浴室といった水廻り設備の機能向上など、自由なデザインを施す事が含まれてきます。

リノベーションとは何か。

その具体的な定義は次の通りです。

リノベーションとは、中古住宅に対して、機能・価値の再生のための改修、その家での暮らし全体に対処した、包括的な改修を行うこと。
例えば、水・電気・ガスなどのライフラインや構造躯体の性能を必要に応じて更新・改修したり、ライフスタイルに合わせて間取りや内外装を刷新することで、快適な暮らしを実現する現代的な住まいに再生していきます。

リノベーション協議会ホームページより

新築より安く仕上がり購入出来る、通常の中古より綺麗で最新設備をもった住宅として人気がある、リノベーション物件

一般的にも、個人が自分の住まいを購入する場合のひとつの選択肢として広がりを見せており、よく知られるようになりました。

「家を買って・住んでる家を」リノベーションするメリットデメリット

都心

「家を買って・住んでる家を」リノベーションする場合のメリット、デメリット。

一般的にリノベーション対象になることが多いのは中古の物件です。

それも築年数の古さによって注意する観点が異なります。

築浅の中古物件(築5~10年程度)、築古の中古物件(築20年以上)それぞれについて見てみましょう。

「築浅の中古物件(築5~10年程度)のリノベーション」メリット・デメリット

メリットデメリット

築浅の中古物件(築5〜10年程度)のリノベーションのメリット・デメリットは次の通りです。

メリット
① 工事費用が安い
 工事範囲が部分的・表面的で大規模にならないケースが多い
② 工事期間が短い
 工事範囲が部分的なので、工事が短期間で済みます。
③ 完成後の住まいをイメージしやすい
 新築時の状態に戻すリフォームレベルで済むことも多く、大幅な間取り変更が少ない

デメリット
① 表面的な変更の場合、大きな変化がない
 表層的な内装の修繕や設備機器め変更の場合は、あまり大きな変化を感じにくい
② 住宅の強度・劣化などの本質的な状態確認や改善はできない
 一部分のみの改修になる場合、本質的な住宅の改善は行われない

まとめると、表面的、部分的な変化にとどまることが多いのがメリットにもデメリットにもなる、と言えるでしょう。

「築古物件(築20年以上)のリノベーション」メリット・デメリット

メリットデメリット

築古物件(築20年以上)をリノベーションする場合のメリット・デメリットはどんなものが挙げられるでしょうか。

メリット
① 自由な設計に取り組みやすい
 内装デザインや設備交換、水回りの場所や間取りの変更など

 自由な設計に取り組みやすい
② 大きなリノベーションで資産性が高くなる
 大きなリノベーションは築年数の経過とともに、

 下がる家の資産価値を高めることに繋がる
③ 物件の選択肢が増える
 希望するエリアで、希望通りの物件を探すのが難しい場合、

 リノベーションで作り変えることで、自分の望む物件と仕立てる事が可能になる

デメリット
① 高い工事費用
 フルリノベーションの場合、柱・梁だけの状態(スケルトン)にしてから、

 間取りや内装をつくり替えるため、工事費用は高くなる
② 長い工事期間
 大規模なリノベーションになるため工事期間は長くなる
③ 想定外の事態が起こりプラン変更も
 解体していく中で購入時には気づかなかった問題点が発覚することがある
 柱や配管の劣化、水回りの配置変更が解体後難しくなる、間取り変更ができないなど、
 プラン変更への備えも必要
⑤ 住宅ローン減税が受けられない場合も
 住宅ローン減税の条件にはマンションは築25年以内、木造戸建は築20年以内という

 条件がある

まとめると、古い物件は間取りなどが今の生活にマッチしていないことが多いため、勢い大きなリノベーションになる事が多く、自由に作れる良さと、高いコストや出来ない事もあるなど課題となることがあります。

特に重要なのがコスト面。

リノベーションは、新築マンション・新築戸建てと比べて費用面のメリットが大きい反面、高額であることは変わりません。

物件購入価格+リノベーション費用が必要になるなるため、リノベーションに適した物件選定と資金計画をしっかり立てる事が需要です。

ここからは、「中古の家を買って・住んでる家をリノベーション」を専門とするサービスの代表として、【ひかリノベ】を紹介していきます。

「中古の家を買って・住んでる家をリノベーション」ひかリノベの特長

ひかリノベ


中古の家を買って・住んでる家をリノベーション【ひかリノベ】では、

・「中古の家を買ってリノベーション」理想の暮らしを手の届く範囲で
・「住んでるお家のリノベーション」工事中の仮住まいまでワンストップ
・「新築建売を性能向上リノベーション」15年後を考えた住宅購入の形
・「リフォーム済みをさらにリフォーム」デザインリフォームで快適に

と、住宅の購入からリノベーションまで様々なパターンのリノベーションサービスをワンストップで提供しています。

ひかリノベ】は、新しい街さがしから、古くなった家の再生、今の家の「ちょっと惜しい」部分のの解決までをサポート。

「こうしたい!」がはっきりしている人はもちろん、なんとなく今の暮らしに違和感があるという人も、その「違和感」部分を探し当て「ちょうどいい暮らし」を叶えています。

「中古の家を買って・住んでる家をリノベーション」ひかリノベの特長は次のリンクから確認する事ができます。

「中古の家を買って・住んでる家をリノベーション」ひかリノベの特長を確認する

「中古の家を買ってリノベーション」理想の暮らしを手の届く範囲で

中古を買って

「中古の家を買ってリノベーション」。

かつては「家を買う」といえば新築が当たり前でした。

しかし、様々な価値観から、新築に限らず中古住宅市場も活発に動いている今では、新築を買わずに中古物件を購入し、賢い暮らしを実現している方も非常に多くなっています。

新築物件には「新築プレミアム」と呼ばれる「価格の上乗せ分」があり、入居した瞬間から資産価値はみるみる下落し、一般的には3年も経たずに3割ほど価格が下落するのが一般的です。

一方で中古に目を向ければ、同じ条件の物件が、新築の5~8割の価格で流通しており、築20年前後ともなると価格もかなり安定してきます。

それら中古物件の中には、立地面でも、駅の近くや好アクセスの物件が豊富にあります。

間取りや設備、内装についても、既製のものでは100%満足とはいきません。

立地が良く、手が届く価格の中古住宅を購入し、中身を自由に作り変える『リノベーション』は、マイホーム購入の賢い選択肢です。

従来の『リノベーション』は、まず物件を購入してから全部がスタートするのが一般的でした。

そのため入居まで半年以上の時間がかかるだけでなく、物件によっては建物構造や配管の関係で希望の工事ができないことも……。

ひかリノベ、物件探しとプラン作成を同時進行で行うことで、完成までの期間を大幅に短縮するとともに、プランどおりの工事が可能な物件を確実に選ぶことができます。

また物件購入の時点でリノベーション費用の概算がわかるため、住宅ローンにリノベーション費用を組み込んで借入することが可能です。

「中古の家を買ってリノベーション」ひかリノベの詳細を確認する

「住んでるお家のリノベーション」工事中の仮住まいまでワンストップ

住んでる家を

子供の成長や独立といった、暮らしの変化にともなう間取りの見直しや、古くなった内装外装・設備の刷新。

住み慣れた自宅を、新しいライフスタイルに合わせた形へと生まれ変わらせる。

それが「住んでるお家のリノベーション」。

居住中のお家のリノベーションは、工事中の生活がネックになりやすいもの。

住みながらの工事は思い切った解体工事ができず、プランに制約が生じがちです。

部分ごとに工事をすすめるため、時間も費用もよけいにかかります。

騒音や粉塵、業者の出入りなどがストレスになる場合もあります。

では工事中は仮住まいに移ろうといっても、短期で借りられる家を探すのはなかなか難しいのが現状です。

マンスリーマンションは単身向けがほとんど。

家族で住める短期賃貸物件は、一般の不動産会社ではなかなか見つからないでしょう。

ひかリノベでは、仮住まい専用の仲介会社と提携し、施工中の数ヶ月間を家族で住める短期賃貸物件を案内しています。

工事期間中の家財道具の預かり、不用品の処分、行き/帰りの引越しまで、すべてひかリノベがサポート。

リノベーション中も、生活への影響を最小限に抑えることが可能です。

ひかリノベには宅建士も、建築士も、住まいづくりのすべてのプロセスの専門家が在籍しています。

個別案件ごとに専属チームを結成し、家づくりの一部始終をサポート。

完全内製のチーム体制で、「要望が伝わらず、物件探しやリノベーションに反映されない」というトラブルを防いでいます。

「住んでるお家のリノベーション」ひかリノベの詳細を確認する

「新築建売を性能向上リノベーション」15年後を考えた住宅購入の形

新築を買って

マイホームの購入を思い立ったとき、まず不動産会社に足を運ぶのが一般的でしょう。

「不動産会社は住まいのことを何でも知っている」

そう考える方も多いのではないでしょうか。

ところが、不動産会社は不動産取引の専門家であり、建築や住宅設備については、必ずしも充分な知識を持っているとは限りません。

物件の購入後に何らかの不満を感じ、築後5年以内に住宅設備の追加等のリフォーム工事を実施したという住宅の比率は、5割を超えています。

(住宅リフォーム推進協議会「住宅リフォーム潜在需要者の意識と行動に関する調査」)

後付けのリフォームは、家計への負担も大きいもの。

当初の住宅ローン返済計画が崩れるというだけでなく、リフォームローンは金利も3%前後と割高。返済期間も最長10年と短く、月々の負担は大きくなります。

しかし、住宅購入と同時に必要なカスタマイズを行えば、住宅ローンにリフォーム費用も組み込むことが可能です。

住宅ローンは金利も1%前後と割安で、返済期間も最長35年と長期に亘るため、月々の支払いを抑えることができます。

ひかリノベのライフスタイルコーディネーターは、リフォーム・リノベーションの豊富な経験を活かし、希望と予算を組み合わせた理想の家づくりをサポートしています。

エリアやその他の条件にマッチした物件の提案、内装外装/水廻り設備/カーポート/テラス/太陽光発電や蓄電池等のリフォームの提案、無理・無駄のない資金計画まで、一貫してサポートしています。

この一貫体制が、「要望が伝わらず物件探しや工事に反映されない」というトラブルを防ぎます。

「新築建売を性能向上リノベーション」15年後を考えた住宅購入の形。

ひかリノベの詳細は下記のリンクから確認することが可能です。

「新築建売を性能向上リノベーション」ひかリノベの詳細を確認する

「リフォーム済みをさらにリフォーム」デザインリフォームで快適に

リフォーム済みを

「中は新築同様です」と勧められる、リフォーム済み中古マンションや中古戸建住宅。

たしかに見た目は綺麗ですが、目に見えない部分の状態はどうでしょうか?

実はこうしたリフォーム済物件の多くが、内装外装の表面的なリフォームを施しただけで、壁や床の中を通っている配管は古いまま、水廻り設備はクリーニングのみ、という状態で売られています。

リフォーム済みと謳っていても、そういう状態の物件が多いため、購入者も100%満足という方は少ないのが実態です。

中古物件を購入した方の半数以上が、5年以内にリフォームを実施しています。

(住宅リフォーム推進協議会「住宅リフォーム実例調査」)

後付けのリフォームは、家計への負担も大きいもの。

当初の資金計画が崩れるというだけでなく、リフォームローンは金利も割高で返済期間も短く、月々の負担は大きくなりがちです。

しかし、購入と同時にリフォームを行えば、その費用も住宅ローンに組み込むことが可能です。

住宅ローンは金利も1%前後、返済期間も最長35年と長期に亘るため、月々の負担額を抑えることができます。

またリフォーム済の再販売物件は、施工箇所の工事保証や入居後のケアについて、責任の所在が不明確な点も多くあり、購入者にとっては不安な側面も多々あったりしています。

ひかリノベでは、工事保証や定期点検といったアフターサポートも万全。

ひかリノベのライフスタイルコーディネーターは、リフォーム・リノベーションの豊富な経験を活かし、希望と予算、物件の状態を組み合わせて家づくりをサポートしています。

物件の紹介、リフォームの提案、ローンの案内まで一貫して担当。

この一貫体制が、「要望が伝わらず物件探しやリフォームに反映されない」というトラブルを防ぎます。

「リフォーム済みをさらにリフォーム」ひかリノベの詳細を確認する

【快適なマイホーム作りのために】無料資料請求や問合せから始めよう

ここまでひかリノベの紹介を通じて家探しからリノベーション設計・施工まで「中古を買ってリノベーション」の全てのプロセスの注意点を伝えてきました。

ひかリノベはリノベーションに関する様々なサービスを一貫して提供するリノベーション会社です。

ライフスタイルや要望に合わせて、条件の合う中古マンションや中古戸建を紹介し、間取り・内装・設備機器などを一新して提供する、請負型リノベーションを展開しています。

快適なマイホーム作りのために。

ひかリノベへの無料資料請求や問合せから始めてみてはいかがでしょうか。

「ひかリノベ」へ無料資料請求や問い合わせを始めてみる

タイトルとURLをコピーしました