【ワンルームマンション投資初心者セミナー】基礎勉強で失敗を避けよう

【ワンルームマンション投資初心者セミナー】基礎勉強で失敗を避けよう

オンラインセミナー

資産運用方法は様々

稼ぐために、稼いだお金の資産運用のために使える投資方法は様々あります。

・ビジネス投資(広義では株式の一種と言ってもいい)
・株、FX、仮想通貨など金融商品
・国内不動産、海外不動産
・金、宝石など貴金属・宝飾類
・アンティークコイン、骨董品など
・美術品、絵画、楽器

・ヴィンテージカー
・高級腕時計
・ヴィンテージワイン、ウィスキー

代表的な手法はこのくらいでしょうか。

投資を通じて収益が上がるようになれば、今度はいかに手元に資産を残せるようにするかが重要になります。

そのためには節税への目配せも欠かせません。

不動産投資へ取り組むハードルが高いのは事実だが、確実性が高い手法

株、FX、仮想通貨など金融商品に比べて、不動産投資のハードルが高いのは事実です。

・初期費用がかかる
・社会的属性が要求される
・投資から回収するまでの期間が長い
・金融商品に比べてある程度の専門知識が必須

金融商品系は比較的始めやすく、簡単に大きく儲かる可能性も一番高いのですが、逆に簡単に大きな損失の可能性も一番高い手法です。

ハイリスクハイリターンで、こうすれば必ず大きく成功する、と言える方法は残念ながらありません。

この中でも不動産投資は、安定して儲かる可能性が一番高く、社会的属性があれば始めやすいことが特質です。

慎重に学び、取り組めば成功を追求しやすく、軌道に乗れば一番バランスのいい副業だと言えます。

不動産投資の基礎知識を学ぶことが最初のステップ

何となく気づいていても、後回しにしがちなお金の知識。

その中でも不動産投資ははなから敬遠している方も多いでしょう。

ですが、不動産投資自体のやり方や、リスクを減らす方法、成功要素を増やすための工夫を知っているかどうかで、資産運用の中で大きな違いが生まれてきます。

不動産投資初心者にとっては、基礎知識を学ぶことが最初のステップとなります。

そんな際に取り組みやすいのは「初心者向けの投資セミナー」でしょう。

ここでは、年間で2,000回以上のセミナーを実施しており、不動産投資業界で屈指のセミナー開催数を誇る「アットセミナー」を紹介します。

まずはこういった「初心者向け投資セミナー」で基礎知識を学ぶことから始めてみてはいかがでしょうか。

【マンション投資の勉強】初心者向き「アットセミナー」の特徴

アットセミナー

アットセミナー」は、お金の知識に特化したマネーセミナーを全国各地で毎月約100 回ほど開催しており、多くの方がお金の知識を学んでいます。

そのセミナー回数は年間で2,000回以上。

現在はオンラインで開催しており、不動産投資業界でも屈指のセミナー開催数を誇ります。

これまでセミナー申込者は12,000人以上。

参加者の満足度は94%を超え、多くの方にその実績を高く評価をされています。

・不動産投資や資産運用についての様々なセミナーを開催
・不動産会社のセミナーやFPのセミナーが選べる
・全国各地で年間2,000回開催
・参加者の満足度94%
・セミナー参加者にはスイーツをご用意
・「商品券2,000円」をプレゼント

『アットセミナー』のセミナー情報を見る 

【マンション投資の勉強】初心者向き「アットセミナー」の口コミ

女性、勉強

わかりやすかった
[ 30歳からのお金の教養~ココロがオドル120%の未来設計図をあなたに~※女性限定 ]
講師のお人柄が良かったこともあり、初心者でもわかりやすくてよかったです。また、実際の実践者のお話を聞くことができたので、具体的に実際も始めやすいと感じました。もっとお話を聞きたいと思うくらいあっという間の時間でした。

参考になりました
[ その物件価格は適正?相場の調べ方、セカンドオピニオンが全部ばらします ]
不動産投資においてセカンドオピニオンのサービスが受けられるとは非常にありがたいと思います。どんな会社からどんな物件を紹介されているか確認していただき、適切なアドバイスを受けることができました。
実際買おうとしていた物件が相場よりも数百万高いといったこともあるため、一度受けてみる価値はあると思います。

不動産投資セミナーならこれ!
[ 脱・雇われ脳!CRAZYマネー2020〜狂うほど働く会社員に贈る資産形成のStart UP戦略〜 ]

不動産投資に関して丁寧に教えて頂いたのでとても理解が深まりました。不動産投資は元手資金がたくさんないとハードルが高いのではないかというイメージがありましたが、適正な融資を勝ち取れば小資金でも始められるという事が分かりました。メリット・デメリットもしっかり教えて頂いて満足しています。一般に不動産投資で語られる内容でしたが、これは初めて聞いたという事も含まれていて勉強になりました。講師の方はファイナンシャルプランナーという事もあって、そっちの側面からのアプローチもあって非常にイメージしやすい内容だったと思います。最後におっしゃられた3つのまとめも的を得ていて、これから不動産投資を始めるにあたっての指針となるべき事項だったと思いました。

『アットセミナー』のセミナー情報を見る 

補足1【中古ワンルームマンション投資】売主が大半の構造を理解する

マンション

投資用ワンルームマンションを販売する不動産会社の9割以上は売主

不動産投資の王道「中古ワンルームマンション投資」。

特に東京を中心とした首都圏都市部を中心に、売れている物件数も最多で、購入者もダントツに多く、当然多くの不動産会社が販売に関与しています。

その「中古ワンルームマンション投資」では、「仲介手数料無し」の「売主」として販売している会社が大半です。

中古ワンルーム マンションを物件供給元の不動産会社から、仲介で「買取」。

一旦自社所有して一般の投資家に「転売」しています。

その際、一般的には物件価格の20%近く利益を上乗せして販売しています。

ほぼ9割以上の中古ワンルームマンション販売会社は、この「買取転売」形態で物件販売をしています。

売主物件のメリット、デメリットを知る

メリットデメリット

売主で販売する会社から購入する場合のメリット、魅力

売主で販売する会社から購入する場合のメリット、魅力とは一体どんなものなのでしょうか。

それは、本業で忙しいサラリーマン投資家、特に初心者にはその手軽さと簡単さがメリットであり魅力です。

売主の中古ワンルームマンション販売会社は、家電で言うところの、いわば「量販店」的な立ち位置で、物件供給元の不動産会社の仲介物件を安定的に大量に仕入れています。

そのため、不動産投資家が利用する場合、一般的には、

・豊富な物件情報を持っていて選択肢が豊富
・物件の見極めもしっかりしていて商品価値は高い状態で供給
・瑕疵担保責任を負い、プラス@の保証も付いていることも多い
・金融機関とのパイプも太く金融機関探しを任せられる
・管理運営までワンストップで任せる事ができる手離れの良さ

があります。

売主で販売する会社から購入する場合のデメリット

ではデメリットはなんでしょうか?

それは「物件価格が相場より2割ほど割高になってしまうこと」、これに尽きます。

不動産投資家にとって「上乗せされた2割の価格」の分、どうしても購入コスト的に不利な状況になります。

そしてこのことが「賃貸経営」を続けていくのに、決定的な不利な要因になりかねません。

不動産投資家としては、

・物件を供給している不動産会社を一つ一つ探し
・一つ一つの物件を調べて、それぞれ自分で価格を調べて
・物件の状態を目利きをして交渉を行い
・自ら金融機関を開拓し
・その結果仲介手数料を支払って購入
・そして、管理会社も自分で見つけて管理運営と空室時には募集を委託する

のが、金額的には一番お得な行動になります。

とは言え、これを全部自分一人でやろうとするとだいぶ大変ではあります。

【新築ワンルームマンション】よほど有利な事情がある場合以外避けましょう

注意

ここで「新築のワンルームマンション」についても触れておきます。

新築物件には、分譲会社の利益が更に上乗せされている事などから、いわゆる「新築プレミアム」と呼ばれる割高な価格で販売されているため、購入後3年も経たないうちに、価格が2〜3割も下落します。

大抵は買った年から赤字経営となりますし、この先相当な長期間、それこそローンをある程度払いきってから売却するなどでないと、満足な利益は出しにくいでしょう。

キャッシュリッチである、高収入で節税ニーズがとても高いなどでない限り、新築ワンルームマンションの購入は避けた方が賢明です。

もっと言えば、一般サラリーマンにとってワンルームマンション不動産投資の「失敗」に一番直結しやすいのが、新築ワンルームマンション投資です。

詳しくはこちらの記事でも解説しましたので、併せて読んでみてください。

【新築区分マンション投資】初心者サラリーマン投資家にオススメしない理由

補足2【中古マンション投資は売主より仲介】投資総額を抑え利益UPを

価格

買取転売の売主物件と通常の仲介物件 どちらが優位か比較

さて、ここで具体的に買取転売の売主物件と通常の仲介物件を比較してみましょう。

まず、同じ物件でも買取転売の売主物件の販売価格には、一般的に2割近く利益が乗せられていることを前提として比較してみます。

中古ワンルームマンションの例買取転売の売主物件物件供給元の不動産会社の仲介物件
価格2000万円1600万円
金利2%2%
返済期間35年35年
返済総額2772万円2226万円
家賃7万円7万円
毎月の返済額-6万6000円-5万3000円
管理費、修繕積立金(持ち出し分)-1万円-1万円
月間収支-6000円7000円

買取転売の売主物件の販売価格で買う方は、月々の収支がマイナスとなりました。

買取転売の売主物件で、不動産投資の一般的メリットが強調される理由

不動産投資の一般的なメリットとしては、私的年金、節税、資産運用、など様々あります。

買取転売の売主物件では、不動産投資の一般的メリット、特に、
・ローンが払い終われば老後の生活費になる
・キャッシュフローはマイナスでも税金が還付される

という私的年金、節税面が強調されがちです。

私的年金、節税面が強調されがちです。

というのも、買取転売の場合、物件販売価格は相場より割高であることがほとんど

そのため、毎月の収支は上記の例のようにマイナスになりがちで、アピールできるポイントが、「私的年金や節税面に集中せざるを得ない事情」があるからです。

不動産投資で本来一番大事にすべきことは何か

価格

不動産投資で本来一番大事にすべきことは何か。

それは、投資であるからには「収支が良好である」こと、つまり「利益の最大化」です。

投下した資金に対してどれだけのリターンがあるかが最も重要で、リターンに最大の影響を及ぼすものは物件価格賃料です。

つまり、物件価格、賃料、そしてその二つから算出される利回りが最優先されるべきでしょう。

割高物件を購入しないために欠かせない知識があるとすれば、当然それは物件価格と賃料の相場です。

物件価格と賃料の相場を知る事こそが適正価格で物件を購入する近道になります。

中古ワンルームマンション投資で成功するためには【仲介>売主】

成功と失敗

このように、不動産投資で成功するには、物件を相場で、あるいは相場よりも少しでも安く購入することが最も重要です。

売主と買主の媒介である仲介では、双方の折り合いがつく物件価格に落ち着きます。

仲介で物件を探すことが適正な物件価格での購入に繋がりやすく、「不動産投資のリスクを減らす」ことにも繋がります。

補足3【ワンルーム投資以外の不動産投資】より深い投資理解のために

不動産運用

サラリーマンの副業が推奨されている昨今。今後その副業推奨の流れが止まることはなく、むしろ加速する一方でしょう。

勤めている会社や組織に依存しすぎず、自分の足で立つ基盤作りが、誰にとっても望まれている世の中。

そんな中で有力な副業の選択肢の一つが「不動産投資」です。

サラリーマンが不動産投資で危険な目に陥らないために。

様々な情報を収集し、よく学ぶよう、自ら動き行動していくことが重要です。

ここからはワンルームマンション投資以外の不動産投資について紹介します。

これらについても知っておくことで、ワンルームマンション投資をより深く理解することにも繋がることでしょう。

アパート投資、土地活用

アパート投資。

取り扱う会社はたくさんあります。

まずは気になる会社の資料請求から情報収集を始めてみると良いでしょう。

一括不動産投資無料相談【Oh!Ya(オーヤ)】では、最大で12社の資料を一括で請求することができます。

詳細はこちらの記事から確認が可能です。

一括不動産投資無料相談【Oh!Ya(オーヤ)】の特徴、口コミ

また、土地を持っている、土地の購入からアパート建設を考えたいのであれば、土地活用サービスを取り扱う会社の資料請求から始めてみましょう。

その詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

築古戸建投資

築古戸建投資を行う場合は、SUUMOやアットホームといった一般的な検索サイト、楽待や健美家といった不動産投資ポータルサイト、そして地域の不動産会社などとコンタクトをとり、丹念に物件を探す行動が必要です。

そうして掘り出し物を見つけることに努力を注ぎ、個別性の高く、様々なリスクの隠れている物件情報を見極める目利き力を磨き上げていきましょう。

こちらの

【築古戸建不動産投資】サラリーマンが失敗を避けるための3つのポイント

を参考にしてみてください。

新築戸建投資

次いで新築戸建です。新築戸建投資物件を専門で取り扱っている会社はそんなに多くはありません。安く建築できるハウスメーカーを探し、問い合わせしてみると良いでしょう。

専門で投資用新築戸建を取り扱う会社には飯田グループホールディングス一建設(はじめけんせつ)があります。こういった専門的に扱っているハウスメーカーにも一度問い合わせてみてもいいでしょう。

マンション、アパート、戸建以外の不動産投資

不動産投資にはワンルームマンション、アパート、戸建投資以外にも様々な手法があります。

金額は大きくなりますが、中古マンション一棟投資や、アメリカ不動産投資など。

また小さな金額では小口不動産投資もあります。

その詳細はこちらの記事を参考にしてみてください。

圧倒的な利回り【武蔵コーポレーション】(中古一棟不動産)の特徴、口コミ

収益&節税が可能なアメリカ不動産投資『オープンハウス』の特徴

小口不動産投資一覧

タイトルとURLをコピーしました