【新築戸建賃貸投資】強い入居者ニーズ高い競争力・メリットと注意点

【戸建投資】初心者にオススメの理由、新築、築古、空き家の3種類

戸建

【戸建投資】不動産投資の中でもまだ少ない手法

戸建投資。

不動産投資でメジャーなワンルームマンション投資、アパート投資。

これらに比べたら不動産投資の中では取り組んでいる人が少ない手法です。

実はそれらに比べて、戸建投資は非常に有利な点があり、特に「不動産投資初心者にはオススメの手法」です。

ますは戸建投資の中にも種類がありますので整理してみます。

なぜ戸建投資が「不動産投資初心者にオススメの手法」だと言うのか

なぜ戸建投資が「不動産投資初心者にオススメの手法」だと私が言うのか。

それは、私自身、最初の不動産投資が「戸建不動産投資」であり、現在も複数の戸建不動産投資物件を所有し、運用してきていること、そして実際に投資運用を行ってみて、その入居者募集時の競争力の高さ、入居者の安定性、そして収益性の高さを身に沁みて知っているからです。

この記事を読み終えると戸建不動産投資への理解が深まり、

「戸建不動産投資」という選択が、不動産投資に取り組む方針として優位であることがわかります。

そして「不動産投資」とは何なのかも、もっと知りたくなります。

戸建投資の種類①新築戸建賃貸投資について

一建設リープルファイン

まず、新築戸建賃貸について。

まず、新築戸建賃貸物件は、賃貸マーケットにおいてはあまり目にしません

・価格は1500万円〜4000万円
・賃料10万円〜15万円
・利回り6%〜12%

このように見ると、新築系の投資としてはかなり利回りが良い方です。

新築ワンルームマンションが3〜4%程度、新築アパートで5%〜9%程度。

同じ新築投資であれば、戸建の優位性が高いと言えます。

しかし、この新築戸建投資は、収益や賃貸マーケットでの競争力、そして分譲物件との競争を考えると、成立できる場所は限定されがちで、どこでも成り立つ訳ではありません。

難易度は高めの投資手法です。

初心者がいきなり一から取り組むのは難しいかもしれませんが、実績と経験が豊富で信頼できるパートナーを見つけることができれば、非常に有力な選択肢の一つになります。

また、他の新築物件投資を考えるのであれば、優位性を比較検討する価値は非常に高いと言えます。

戸建投資の種類③築古戸建賃貸投資について

丘の街並み

「築古戸建賃貸投資」とは、以下のような物件です。

・築20年以上〜築50年未満
・リフォームして綺麗な仕上げが可能
・郊外
・価格は300万円〜800万円
・賃料5万円〜8万円
・利回り10%〜15%

初心者が取り組むには一番オススメできる手法で、私自身はこのタイプの物件から始めています。

「築古戸建不動産投資」についての詳しく解説した記事がありますので、併せて参照してみてください。

【築古戸建不動産投資】サラリーマンが失敗を避けるための3つのポイント

戸建投資の種類③空き家戸建賃貸投資について

空き家

「空き家戸建賃貸投資」とは、以下のような物件です。

・築40年以上
・内外装に大きな手入れが必要 200万円〜300万円以上かけて再生も
・郊外、結構な郊外
・価格は10万円〜200万円
・賃料4〜5万円
・利回り 上手くできれば15%〜20%以上も

この手法は、物件価格が安く、利回りが高いのが最大のメリットですが、立地の難しさから最終処分に困ること、再生に関するコストは知見がないと目利きが難しい、家賃の安さもあり入居者の属性が低いと管理運用に手間がかかることもありうる、など、相当難易度の高い手法です。

初心者には荷が重い投資手法だと思いますが、実績と経験が豊富で信頼できるパートナーを見つけることができれば、有力な選択肢の一つになります。

「空き家再生不動産投資」について詳しく解説した記事がありますので、併せて参照してみてください。

【利回り高く激安】空き家再生不動産投資のメリット、社会的意義、注意点(株式会社ベルの特徴、口コミ)

【新築戸建賃貸のメリット】入居者ニーズの強さ、高い競争力と安定性

一建設リープルファイン

【戸建賃貸】入居者ニーズの強さ

戸建はそもそも「望ましい住宅の形態」として圧倒的人気を誇ります。

理由は、

・十分な広さの確保
・設備仕様の充実
・隣家が気にならない独立性
・地震や火災に対して安心

できるからです。

【戸建賃貸】需要に対する供給不足

ですが、新築賃貸戸建は、新築賃貸物件供給戸数のうち、わずか2%しかありません。

一方で、入居者からの戸建ニーズは70%超

戸建ニーズ

このように、需要と供給のバランスがまったくとれていないのが実情です。

社会に必要とされる戸建。

昨今の社会情勢を考えると、

・住み替え願望
・長期かつ高額な住宅ローンを抱えるリスク
・転勤の可能性
・高まる雇用流動性による転職の可能性

を考えると、戸建賃貸の社会的必要性、重要性がより高くなってきていると言えるでしょう。

【新築戸建賃貸のメリット】入居者ニーズの強さ、高い競争力と安定性

新築戸建賃貸には、大きなアドバンテージがあります。

・戸建賃貸に対する入居者ニーズの強さ
・需要に対する供給不足
・そして新築のファミリータイプである希少性とメリット

これらの理由から、高属性の入居者を確保しやすく、一度確保をすると、比較的長く入居し続けてくれる可能性が高い。

その高い競争力と安定性は、賃貸経営において非常に有利な条件となることでしょう。

【新築戸建賃貸の注意点】エリア選定と賃料、分譲と競争して勝てるか

メリットデメリット

【新築戸建賃貸の注意点】エリア選定と賃料、アパートと競争して勝てるか

新築戸建賃貸の注意点。

それは、家賃が高めの設定になったとき、周辺物件に対しての競争力を保つことができるのか?、この点に尽きます。

まずは近隣の新築アパートとの比較をしてみましょう。

広さや騒音や匂いの問題、駐車場など、物件としての優位性は圧倒的に新築戸建にあります

一方で、賃料においては大きな差が出てきます。

郊外で新築戸建の賃料が12万円の場合、アパートですと駐車場代入れて8万円〜9万円程度。

だいたいこのくらいの差がつくでしょうか。

賃料をもう少し落としても成り立つ計画で取り組み始めることが必要でしょう。

【新築戸建賃貸の注意点】エリア選定と賃料、分譲と競争して勝てるか

そして、一番の競合は「新築分譲戸建」そして「新築分譲マンション」になるでしょう。

3000万円程度の分譲物件で35年ローンを組めば、月々8万円程度の支払いでやっていけます。

特に物件スペックでみると、分譲マンションとの比較も厄介ですし、分譲戸建と比較になるとスペック的に劣ってくる面は否めないでしょう。

一方で、昨今の雇用不安やコロナ禍などの社会情勢は「不動産を持つリスク」を炙り出してもいます。

今後の社会情勢を想像すると、戸建賃貸の優位性は高まる一方と言えるのではないでしょうか。

ここからは、

新築戸建賃貸投資物件を供給している「一建設」(はじめけんせつ)を紹介します。

新築戸建賃貸投資を考えている方には非常にオススメの会社です。

【新築戸建】ローリスクミドルリターンの投資手法「一建設」の特長

一建設

【新築戸建】ローリスクミドルリターンの投資手法「一建設」の特長

新築戸建不動産投資【一建設】は、新築戸建投資専門で物件を供給している不動産投資会社です。

「オーナー、入居者により永く安心した生活を提供する」をモットーにローリスク・ミドルリターンの投資戸建「リーブルファイン」シリーズを展開。

飯田グループホールディングスの中核企業として実績を積み重ねてきています。

創業52年が経ち、全国130の営業所・展示場、年間分譲住宅供給10,000棟を超えるまでに成長しました。

飯田グループ2018年3月期は、売上収益1兆3,353億円。

オーナーへは安定的な収益、入居者へは快適な生活を送ってもらうため、新築戸建に特化して提供しています。

また、屋根にソーラーパネルを搭載し、発電した電力を売電収入として確保できる、賃料と太陽光の「W収入」により、安定した賃貸経営をサポート。

戸建賃貸は高い需要があるにもかかわらず供給はわずか2%~3%となっています。

希少価値のため高い入居率が望めます。

利回りは、土地がある場合で10%、土地購入からでも7.5%~8%となるよう商品開発を進めています。

戸建分譲1万棟の他社の追随を許さない圧倒的なスケールメリットにより、競争力のある建築コストを実現。

各部屋の設備も分譲住宅仕様の設備を導入。

軸組工法と枠組壁工法の長所を融合した「High-CUBE工法」により、建物の耐震・耐風性を向上。

住宅性能評価を全棟取得し、耐震、断熱など4項目で最高等級を取得。

これらの高品質を担保した上での競争力のある価格設定は、他社には真似のできない大きな強みとなっています。

新築戸建不動産投資【一建設】のウェブサイトを見る

新築戸建不動産投資【一建設】の投資メリット

飯田グループホールディングスの中核企業である一建設は、分譲住宅供給棟数全国トップクラス(年間10,000棟)。

その、大量の資材・設備を購入するスケールメリットによって建築コストを大幅に削減。

また、3棟以上同時着工により、さらに建築現場の経費を削減。

初期出費を抑え、「家賃+太陽光発電のダブル収入」と「高い節税対策」で中長期での安定経営を可能にしています。

その投資メリットは次の4点です。

1.安定収入
高需要低供給の戸建賃貸住宅。「賃料+太陽光」のW収入。
2.ローコスト・高品質
戸建分譲年間着工棟数1万棟のスケールメリットにより建築コストを抑制。分譲仕様の設備を採用。
3.低ランニングコスト
リーブルファインシリーズは、それぞれの住戸に専用庭を設けることで共用部分を最小限に。維持管理にかかるランニングコストを抑制。
4.節税
木造の為、建物の耐用年数が22年、太陽光設備は17年で減価償却が可能。

新築戸建不動産投資【一建設】の相談会に申し込む

【新築戸建】ローリスクミドルリターンの投資手法「一建設」の口コミ

戸建と青空

【新築戸建】ローリスクミドルリターンの投資手法「一建設」の口コミ

約物件 茨城県水戸市(1棟3戸) 投資家 Oさま 40代男性
不動産投資(戸建賃貸)をはじめたきっかけをお聞かせください。
以前より、区分ワンルームは何室か所有しておりました。私自身の賃貸経営を通じて、長くお住まいいただける良い住宅を提供していきたいという思いがあり、一般的な集合住宅とは異なる戸建タイプに関心を持ちお問合せさせていただいたのがきっかけです。
ご意見がございましたらお聞かせください。
今後も継続して物件の保有数を増やして行きたいと思っています。そのためにも、まずは賃貸物件の経営者としての実力をしっかりとつけていくことが必要だと考えています。賃貸ニーズの高い戸建賃貸であれば、経験を積むという上でも長期的に安定稼動が見込めるため、非常に強みになるなと感じています。私は、本業の傍ら、ユニセフや難民救済、子ども食堂や、人身売買をなくす運動などの社会貢献活動にも関心を持っています。賃貸物件の経営を通じてしっかりと資力を蓄えていくことで、こうした社会貢献活動により一層寄与していければと思っています。

契約物件 茨城県(2棟4戸) 土地持ちオーナー Wさま 60代男性
不動産投資(戸建賃貸)をはじめたきっかけをお聞かせください。

不動産投資を始めたきっかけは、先代からの相続による土地が有ったので、土地の有効活用と老後の資金確保のために始めた。 今回の計画地に関しては、築50年弱の貸家4棟が全て空き家となっており、今後の税金の負担や近隣住民への景観等を考慮して建替えを検討していたところ、一建設様のセミナーが開催されるということだったのでセミナーに参加した。メゾネットタイプ(戸建賃貸)での賃貸を行おうと考えたのは、アパートタイプの賃貸住宅が市場全体で非常に増えてきて飽和状態となっているので、他物件との差別化を図るため。
弊社物件へご契約を決めていただいた理由をお聞かせください。
一建設様以外の建築業者数社からも提案を受けましたが、一建設の提案は、賃貸物件であっても、分譲とほぼ同等の設備や仕様を備えており、且つ、耐震等級、断熱性能等級、劣化対策等級、維持管理等級の4項目において最高等級を取得していること。 また、太陽光発電設備もセットになっており、投資利回りを向上させていることを考慮して、契約を決めさせてもらった。

新築戸建不動産投資【一建設】の相談会に申し込む

新築戸建不動産投資【一建設】の不動産投資セミナー

圧倒的なスケールメリットと実績を元に、他社ではあまり手がけていない新築戸建不動産投資物件の供給を実現している「一建設」。

希少価値の高い新築戸建と太陽光も組み合わせた投資効率の良さは、他の投資手法では真似の出来ない特別な投資手法だと言えるでしょう。

もし少しでも興味があれば問い合わせてみてはいかがでしょうか。

以下のサイトから不動産投資セミナーへの申し込みが可能です。

新築戸建不動産投資【一建設】のセミナーに申し込む

【実践編】不動産投資初心者が危険な目に陥らないために

様々な不動産

サラリーマンの副業が推奨されている昨今。今後その副業推奨の流れが止まることはなく、むしろ加速する一方でしょう。

勤めている会社や組織に依存しすぎず、自分の足で立つ基盤作りが、誰にとっても望まれている世の中。

そんな中で有力な副業の選択肢の一つが「不動産投資」です。

サラリーマンが不動産投資で危険な目に陥らないために。

様々な情報を収集し、よく学ぶよう、自ら動き行動していくことが重要です。

新築戸建投資以外の投資物件情報も収集して、情報を比較検討し、最適な物件を選ぶように行動していってみてください。

法人設立を考えたら

法人設立を不動産投資より先にしようと考えるならば、

まずは、法人つくりの調査や手続きを知ることが必要です。

法人作りは時間と手間とお金がかかります。自分でやるのはとっても大変ですが、非常に勉強になるので、一度やってみるのもおすすめです。

もし、法人設立の方法をプロに相談したい、ということでしたら、こちらの法人設立相談サービス「シェアーズ」に一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

登記、開業届、社保、新規開業時の手続きならシェアーズ

また、税理士をお探しならこちらのサービス【税理士紹介ネットワーク(Tax-concierge)】もおすすめです。

税理士紹介ネットワークなら、経験豊富な税理士を紹介します!

不動産投資の情報収集を始めてみましょう

そして、さっそく不動産投資の情報収集を始めてみましょう

こちらも時間がかかることですので、大変ですが、並行して情報取集のアクションを開始しておきましょう。

中古区分マンション以外の物件を買うと、どういう税金や経費がかかり、収益がどのように残るのか。具体的に掴めると中古区分マンションの特質もより詳しく理解できるようになります。

「不動産投資」についての具体的な詳細は、この下のリンクや紹介記事から見ていくことができます。

マンション不動産投資

不動産投資の代表選手がワンルームマンション投資です。ワンルームマンション投資にはここまで紹介してきた中古マンション投資新築マンション投資があります。

それぞれにメリット・デメリットがあります。

その詳細は以下の記事も参考にしてみてください。

コラム記事【中古マンション】

マンション投資一覧

誰でもできる「リスクを減らせる中古マンション投資」3つのポイント

誰でもできる「リスクを減らせる新築マンション投資」3つのポイント

アパート投資、土地活用

アパート投資を取り扱う会社はたくさんあります。

まずは気になる会社の資料請求から情報収集を始めてみると良いでしょう。

一括不動産投資無料相談【Oh!Ya(オーヤ)】では、最大で12社の資料を一括で請求することができます。

詳細はこちらの記事から確認が可能です。

一括不動産投資無料相談【Oh!Ya(オーヤ)】の特徴、口コミ

また、土地を持っている、土地の購入からアパート建設を考えたいのであれば、土地活用サービスを取り扱う会社の資料請求から始めてみましょう。

その詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

マンション、アパート、戸建以外の不動産投資

不動産投資にはワンルームマンション、アパート、戸建投資以外にも様々な手法があります。

金額は大きくなりますが、中古マンション一棟投資や、アメリカ不動産投資など。

また小さな金額では小口不動産投資もあります。

その詳細はこちらの記事を参考にしてみてください。

圧倒的な利回り【武蔵コーポレーション】(中古一棟不動産)の特徴、口コミ

収益&節税が可能なアメリカ不動産投資『オープンハウス』の特徴

小口不動産投資一覧

タイトルとURLをコピーしました