【マンション売却一括査定】店舗・利用者最大級マンションナビの特長

【マンション売却】成功のためのコツ、大事なこと、気をつけること

売却

【マンション売却】成功のためのコツ、大事なこと、気をつけること

自分の不動産、マンションを売却する。

売るのであれば、少しでも高く、いい条件で売りたい。

そのためには、数ある不動産会社の中からどういった会社を選ぶのかが鍵を握ります

不動産会社に売却依頼をする際に気をつけるべきことは沢山ありますが、集約すると一般的には次の3つのポイントに絞られてきます。

①それぞれの不動産会社の得意ジャンルを見極めて選ぶ
②囲い込みのリスクを避ける
③相場から乖離した「見せかけの価格」ではなく「実際に売れそうな価格」を把握する

では順番に見ていきましょう。

【マンション売却成功のために】①不動産会社の得意ジャンルを見極めて選ぶ

不動産、マンション売却成功のためには、まずそれぞれの不動産会社の得意ジャンルを見極めて選ぶ必要があります。

「マンション売却に強い会社」
「投資物件の売却に強い会社」
「自宅の売却に強い会社」

など、不動産会社によって得意なジャンルが異なります。

単に大手の知名度や提示された査定価格だけで選んでしまうと、実際の取引を進めていく中で、結果的に想定よりも低い価格で取引が行われ、損をしてしまうケースも一般的にはよくある話です。

得意ジャンルに強い会社を選びましょう。

【マンション売却成功のために】②囲い込みのリスクを避ける

「囲い込み」とは?

マンション売却成功のために注意したい点の2つ目のポイント。

それは、囲い込み(かこいこみ)のリスクを避けることです。

囲い込みとは、売却依頼を受けた不動産を自社で抱え込み、他の不動産会社に紹介しないという問題です。

何故囲い込みを行う不動産会社がいるかというと、売主側の不動産会社だけで買主を見つけたほうが、売主、買主両方から仲介手数料が得られるというメリットがあるからです。

「囲い込み」で起こる問題

そのため、囲い込みを行う不動産会社に依頼してしまうと、高い金額で買いたいという買主Aが無視され、安い金額で買いたい買主Bしか受け付けてくれない場合があります。

例えば、売主側優先で動いてくれる不動産会社は、依頼主である売主の利益だけを追求すれば良い、つまり少しでも高く売ること、売主の意向を優先して行けば良い、となります。

一方、売主、買主両方から仲介手数料が得ることを優先する、両手仲介の不動産会社の場合。

自社で集客できた少ない買主から決めに行こうとする傾向があり、買主寄りに判断する力学も働くため、買主の意向に沿って売却価格を下げて決めに行こうとすることも、一般的にはよくある話です。

これはまさに「囲い込み」状態です。

囲い込みのリスクを避けるために「両手仲介」か「片手仲介」か確認する

必ずしも両手仲介が悪い訳ではありません。

ただ、囲い込み(かこいこみ)になってしまうリスクを避けるよう、不動産会社が買主両方から仲介手数料が得ること両手仲介なのか、売主から仲介手数料を得るだけでもいい片手仲介なのか確認して、売主の希望を優先してもらえるよう、依頼するようにしましょう。

【マンション売却成功のために】③相場から乖離した「見せかけの価格」ではなく「実際に売れそうな価格」を把握する

「見せかけの価格」が起こるケースとは?

例えば、5〜10社など、あまりに多くの不動産会社に査定をお願いすると「見せかけの価格」が多く含まれてしまうため、かえって売却しにくくなるケースがあります。

どういうことかと言うと、不動産会社からすると10社の中で勝ち残らないといけないため、なるべく高額な査定額をだそうと、根拠のない価格を掲示するケースがあります。

当然、その会社に依頼して売り出しても高すぎて売れないため、時間だけかかって機会損失が発生します。

マンション売却成功のために「実際に売れそうな価格」を把握することが重要

マンション売却成功のために注意したい点の3つ目のポイント。

それは、相場から乖離した「見せかけの価格」ではなく「実際に売れそうな価格」を把握することです。

このように「見せかけの価格」に振り回されないように、適正な価格を提案する不動産会社を見極めることがポイントです。

【マンション売却】成功のため「一括査定サービス」利用のすすめ

ウエブ活用

マンションを売却しようと考えたとき、既に信頼できる不動産会社がある、信頼できる担当者がいる、というのでしたら、まずはその方に依頼するので良いでしょう。

ですが、そういう不動産会社や担当者がいない場合、また、仮にいたとしても少しでも有利な条件と高い価格で販売したいと考えた時、新たな会社を探しにいくことになります。

ではいったい、具体的にどうやって数多ある不動産会社から選んだらいのでしょうか。

・マンション売却に強いプロを探したいが方法がわからない
・初めてのマンション売却で不安がある
・利用者満足度の高い会社に売却査定依頼をしてみたい

こういう場合、「一括査定サービス」の利用価値が高いでしょう。

【マンション売却】一括査定サービスはどこがいい?選び方のコツ

選ぶ

一括査定サービスは、これもまた数多存在していて、その数は50件以上にも登ります。

・専門サービス:イエシル、リビンマッチ、HOME4U、イエウール、マンションナビ、オウチーノ、マイスミEX、スモーラ、タウンライフ不動産売買、すまいValue等々
・検索サイト:at home、楽待等々
・他各不動産会社運営のサービス

ここから選択するのもなかなか骨の折れる作業です。

選び方のコツとしては一体どんなものがあるのでしょうか?

①利用対象店舗数が多いか
②実績が豊富か
③利用者の評価が高いか
④専門性が高いか
⑤自分の物件タイプ(マンション、戸建、土地等々)に強いか
⑥エリアに強いか
⑦個別対応に優れているか

これらに当てはまるサービスを探して利用してみましょう。

さてここからは、

①利用対象店舗数が多いか
②実績が豊富か
③利用者の評価が高いか
④専門性が高いか

⑤自分の物件タイプ(マンション)に強いか

に特に優れている、マンション売却専門の一括査定サービス「マンションナビ」を紹介します。

マンション売却査定を考えている方には非常にオススメサービスです。

【マンション売却一括査定】店舗・利用者最大級マンションナビの特長

・マンション売却査定部門で4冠達成
・中古マンション売却査定に特化
・マンションの売却・賃貸を考えている人向け
・全国2500店舗もの不動産仲介会社を紹介 店舗数最大級
・マッチングシステムでより高く売ってくれる不動産会社がみつかる
・60秒で最大9社から査定依頼完了
・累計利用者数は500万人突破 利用者数最大級

「おすすめのマンション売却」で4冠達成と、利用者から高い評価を得ています。

※調査会社:ゼネラルリサーチ株式会社
※調査対象:全国の20〜50代の男女
※調査名称:不動産(マンション)売却一括査定サイトに関するイメージ調査(2018年8月調べ n=111)
※調査期間:2018年8月調べ
※調査方法:WEB上のアンケート調査

マンション売却一括査定「マンションナビ」の詳細はこちらのウエブサイトから確認できます。

マンション売却一括査定「マンションナビ」のウエブサイトを見る

【マンション売却一括査定】マンションナビの口コミ

東京

マンション売却一括査定「マンションナビ」の口コミを紹介します。

東京都新宿区 Y様 41歳 男性
子どもが産まれ、ライフスタイルが変わり、駅から遠いことがネックになり売却検討。一括査定は時間が短縮できて効率が良く、このマンションに興味ある、または売ろうとしてくれる会社を探しやすい。

大阪府中央区 K様 38歳 男性
1~2日ですばやく連絡がきたので助かりました。不動産屋さんがどこにあり、どこがいいのか全くわからない状態だったので、不動産屋さんからアプローチしてくれるのは助かります。

神奈川県藤沢市 A様 35歳 女性
引越のため、現在のマンションを売却することを検討。1度に5社の不動産会社から査定をもらえて、客観的に売却金額を知ることができて良かったです。

埼玉県さいたま市 T様 58歳 男性
実際に不動産会社を一社、二社と回るのは大変で、多くの査定や資料を貰えるのがよい。各社の規模や実績も確認できるので安心できました。

マンション売却一括査定「マンションナビ」の詳細はこちらのウエブサイトから確認できます。

マンション売却一括査定「マンションナビ」のウエブサイトを見る

【実践編】不動産投資初心者が危険な目に陥らないために

様々な不動産

サラリーマンの副業が推奨されている昨今。今後その副業推奨の流れが止まることはなく、むしろ加速する一方でしょう。

勤めている会社や組織に依存しすぎず、自分の足で立つ基盤作りが、誰にとっても望まれている世の中。

そんな中で有力な副業の選択肢の一つが「不動産投資」です。

サラリーマンが不動産投資で危険な目に陥らないために。

様々な情報を収集し、よく学ぶよう、自ら動き行動していくことが重要です。

中古区分マンション投資以外の投資物件情報も収集して、情報を比較検討し、最適な物件を選ぶように行動していってみてください。

法人設立を考えたら

法人設立を不動産投資より先にしようと考えるならば、

まずは、法人つくりの調査や手続きを知ることが必要です。

法人作りは時間と手間とお金がかかります。自分でやるのはとっても大変ですが、非常に勉強になるので、一度やってみるのもおすすめです。

もし、法人設立の方法をプロに相談したい、ということでしたら、こちらの法人設立相談サービス「シェアーズ」に一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

登記、開業届、社保、新規開業時の手続きならシェアーズ

また、税理士をお探しならこちらのサービス【税理士紹介ネットワーク(Tax-concierge)】もおすすめです。

税理士紹介ネットワークなら、経験豊富な税理士を紹介します!

不動産投資の情報収集を始めてみましょう

そして、さっそく不動産投資の情報収集を始めてみましょう

こちらも時間がかかることですので、大変ですが、並行して情報取集のアクションを開始しておきましょう。

中古区分マンション以外の物件を買うと、どういう税金や経費がかかり、収益がどのように残るのか。具体的に掴めると中古区分マンションの特質もより詳しく理解できるようになります。

「不動産投資」についての具体的な詳細は、この下のリンクや紹介記事から見ていくことができます。

マンション不動産投資

不動産投資の代表選手がワンルームマンション投資です。ワンルームマンション投資にはここまで紹介してきた中古マンション投資新築マンション投資があります。

それぞれにメリット・デメリットがあります。

その詳細は以下の記事も参考にしてみてください。

コラム記事【中古マンション】

マンション投資一覧

誰でもできる「リスクを減らせる中古マンション投資」3つのポイント

誰でもできる「リスクを減らせる新築マンション投資」3つのポイント

アパート投資、土地活用

アパート投資を取り扱う会社はたくさんあります。

まずは気になる会社の資料請求から情報収集を始めてみると良いでしょう。

一括不動産投資無料相談【Oh!Ya(オーヤ)】では、最大で12社の資料を一括で請求することができます。

詳細はこちらの記事から確認が可能です。

一括不動産投資無料相談【Oh!Ya(オーヤ)】の特徴、口コミ

また、土地を持っている、土地の購入からアパート建設を考えたいのであれば、土地活用サービスを取り扱う会社の資料請求から始めてみましょう。

その詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

築古戸建投資

築古戸建投資を行う場合は、SUUMOやアットホームといった一般的な検索サイト、楽待や健美家といった不動産投資ポータルサイト、そして地域の不動産会社などとコンタクトをとり、丹念に物件を探す行動が必要です。

そうして掘り出し物を見つけることに努力を注ぎ、個別性の高く、様々なリスクの隠れている物件情報を見極める目利き力を磨き上げていきましょう。

こちらの

【築古戸建不動産投資】サラリーマンが失敗を避けるための3つのポイント

を参考にしてみてください。

新築戸建投資

次いで新築戸建です。新築戸建投資物件を専門で取り扱っている会社はそんなに多くはありません。安く建築できるハウスメーカーを探し、問い合わせしてみると良いでしょう。

専門で投資用新築戸建を取り扱う会社には飯田グループホールディングス一建設(はじめけんせつ)があります。こういった専門的に扱っているハウスメーカーにも一度問い合わせてみてもいいでしょう。

マンション、アパート、戸建以外の不動産投資

不動産投資にはワンルームマンション、アパート、戸建投資以外にも様々な手法があります。

金額は大きくなりますが、中古マンション一棟投資や、アメリカ不動産投資など。

また小さな金額では小口不動産投資もあります。

その詳細はこちらの記事を参考にしてみてください。

圧倒的な利回り【武蔵コーポレーション】(中古一棟不動産)の特徴、口コミ

収益&節税が可能なアメリカ不動産投資『オープンハウス』の特徴

小口不動産投資一覧

タイトルとURLをコピーしました