【解体工事一括見積もりサービス】解体工事に向けて安心で確実な対策

【解体工事が発生】どんな時に起きる?どんな対応が必要になるのか?

住宅街

戸建、アパート、マンションなど建物の解体工事。

普段生活している中ではあまり身近な話ではないと思います。

解体工事はいったいどんな時に発生するのでしょうか?

「空き家問題」の現状

まずは、最近世間を賑わせている「空き家問題」。

現在日本全体で、空き家数は過去最高の846万戸(平成30年住宅・土地統計調査)となり、全住宅に占める空き家の割合(空き家率)は13.55%を占めるようになりました。

そしてここ数年、一貫して空き家数は増え続けています。

改めて、住宅地を歩いてみると、意外と空き家があることに気付きます。

郊外や田舎に行けば、より多くの空き家を目にするのではないでしょうか。

空き家になる理由は様々でしょうが、少子高齢化で家から子供が出て行き、親が亡くなった後、誰も住まなくなった家だけ残されている。

そんなケースが多いのではないでしょうか。

そんな中で、政府や自治体も空き家活用を推進しています。

空き家投資といった話も聞くようになりましたが、一般的には空き家を処分することにした場合、そのまま売るか、古い家を解体して更地にして売却する、ということが行われているのではないでしょうか。

また、空き家を放置していると罰金対象になることもあります。

この対策として「解体工事」は有力な選択肢のひとつです。

空き家の解決策として「解体工事」をする場合、「どんな対応が必要なの?」

では、いざ解体工事をしようとする場合、どんな対応が必要になるのでしょうか?

多くの人にとっては初めてとなる「解体工事」。

具体的に何をどうやって進めたら良いの、何に注意すれば良いのでしょうか?

実際のところ、分からない事ばかりなので、途方にくれてしまうのではないでしょうか。

解体工事業者の探し方は?費用相場の掴み方は?一番の難題を解決する

解体工事

初めて解体工事に取り組もうと考えた時に、

「解体工事業者の探し方は?」

「工事費用の相場の掴み方は?」

「どこにどうやって相談したらいいのか?」

これが最初の、一番の難題になると思います。

そんな時にどうしたらいいのか?

何から始めたらいいのか?

そんな場合は、「解体工事一括見積もりサービス」を活用することから始めるのが、おすすめです。

【解体工事一括見積もりサービス】解体工事に向けて安心で確実な対策

【解体工事の情報収集】解体工事一括見積もりサービスを使ってみよう

調査

「解体工事」に取り組む場合の「情報収集」を始める前に。

まず、解体工事について調べておきたいことは次の事柄です。

  1. 解体工事の全体的な流れ
  2. 解体工事の申請や手続き(解体工事業者が行う申請内容)
  3. 施主が知っておくべきこと
  4. 解体業者の選び方
  5. 見積もり額の相場
  6. 解体工事についての知識、学び方、調べ方

見積もり額や業者の話を聞いても、その内容の良し悪しや目利き、判断がつかないかと思います。

そんな時、解体工事見積もりを一括で比較できる「解体工事一括見積もりサービス」は非常に頼りになる存在です。

様々な見積もりと知識や情報を一気に集めることができるので、上記の1.〜6.について比較検討する材料が集まり、対策を取ることが出来るようになります。

「解体工事」に取り組む場合の、安心で確実な対策として、「解体工事一括見積もりサービス」を上手く活用してみましょう。

「解体工事一括見積もりサービス」の選び方、注意点

ポイント

解体工事についてネットで調べると様々な「解体工事一括見積もりサービス」のサイトが見つかります。

その際にチェックしておきたいポイントは次の3点です。

・解体工事比較サイトのサポート体制
 様々な相談対応やお断り代行サービス等があるか

 情報を業者に流すだけなのか
・登録業者数
 充分な数の登録業者数か
 一般的には50社~1000社、200社程度までが多い
・業者選定基準
 選別基準が明示されているか

ここからは、そんな数ある「解体工事一括見積もりサービス」の中から、上記のなかでも特に大事な「サポート体制が充実している」オススメのサービスを紹介します。

解体業界に詳しいアドバイザーがサポート「解体エージェント」の特長

解体業界に詳しいアドバイザーがサポート「解体エージェント」の特長

解体業界に詳しいアドバイザーがサポート「解体エージェント」。

解体エージェント」では工事完了まで解体業者とのやりとりを全て代行していますので、面倒な対応もなく、解体工事着手から完了までに発生する様々な対応について、安心して利用出来るのが特長です。

解体工事を検討しているサイトユーザーの情報を解体業者に投げて終わり、というサービスではなく、対ユーザー、対業者に「解体エージェント」がしっかり向き合うことで、見落としがちな、

【地中埋設物】【アスベスト】【不用品処理】

などについての懸念もすべてクリアにすることができます。

解体エージェント」解体業者一括見積もりサービスは、下のリンクから利用可能です。

「解体エージェント」の解体業者一括見積もりサービスを利用する

「解体エージェント」利用した場合の流れ

解体エージェント」を利用した場合の流れは以下の通りです。

STEP1 解体工事の料金を調べる

解体する建物の条件を入力する
画面の表示に従ってタッチしていってください。
解体する建物の条件を、より詳細に入力していくことで、工事料金が安くなる可能性があります。

解体工事する候補の住所を入力
解体する建物がある(現場)住所を入力すると、解体条件に合った解体工事会社が紹介されます。

工事会社を比較検討する
工事会社に見積もり依頼し、各社の工事料金を比較できます。会社情報などの内容をご覧いただき候補の会社をお選びください。

要望を入力する
その他工事に関する要望をご入力いただけます。コメント欄にご予算など工事会社と相談したい内容を記入することができます。

本人確認を行う
ご登録されたメールアドレスに本人確認用のメッセージが送られます。メールを開き、記載されたリンクをクリックしていただければ各社への見積依頼が完了します。この時点で、見積もりを依頼した工事会社にはお客様情報が開示されます。(工事会社からお電話がある場合もあります)

STEP2 工事会社からの見積もりを取得

解体工事会社各社から正確な見積もりを取得するまでの流れをご案内します。

解体エージェントのサポートとやり取りする
各解体工事会社へご希望の工事の見積もり依頼の連絡をしています。解体エージェントのサポートよりご連絡いたします。概算のお見積りをお伝えし、詳しいご要望などお聞きいたします。

工事会社が現地調査を行う
現地での立ち会いの有無や現地調査の日程の調整、その他のご指示など工事会社へご希望の条件をお伝えください。

見積もりを受け取る
各工事会社にて見積もりの算出が完了すると、解体エージェントのサポートよりお見積りをお伝えいたします。

STEP3 見積もり比較し工事契約

各工事会社からの見積もりを比較検討し、工事契約をします。

見積もりを比較検討する
工事会社各社から提出された解体工事見積もりを比較検討してください。各社の見積もりが比較しやすいように、統一された書式の見積もりが届きます。選定に迷った場合は、サポート窓口にご相談ください。

工事を依頼する会社に契約依頼をする
工事を依頼する会社との工事契約をします。解体エージェントのサポートにご連絡ください。

解体工事会社との契約
解体工事会社との工事契約を締結します。契約はクラウドサインという電子契約サービスを介して行います。最初にご登録いただいたメールアドレスに、クラウドサインからの工事契約書が届きます。内容をご確認の上で問題が無ければ、契約を締結してください。

他の会社を断る
工事を依頼しなかった会社に対して、お断わりの連絡を入れてください。解体エージェントのサポートから連絡を代行することも可能です。

STEP4 解体工事~滅失登記まで

工事前に近隣への挨拶と事前申請をする
工事着工前に、近隣への挨拶と建設リサイクル法の事前申請を行います。解体工事会社も近隣への挨拶回りを行います。お客様ご自身でも近隣への挨拶回りをしていただくことをお薦めします。また、80平米以上の建物を取り壊す際には、事前の届出を行うことが建設リサイクル法で義務付けられていますので、工事会社より事前に説明があります。

工事の着工
解体工事会社が工事を行います。工事期間は建物の大きさによって異なります。工事会社より説明があります 。

工事代金を支払う
工事代金は、工事完了後に一括して支払う場合や、手付金・残金というように分割して支払う場合などがあります。また工事契約書に詳しく明記され事前に支払い方法が確定されています。解体工事会社へご確認ください。工事完了時に、建物滅失登記の申請に必要な「取壊し証明書」を解体工事会社より受け取ってください。

建物滅失登記を行う
解体した建物の地域の法務局で建物滅失登記を行ってください。滅失登記は、工事後1か月内に行うことが義務付けられているため、ご自身で行うか土地家屋調査士に依頼する必要があります。(土地家屋調査士に依頼した場合には4-5万円程度の費用がかかります)

解体エージェント」解体業者一括見積もりサービスは、下のリンクから利用可能です。

「解体エージェント」の解体業者一括見積もりサービスを利用する

【いつか解体工事が有る得るなら】情報収集し、知識をつけていこう

解体工事

ここまで、「解体工事」に関する様々なことと、解体工事業者の選び方について紹介してきました。

戸建、アパート、マンションなど不動産物件の解体工事。

解体工事一括見積もりサービスを利用する場合には、実際の解体業者がどういう取り組みをして解体工事に臨んでいるのかを、事前に知っておくことは重要です。

初めての解体工事でも失敗しないよう、見積もり・情報収集にしっかり取り組み、知識をつけていきましょう。

解体工事については、こちらの記事も参考にしてみてください。

【初めての解体工事】解体工事一括見積もりサービス選び方のポイント

また、売却や賃貸、解体た建て替えも出来ない空き家処分の方法としては、「無償譲渡」というやり方もあります。

【空き家】売却、賃貸、解体、建て替えも出来ない場合「無償譲渡」を

空き家の処分に困った場合、簡単に処分方法を絞り込まずに、様々なやり方を調べてみると良いのではないでしょう。

きっと納得できる解決策を見つけることができるでしょう。

その他にも、当サイトでは、不動産投資に関する様々な知識や情報を紹介しています。

不動産投資リスクを減らしたい.comのその他の記事もご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました