【投資物件・転勤対策】高く貸せ安心し任せられる管理会社の見つけ方

【投資物件・転勤対策】高く貸せ安心し任せられる管理会社の見つけ方

東京

所有している不動産物件を賃貸で貸すことになったら。

賃貸することになった物件の管理を担う、管理会社の重要性は強調してもし過ぎることは無いでしょう。

不動産投資を行っていて、投資用物件の今の管理会社の空室対策、日々管理への不満がある場合。

・今の管理会社は、どうして選んだのでしょうか?
・買った会社の勧めで、そういうものだと選んだのでしょうか?
・その後、自分の目的に合った管理してもらえていますか?

そうでない場合、他の賃貸管理会社と比較検討は行ったのでしょうか?

管理会社、選べることを忘れていませんか。

投資用不動産を持っている場合は、賃貸で貸すことが前提ですが、自宅の場合はそうではありません。

急な転勤などで、自宅を賃貸に出して賃貸経営を行うことになった場合、一番重要になってくることは空室募集、空室対策です。

・ローンの返済もあるので、少しでも高く貸し出したいが、どう対策をとったらいいのかわからない。
・どういう会社に管理や募集を依頼したらいいのか、急な話だしどうしたものかよくわからない。
・転勤で否応なくこういう目に合ったので、普段の物件管理にも手間隙をかけたくない、かけられない。

望まない状況の中で、困り果てているかと思います。

この記事では、そんな「管理会社選定の悩み」に応える、「【投資物件・転勤対策】高く貸せ安心し任せられる管理会社の見つけ方」を紹介します。

まずは、「不動産投資物件」と「管理会社」から見てみましょう。

不動産投資物件の場合【空室対策、管理】収益向上策としての管理換え

家賃と家

投資用物件を所有したら、収益を挙げていくための最大のテーマは「空室対策」でしょう。

少しでも高い賃料で、安定して入居してもらい続けることで、利回り、収益が安定、向上します。

もし、先々売却するとしても、安定して賃貸経営出来ていることは当然大きなプラスになります。

もし、今の管理会社に不満がある場合、

・空室が出て、なかなか空室が埋まらずに困っている
・自分の物件はもう少し有利に貸すことができるのでは無いかと考えている

一度、今の管理会社で、このままでいいのかを見直してみる価値があります。

他の管理会社に相談してみて、今の会社の条件よりよくなるかどうか、確認してみてもいいかもしれません。

その結果、

・もし良い条件が出てきたら、今の会社にその条件で交渉しかけて、改善すれば良し
・ダメなら、そのまま管理換えも検討する

具体的なアクションを起こしてみて損はないでしょう。

続いては、自宅を貸し出す場合です。

自宅を貸し出す場合【リロケーション】安定と融通が効く対応力を重視

ローン

転勤で、急に自宅を空けることになった場合。

このまま空室にしておいてもローン返済などに困らない方なら良いのですが、転勤している間、賃貸に出さないと、ローン返済に影響が出て、困ってしまう方が多いでしょう。

不動産投資を自らの意思で既に行っている人よりも、このように、心構えも心得もないのに、急に賃貸経営をしなければならない場合の方が、悩みが大きいかもしれません。

賃貸に出す場合、

・少しでも高く貸せて
・転勤終了後自宅にすぐに戻れるような融通の効く契約

が出来るなら一番良いですよね。

ですが、そのような「リロケーションに強い管理会社」を、自力でいきなり探すのはなかなか難しいでしょう。

ここからは、このような、

・急な転勤での賃貸の悩みにも
・不動産投資物件の収益向上目的の管理換えにも

自分の目的に合った管理会社を見つけることの出来る、

投資物件の空室対策や、転勤者宅への対応が出来て、高く貸せ安心し任せられる管理会社を探せるサービス、「マンション貸す.com 」を紹介します。

一番高く貸せる管理会社が見つかる「マンション貸す.com」の特長

マンション貸す.com

マンション貸す.com 」は、不動産を貸したいオーナーが、自分の目的に合った賃貸管理会社を探すことが出来るサービスです。

「自分の不動産物件は、どれくらいの賃料で貸し出すことができるのか」

賃料査定してくれるリロケーション・賃貸管理会社を、一括比較で探し、賃料査定を依頼することができます。

・一括査定の入力作業はたった60秒
・サービス利用料金は無料
・大手から地域密着の地場の不動産会社まで幅広い会社が査定を担当

・物件の内容に合わせた不動産会社を最大6社まで選出
・「すべて任せたい」「転勤期間中だけ」など、依頼する方法は自由に選択可能

例えば、

・急な転勤で一定期間だけ賃貸に出したい
・長期空室ですぐにでも入居者を募集したい

など、様々な事情に対応可能な不動産会社を見つけることが出来ます。

マンション貸す.com 」は、貸したいオーナーのニーズに合わせて、依頼するサービスを自由に選択し、不動産会社を比較できるのが最大の特長です。

マンション貸す.com 」の詳細は以下のリンクから確認することが可能です。

マンション貸す.com 」の詳細を確認する

自分の目的にぴったりの管理会社「マンション貸す.com」の口コミ

マンション貸す口コミ

マンション貸す.com 」の口コミを紹介します。

『賃貸管理会社の評判はあてにならなかった』
38歳女性(主婦):渋谷区の1Rマンション 築9年 賃貸募集・賃貸管理

結婚を機に仕事をやめたのですが、賃貸の経営をはじめたいという気持ちが高まり都内のマンションを購入しました。
それからは管理会社を決めようと急いで情報収集をしていました。

自分の中での優先順位というものが定まらないこともあり、なかなか決めることができませんでした。
絶対失敗はしたくないので慎重に選びたかったのというのもあります。
その時に口コミというのも有力な情報と思い、管理会社の紹介のサイトで評判ランキングというのを見つけました。
まったくの初心者にとってこういったサイトがあるというのはとても頼りになると思いました。
その中から厳選し私の物件、そして私自身に適していると思った管理会社を見つけて引き受けてもらうことになったのです。

賃貸経営は何よりも人が住んでくれないとはじまりません。
そう考え入居者を募集する営業に力があるといわれている管理会社を選びました。
また物件の価値を向上するためのサポートも強いという触れ込みにも惹かれました。
担当してくれた方も丁寧にいろいろと説明してくださったので安心していたのです。

ところが契約をしていざ入居者募集をしてもらっても、なかなか入居者は見つかりませんでした。
募集もどういった形でしているのかこちらにはあまりわからないままだったり、入居者が決まらないのにその原因追求や募集方法の提案なども全くありませんでした。
こちらからのアプローチもどうしていいのか迷い2ヶ月が経ってしまったのです。
その間の状況伝達も少なく明らかな職務怠慢を感じていました。
ようやく入居者が見つかった後も管理の体制などなにかと気になることが多かったです。
指摘しても改善する姿勢を見せないことで我慢も限界。
そこでマンション貸す.COMを通じ新しい管理会社に変更しました。

今の管理会社にはとても満足しています。

評判ランキングなどで管理会社を選ぼうとしたことに後悔しています。
今考えれば単純すぎたと思います。
もちろんなにかと不慣れな会社よりも実績がある会社の方が安心感はあります。
しかしそれだけでは管理会社の良し悪しは決まらないのでしょう。
オーナーやその物件それぞれによって適した管理会社は異なってくることに気付きました。
もちろん上手に付き合えなかったこちらの勉強不足、経験不足もあると思っています。
賃貸経営する人にとってはもちろん、その物件に住む人にとっても管理会社は関係が深いもの。
それだけに管理会社を選ぶということはとても重要なのだと身をもって感じました。

『マンションを貸すことで転勤期間中の住宅ローンの支払いを充当』
35歳男性(会社員):目黒区の3LDKマンション 築3年 リロケーション

新築のマンションを購入して3年。
まだまだローンも残っているというのに仕事で地方への転勤が決定してしまいました。
なんてツイてないんだと思って周囲に愚痴をこぼしてみましたが、思ったほど慰めてはもらえませんでした。
マンションを購入してすぐに転勤って実はそんなに珍しいことではないんですね。

でも本人からすれば深刻な問題です。
住宅ローンを支払いながらそこには住めずに新居の住居費も必要なのですから。

会社の上司にも相談していたところ、他人に貸せばどうかと提案されました。
でもやっぱり抵抗はあるんですよね。
知らない人が自分のマンションに住むこともそうですが、転勤先での生活も忙しいと思うしそれに加えて賃貸経営なんて。
いろいろ面倒なことがありそうで急にトラブルが起きても対応できる自信がありません。
こんなふうにマイナス面ばかりを考えていましたが、やっぱりお金のこともあるので一度不動産屋と話をしてみようと考えました。

そこでマンション貸す.COMで自分のマンションを3つの不動産屋に査定してもらいました。査定はすべて新築3年だし、立地条件も良いとのことで満足のいく結果でした。
その中から空室保障、滞納保障もしっかりした不動産屋を選びお世話になることになりました。
そこは契約期間も親身になって相談にのってくれて、転勤の期間が終わればまたすぐにそこで住めるように話を進めてくれました。
そして維持費や税金を引いてもこのくらいの家賃収入が得れるということを明確に提示してもらえました。
職場の人の話でこういう部分をふわっとさせる不動産屋は信用できないと耳にしていたので安心感がありました。

そしていざ入居者を探してもらうことに。
そんな不安を抱いていましたがそれはすぐに解消されました。
もう少し家賃を減額すれば入居者が見つかりやすいのではないかと内心感じていたのですが、募集を開始してまもなく見つかったのです。
不動産屋の担当者の方が言われることに従って正解だったと思いました。


契約時も任せっぱなしであれば、その後も任せっぱなしにさせてもらっています。
メンテナンスやトラブルのことも任せられて、それでローンの支払いに当てられる家賃収入を得られるので本当に助かっています。
転勤先での今の多忙な生活を考えれば、自分だけでマンションを貸すなんてできなかったと思います。

マンション貸す.com 」の詳細は以下のリンクから確認することが可能です。

マンション貸す.com 」の詳細を確認する

【管理会社見直しのススメ】これからの時代にどんな管理を望むのか

アパート管理

所有物件を賃貸に出している方、これからの時代にどんな管理を望むのか、今一度整理してみてもいいかもしれません。

コロナ禍、先行きの経済、政治の不安、少子高齢化、年金不安。

今までのやり方でいいのかどうか。

このサイトの中で、管理会社探しについて紹介している別の記事も紹介します。

よろしければ併せてご覧ください。

【アパート空室対策】半年無料キャンペーン「武蔵の不動産管理」

タイトルとURLをコピーしました