【新築アパート投資】サラリーマン投資家が失敗を避けるために注意すべきこと

サラリーマンが不動産投資の失敗を避けるための3つのポイント

新築アパート

はじめに:サラリーマン属性を活かそう

サラリーマン属性は一般的に企業経営者よりも有利で、例えば上場企業の年収700万円のサラリーマンの方が、年収1500万円の中小企業オーナーより多く借り入れができる、と言われています。

そして、「モゲチェック不動産投資調べ」によると、好条件で借り入れができる融資額は年収のおよそ8倍までとされています。

モゲチェック不動産投資のサービスの一つである「バウチャー(不動産投資ローンを好条件で借り入れできる融資額を判定するサービス)」を利用しているユーザーを分析したところ、平均年収1,166万円に対して平均融資額は8,243万円となり、年収の約8倍となりました。8倍を超える金額を借り入れる場合には、返済リスクが高まると金融機関に判断され金利が高くなるなど、貸出条件が悪化する可能性が高いと言えます。

購入余力

サラリーマンが不動産投資に取り組む際には、自宅のローンを組んで買う前に、属性を活かして不動産投資を有利な借り入れ条件で始めることが、成功への近道となります。

もし既に住宅ローンを組んでいる場合は、こちらの「モゲチェック」(住宅ローンの見直し・借り換えをサポートする住宅ローン相談窓口)などで少しでも金利の改善をして、条件を良くしてみてください。

サラリーマンが不動産投資の失敗を避けるための3つのポイント

サラリーマンが不動産投資失敗を避けるための3つのポイントとは何でしょうか。

それは、次の3点です。

①キャッシュフローに注意する
②借入枠と投資物件のバランスを考える
③副業禁止規定に注意

【不動産投資失敗を避けるため①】キャッシュフローに注意

キャッシュフロー(毎月の家賃収入から経費を差し引いた手残りの額)に余裕を持たせておくことが、中長期にわたる不動産投資においては非常に重要です。

空室などで家賃収入が減ってしまった時、ローン返済額は変わりませんし、急なトラブルや修繕などで出費が増えることもあります。

不動産投資の収入減や支出増をもたらすリスクは様々。

リスク許容度を高めにしておくことは重要です。

【不動産投資失敗を避けるため②】 借入枠と投資物件のバランスを考える

モゲチェック不動産投資調べ」によると「モゲチェック不動産投資(借り換えサービス、バウチャーサービス)」を利用するユーザーの平均年収は1,064万円、最多年収層は700万円台でした。不動産投資を行う際には銀行借り入れを行うのが一般的であり、その審査基準に合致する高所得者が中心ユーザーになっているものと推測されます。また平均年齢は43歳となりましたが、20代のユーザーも少なからず存在し、全体の4%を占めています。

年収分布と年齢分布

さしあたって不動産投資を計画する際は、年収の8倍までの範囲で買える投資物件で、先々の不動産投資計画をたて、物件の選定をしていってみましょう。

【不動産投資失敗を避けるため③】副業禁止規定に注意

最近でこそ「副業推奨」が増えていますが、今一度自分の勤務先の副業禁止規定については調べておきましょう。

副業、法人設立、このあたりついての制限があると、投資戦略に変更が必要になります。

サラリーマンの不動産投資は計画的に法人化して取り組もう

不動産投資に計画的に取り組むこと、早めに始めることの重要性はこちらの記事で解説しました。

【不動産投資・初心者・サラリーマン・副業】5年、10年、15年計画を立ててみよう

【サラリーマン・20代・不動産投資・初心者】計画的に早く学び早く始めよう

計画的に取り組むことで早晩起きること、それは、「経営規模の拡大」です。

そうなった時にはもう「法人で取り組む」以外の選択肢は無いと言っても過言ではありません。

法人で取り組むことメリット詳細については、

【不動産投資・サラリーマン・副業】法人を設立し不動産投資を始めてみよう

の記事も参考にしてみてください。

この記事を読めば「不動産投資」をもっと知りたくなります

この記事を読み終えると新築アパート不動産投資に取り組むメリットとデメリットが理解できます。

そして「不動産投資」についても、もっと知りたくなります。

【新築アパート投資】サラリーマン投資家が失敗を避けるために注意すべきこと

新築アパート

メリット:融資をひきやすい、入居者確保がしやすく利回り安定、土地が残る

新築アパート投資には大きなメリットが3つあります。

①融資をひきやすい
ローンは、個人の属性と合わせて物件の収益性が融資条件に大きく影響します。新築であれば想定家賃をもとに収益性を判断するため、中古よりも有利な条件で融資ひきやすくなります。そのため自己資金少なめでも始めやすいと言えます。
②入居者確保がしやすい
新築であることで競争力が高いため、家賃設定を間違えなければ入居者確保はしやすくなります。
③土地価格
将来売却するにしても、土地価格は一定の価値で残り続けます。

このように新築アパート投資には、メリットがたくさんあります。

デメリット・リスク:土地建物費用をいかに抑えるか

デメリット・リスクが「土地建物費用」です。

・土地代:格安ハウスメーカーで2DK4戸2000万円少し程度
・建物代:郊外で1000万円程度まで

建物代は2000万円少し程度で抑え、土地については首都圏近郊などでしたら1000万円程度までで抑えられれば、家賃6万円2DK4戸で表面利回り10%程度で開始可能。この土地と建物コストをいかに抑えられるかが、成功を大きく左右します。

併せて融資を低利で引くことができれば、キャッシュフローがより生まれ賃貸経営が安定するでしょう。

家賃は、近隣の築浅賃貸物件の同程度の広さの部屋と同じくらいで設定できれば、入居者確保において競争力を持つことができます。

デメリット・リスク:家賃下落と予期せぬ空室が発生する前提の返済計画を

新築時に計算した家賃から築後2〜3年で数%、20年も経てば10%以上下がります。

そして長い期間では想定外の空室やトラブルも発生してきます。

当たり前ですが、それらのリスクを見越しての返済計画を立てないと、持ち出しが発生し、投資の継続が難しくなります。

カツカツの返済計画ではすぐに破綻してしまいますので、充分な余力を持って返済計画を立てるよう、新築アパート投資に取り組む前、特に慎重な検討が必要です。

また、安易にサブリースを利用する前提で検討せず、そもそも利用せずにできる計画を立てられるように、こちらも慎重に検討してください。

デメリット・リスク:エリア状況の変化に注意

建築後、周辺エリアの状況の変化により、当初に見込んでいた入居者ニーズが減少することがあります。

入居者確保にどうしても苦戦する場合には、入居条件を緩くするなどして周辺の物件と差別化し、ニーズを掘り起こす策も検討しましょう。

サラリーマンが不動産投資で危険な目に陥らないために

様々な不動産

サラリーマンの副業が推奨されている昨今。今後その副業推奨の流れが止まることはなく、むしろ加速する一方でしょう。

勤めている会社や組織に依存しすぎず、自分の足で立つ基盤作りが、誰にとっても望まれている世の中。

そんな中で有力な副業の選択肢の一つが「不動産投資」です。

サラリーマンが不動産投資で危険な目に陥らないために。

様々な情報を収集し、よく学ぶよう、自ら動き行動していくことが重要です。

築古戸建以外の投資物件情報も収集して、比較して検討を進め、最適な物件を選ぶように行動していってみてください。

法人設立を考えたら

法人設立を不動産投資より先にしようと考えるならば、

まずは、法人つくりの調査や手続きを知ることが必要です。

法人作りは時間と手間とお金がかかります。自分でやるのはとっても大変ですが、非常に勉強になるので、一度やってみるのもおすすめです。

もし、法人設立の方法をプロに相談したい、ということでしたら、こちらの法人設立相談サービス「シェアーズ」に一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

登記、開業届、社保、新規開業時の手続きならシェアーズ

また、税理士をお探しならこちらのサービス【税理士紹介ネットワーク(Tax-concierge)】もおすすめです。

税理士紹介ネットワークなら、経験豊富な税理士を紹介します!

不動産投資の情報収集を始めてみましょう

そして、さっそく不動産投資の情報収集を始めてみましょう

こちらも時間がかかることですので、大変ですが、並行して情報取集のアクションを開始しておきましょう。

新築アパート以外の投資物件を買うと、どういう税金や経費がかかり、収益がどのように残るのか。具体的に掴めると新築アパートの特質もより詳しく理解できるようになります。

「不動産投資」についての具体的な詳細は、この下のリンクや紹介記事から見ていくことができます。

アパート投資、土地活用

アパート投資を取り扱う会社はたくさんあります。

まずは気になる会社の資料請求から情報収集を始めてみると良いでしょう。

一括不動産投資無料相談【Oh!Ya(オーヤ)】では、最大で12社の資料を一括で請求することができます。詳細はこちらの記事から確認が可能です。

また、土地を持っている、土地の購入からアパート建設を考えたいのであれば、土地活用サービスを取り扱う会社の資料請求から始めてみましょう。

その詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

マンション不動産投資

不動産投資の代表選手がワンルームマンション投資です。ワンルームマンション投資には中古マンション投資新築マンション投資があります。

中古、新築、それぞれにメリット・デメリットがありますので、その詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

新築戸建投資

次いで新築戸建です。新築戸建投資物件を専門で取り扱っている会社はそんなに多くはありません。安く建築できるハウスメーカーを探し、問い合わせしてみると良いでしょう。

専門で投資用新築戸建を取り扱う会社には飯田グループホールディングス一建設(はじめけんせつ)があります。こういった専門的に扱っているハウスメーカーにも一度問い合わせてみてもいいでしょう。

マンション、アパート、戸建以外の不動産投資

不動産投資にはワンルームマンション、アパート、戸建投資以外にも様々な手法があります。

金額は大きくなりますが、中古マンション一棟投資や、アメリカ不動産投資など。

また小さな金額では小口不動産投資もあります。

その詳細はこちらの記事を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました