【不動産投資物件選定前に借入可能額がわかるサービス】最適な使い方

不動産投資の「バウチャーサービス」とは何か?

資産形成

「バウチャー」とは、どういったものなのでしょうか。

一般的には、「商品引換券」「クーポン券」という意味で使われており、ホテルの予約時などに発行される「予約証明書」や「支払い証明書」という意味で使われることもあります。

では、不動産投資の「バウチャー」とは、一体なんのことなのでしょうか?

不動産投資での「バウチャー」は、「借入可能額証明書」のことを指しています。

つまり、物件購入希望者が現時点で借り入れできるローン金額を示した証明書を指します。

この「不動産投資のバウチャー」は、投資用不動産の購入に際して、不動産投資ローンの借入可能額を把握するのに、とても役に立ちます。

ではここからは、その「不動産投資のバウチャー」を提供しているサービス、【モゲチェック不動産投資バウチャーサービス】について、紹介していきます。

【モゲチェック不動産投資バウチャーサービス】の特長・メリット

【モゲチェック不動産投資バウチャーサービス】の特長

モゲチェック不動産投資バウチャーサービス」は、新規に不動産投資を始める方向けに、投資物件を決める前に借入可能額がわかるバウチャーサービスを提供しています。

・時間が取れず、なかなか不動産業者や銀行の開拓ができないでいる
・金融機関をどうやって開拓していけばいいのかわからない
・自分自身の借入可能額もわからない
・少しでも条件の良い金利で借り入れしたいが、なかなか難しいと感じている

そんな不動産投資家に対して、オンラインで自身の状況から借入可能額を判定し、投資の意向に合わせて選定した投資用不動産会社をマッチングしているサービスです。

特長
①物件を決める前に借入可能額がわかる
②借入可能額と自分の意向に沿った投資用不動産会社から提案を受けられる
③借入可能額がわかるので自分の負うことの出来るリスクがわかり投資を始められる

モゲチェック不動産投資は、ヤフー、マネックス及びゴールドマン・サックス等からの出資を受けて運営されています。

【モゲチェック不動産投資バウチャーサービス】2つのメリット

メリット

モゲチェック不動産投資バウチャーサービス」の2つのメリットを紹介します。

メリット①頭金0円で不動産投資できる
・入力情報を踏まえてバウチャー(借入可能額証明書)を発行
・金利は国内最低水準の年率1.575%〜
・各金融機関と連携しているため、精度高く借入可能額がわかる
・借入可能額内の物件を選ぶことで、頭金0円での購入が実現可能

メリット②バウチャー・投資意向に合った不動産投資会社をマッチング
・どの会社で、どんな物件を買おうかという悩みに対して、バウチャーの金額、不動産投資の意向に沿う投資用不動産会社から提案
・バウチャーの融資条件で投資価値の高い投資物件を、投資用不動産会社から案内

モゲチェック不動産投資バウチャーサービス」の詳細は、下記のリンクから確認することが可能です。

モゲチェック不動産投資バウチャーサービスの詳細を確認する

【モゲチェック不動産投資バウチャーサービス】利用方法と流れ・料金

モゲチェック不動産投資バウチャーサービス」は借入条件を決めた後に物件を選ぶ不動産投資サービス。

バウチャー(借入可能額証明書)を獲得してから、提携不動産会社へ相談、という流れで利用します。

STEP 1 バウチャー(借入可能額証明書)を獲得
・プロフィール入力し、会員登録
・バウチャー(借入可能額証明書)を原則即時発行
・自身の借入可能額を把握することが可能に

STEP 2 物件選び
・提携の投資用不動産会社から物件の提案を受けることができる
・エージェントから収支シミュレーションやリスク説明を提供
・納得いくまで質問可能

STEP 3 物件購入
・ローン手続きはモゲチェックに、売買手続きは投資用不動産会社に任せることが可能
 ※不動産物件の紹介、契約成立に向けたサポート等については、提携不動産会社が提供

このように、バウチャー(借入可能額証明書)発行や、不動産会社との相談は全て無料です。

モゲチェック不動産投資バウチャーサービス」の詳細は、下記のリンクから確認することが可能です。

モゲチェック不動産投資バウチャーサービスの詳細を確認する

【モゲチェック不動産投資バウチャーサービス】デメリット・注意点

デメリット

モゲチェック不動産投資バウチャーサービス」のデメリット・注意点とはいったいどんなものがあるのでしょうか。

それは、「対面で相談できない」ことです。

オンラインで完結しているサービスのため、対面での相談は行っていません。

不動産投資ローンの借り入れは、高額かつ長期間の借り入れを検討することになります。

対面で色々と相談したいという気持ちもあることでしょう。

そのような、最初に対面で相談をしたい方には、モゲチェックの利用は向いていないかもしれません。

逆に言えば、これ当てはまらない方は、モゲチェックの利用にさしてデメリットはなさそうです。

ぜひ、「モゲチェック不動産投資バウチャーサービス」を上手く利用して、借り入れ成功した場合のメリットを最大限享受しましょう。

モゲチェック不動産投資バウチャーサービス」の詳細は、下記のリンクから確認することが可能です。

モゲチェック不動産投資バウチャーサービスの詳細を確認する

【モゲチェック不動産投資バウチャーサービス】利用者の声、口コミ

話し合い

モゲチェック不動産投資バウチャーサービス」の利用者の声、口コミを紹介します。

女性/40代
外資系

コンサルティング会社勤務
ネットで事前に投資可能額が把握できたので、不動産会社から物件の提案を受ける際もスムーズに商談をすすめることができました。
転職したばかりで、融資が通るかどうかもわからなかったので、結果として満足しています。

男性/30代
金融サービス会社勤務

借り換えをするか、新規物件を購入するか悩んでいた時に、追加物件を購入できるか確認するために利用しました。
自己資金を使って借り換えするより、追加購入したほうが良いとわかったため(現状でも新規で購入できるということがわかった)、良かったと思います。

女性/20代
証券会社勤務

不動産投資ができるとは思っていなかったが、たまたまネットで見つけて利用したところ、融資をうけられそうとのことだったので不動産会社に相談してみることにしました。
バウチャーの範囲内であれば比較的安全であると感じ、都内のマンションを1件購入することが出来ました。ありがとうございました。

モゲチェック不動産投資バウチャーサービス」の詳細は、下記のリンクから確認することが可能です。

モゲチェック不動産投資バウチャーサービスの詳細を確認する

【不動産投資物件選定前に借入可能額がわかるサービス】最適な使い方

お金

これまで見てきたように、「モゲチェック不動産投資バウチャーサービス」は非常に便利なサービスです。

ですが、提携不動産会社が限られていることは、結構気になる部分ではないでしょうか?

これもまた、デメリットの一つと言えるでしょう。

提携不動産会社は、業界でも有数の顔ぶれですが、もっと幅広く、もっと様々な特長を持った不動産会社から、じっくりと情報収集したり、提案を受けたりしたい、と思う方もいるかもしれません。

「不動産投資物件選定前に借入可能額がわかるサービス」の最適な使い方とは?

それは、そういった場合に、「自分の借り入れ可能額の把握のためのみに使う」、という方法です。

・これから不動産投資を始めるので、慎重に取り組みたい
・不動産投資ローンがどれくらい借りられるのかは知っておきたい
・不動産会社選びは、様々な会社からじっくりと選びたい

将来の資産形成としての不動産投資に、強い興味関心のある方。

具体的な物件選定に進む前に、まずは情報収集の第一歩として活用してみる。

そういう利用の仕方は、リスクがなく「非常におすすめ」です。

モゲチェック不動産投資バウチャーサービス」で、まず最初の情報収集をしてみてはいかがでしょうか。

モゲチェック不動産投資バウチャーサービスで情報収集を始めてみる

【不動産投資】始める前に、様々な観点から情報収集をしてみよう

比較

大きな金額と長い投資期間がある、「不動産投資」。

不動産への投資をいざ始める前に、様々な観点から情報収集をしてみませんか。

ここからは、当サイトの記事の中で、「不動産投資を始める前に学んでおいて損はないこと」について解説した記事を紹介します。

きっと、不動産投資を始める手助けとなることでしょう。

【不動産投資の勉強と実践に使える本】厳選おすすめ5冊

【不動産投資初心者のサラリーマンへ】法人設立し始めることのすすめ

【不動産投資】法人化を考える時の勉強に使えるオススメの本3選 

【ロバートキヨサキ×不動産】おすすめのレポートの紹介

【投資・不動産】「投資の達人になる投資講座」知識を成功の鍵と力に

【不動産投資初心者・失敗経験者】中立の投資スクールで成功への鍵を

タイトルとURLをコピーしました