【不動産投資・初心者・これを読めばOK】住まい購入より不動産投資を先に勧める理由

「不動産投資」より「住まい購入」を先にしてはいけない

success or failure

「住まい」を買うことと「不動産投資」をすることと

「住まい」を買う。世の中にありふれたことで、誰も疑問に思わない。

家族を持って、家を買うと褒められたりもする。

かたや「不動産投資」。

危ない

損するんじゃないか

リスクが高い

きっと騙される

どんどんネガティブワードが出てきます 笑

しかし、実際に不動産投資を実践している人はマイホームを購入している人に比べて少ないし、不動産投資をやってる人はそんなにネガティブワードは言いません。

「不動産投資」にネガティブワードを言う人とは?

ネガティブワードを言う人は「不動産投資経験のない人」か「不動産投資に失敗した人」。

ネガティブワードを言う人の多くは、「不動産投資に失敗した人」よりも「不動産投資の経験のない人」で、よく知らないから、分からないから、怖がってネガティブワードを言っているのでしょう。

知らない事を否定する。知らないから否定する。

世間でよくある構図です。

ちゃんと調べたり勉強した方が前向きで生産的なのに、その行動様式は一体何なんでしょうかね…。

「不動産投資」より「住まい」を先に買ったらどうなるのか

さて、「不動産投資」より「住まい」を先に買ったらどうなるのか。

はい、それは

人生における経済的、金銭的な選択肢が確実に減ること

へと繋がります。

先々投資が出来なくなる、という訳ではないですが、確実に投資の自由度は減ります。

なぜ「はじめに不動産投資をした方がいい」と言うのか

なぜ「はじめに不動産投資をした方いい」と私が言うのか。

それは、私自身、これまで数多くの賃貸物件に住み、住み替え、複数回持ち家を購入し売却した経験があり、現在、複数の不動産投資物件を所有し、運用してきていること。

「住まい」を先に借り、購入。その後法人をつくり「不動産投資」を開始。

この順番での取り組みが大変な道のりであることを、実際にやってみたことで、身に沁みて知っているからです。

この記事を読めば「不動産投資」をもっと知りたくなります

この記事を読み終えると不動産投資への不安も怖さもなくなり、

「不動産投資を先に行う」という選択が人生を大きく左右することも理解できます。

「不動産投資」とは何なのかを、もっと知りたくなります。

【事例紹介】「自宅を先に購入」した人生に起きたこと

都心

自宅を購入するより先に不動産投資に取り組めば、その後、かなりの確率で金銭的苦境を起こさないようにできるだろう、と考えています。

私は逆の順番で不動産投資を始めたのもあり、金銭的に苦しい状態の時、挽回するのが大変でした。

以下、私の体験したケースをご紹介します。これを読む皆さんには、正しい順番で不動産投資に取り組んで欲しい、そう切に願っています。

自宅購入のタイミング

大卒プロパーで10年勤務した年に公庫のローンを組んで新築分譲のファミリータイプマンションを購入。当時の家賃とランニングコストは変わらず、はるかに広く新しい物件に住むことに。

快適さ、ステイタスは申し分なし。頭金もだいぶ入れたことで収入とローンのバランスも悪くなく、数年間問題なく過ごす。

当時の不動産投資に対する見方

元々賃貸派で、不動産投資推奨派だったが、表面的な理解にとどまっていた。

不動産会社に問い合わせをしたり資料を取り寄せたり物件見学をするなど、具体的な行動が不足しており、本質的な理解が浅かった。

その状態の時に、目先の物件購入に走った。

経済的に当時はまったく問題がなく、先々、会社で出世し、収入が増やせるのではないか、と過信していたのもあった。

購入後7年経った頃には「生活の資金繰り」が苦しく

当時の勤務先は元々年功序列の会社ではなく、実力主義だった。

早めに収入も上昇していたのだが、その後はそこから上に行くことはなかなかなく、家計の収支が悪化。

短期で稼ごうと株式投資をするもマイナスになり貯蓄も大きく減少。

子供が学費の高い私学へ通う事になりまた金銭が嵩み、生活レベルも下げられず、年々生活の資金繰りが苦しくなるのが常態化。

この頃にはもう、不動産投資には簡単に取り組めない状況に。

「生活にお金がかかるようになる状態」というのを、リアルに想定できていなかったことが悔やまれる。

無駄な予防策を多重に(養老型生命保険)

結婚前から入っていた外資系の養老型生命保険。

毎月数万円の積立運用型。特に見直しもせず、15年近く払い込んでいいた。

解約し、これまの払込んだ分の8割程度の償還を受けた。

後で思えば、当時の勤務先の保険制度が非常に充実していたことと、団信があったことで、保険としては3重の支払い、という無駄なことを、長年惰性で続けていたのだった。

不動産投資、与信枠が少ない

その後紆余曲折があり、自宅の売買を3年間に3回繰り返すことになり、ますます手元資金が枯渇。

そこから一念発起して合同会社を設立、不動産投資を開始。

利回り重視で購入物件を厳選した結果、キャッシュフローが改善。

ただし、この時点で自宅のローン金額が大きく、新規融資の与信枠がかなり制限されることとなった。

「不動産投資」を「自宅購入」より先にすることのすすめ

投資ポートフォリオ

私の失敗「不動産投資」を「自宅購入」の後にしたこと

私のケースで言えば、最初のマンション購入の際に、「不動産投資」を何がなんでも先にやっておくべきだった。それで余裕資金を産めば、もっと楽に自宅も買って、生活をしていくことが出来た。

理屈で金銭的なメリットと理屈を追求しきって、あとで自宅を購入するか、最悪でも自宅購入と並行して不動産投資を始めておくべきだった。

人生は選択の連続 選択を間違えると取り返しが大変

私の場合、家を買う順番を間違えた事。この選択ミスはその後あとあとまで響いている。

次の選択ミスは、投資のリターンを得るのにじっくり取り組まず、短期利益を求めて株に大きな金額を回した事。まだこの時でも不動産投資は始められた。

その後、苦しい中でも不動産投資を始めておいたことで、毎月のインカムがあることで救われている。

まだまだ物件を増やしたいので、これからも不動産投資に取り組むつもりだが、正直、不動産投資のインカムだけで物件を増やしていくのは今は難しい。

「不動産投資」を「自宅購入」より先に取り組むことを!

「不動産投資」を「自宅購入」より先にすることで、経済的な安定と成長をスムーズに勝ち取っていくことに取り組みやすくなります。

「不動産投資」についてのアクションをまだ行っていない方は、この機会に早めに取り組んでみることをおすすめします。まずは情報収集だけでも始めてみましょう。

「不動産投資」についての具体的な詳細は、この下のリンクや紹介記事から見ていくことができます。

今すぐ「不動産投資」を検討してみよう

様々な不動産

まだ「住まい」を買ってない方へ

今からすぐに、不動産投資の情報収集を始めよう。おそらくとても有利な状態に、あなたはいるはず。人生における、沢山の可能性と選択肢が拡がることでしょう。

もう「住まい」を買ってしまった方へ

今からすぐに、不動産投資の情報収集を始めましょう。そして今からでも間に合うかどうか、すぐに専門家であるプロの不動産投資会社に相談した方がいい。

彼らは最大限可能性を追求してくれるはず。それが彼らのビジネスに、利益になるからだ。プロを使い倒そう。

法人設立を考えたら

不動産投資を本気で行なっていこうとするのであれば、遅かれ早かれ、いずれ考えていくことになるのが法人設立です。

そこで一番おすすめなのは、不動産投資より先に法人を作り、その法人で不動産投資を行なっていくこと。

詳しくはこちら記事も参考にしてみてください。

【不動産投資・サラリーマン・副業】法人を設立し不動産投資を始めてみよう

【不動産投資・サラリーマン・副業】5棟10室基準:初めから法人での不動産投資を勧める理由

法人設立のためには、まずは法人のつくり方の調査や手続き方法を知ることが必要です。

法人作りは時間と手間とお金がかかります。自分でやるのはとっても大変ですが、非常に勉強になるので、一度やってみるのもおすすめです。

もし、法人設立の方法をプロに相談したい、ということでしたら、こちらの法人設立相談サービス「シェアーズ」に一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

登記、開業届、社保、新規開業時の手続きならシェアーズ

また、税理士をお探しならこちらのサービス【税理士紹介ネットワーク(Tax-concierge)】もおすすめです。

税理士紹介ネットワークなら、経験豊富な税理士を紹介します!

不動産投資の情報収集を始めてみましょう

それではさっそく、不動産投資の情報収集を始めてみましょう

こちらも時間がかかることですので、大変ですが、並行して情報取集のアクションを開始しておきましょう。

どんなタイプの投資用物件を買うと、どういう税金や経費がかかり、収益がどのように残るのか。

いろんな投資用物件タイプについて具体的に理解できるようになると、それぞれの投資用物件の特質を比較検討できるようになり、不動産投資についてより詳しく理解できるようになります。

「不動産投資用物件タイプ」や「投資用不動産会社」についての具体的な詳細は、この下のリンクや紹介記事から見ていくことができます。

マンション不動産投資

不動産投資の代表選手がワンルームマンション投資です。ワンルームマンション投資には中古マンション投資新築マンション投資があります。

中古、新築、それぞれにメリット・デメリットがありますので、その詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

【中古区分マンション不動産投資】小資金で取り組める不動産投資の注意点

【新築区分マンション投資】初心者サラリーマン投資家にオススメしない理由

築古戸建投資

築古戸建投資を行う場合は、SUUMOやアットホームといった一般的な検索サイト、楽待や健美家といった不動産投資ポータルサイト、そして地域の不動産会社などとコンタクトをとり、丹念に物件を探す行動が必要です。

そうして掘り出し物を見つけることに努力を注ぎ、個別性の高く、様々なリスクの隠れている物件情報を見極める目利き力を磨き上げていきましょう。

こちらの

【築古戸建不動産投資】サラリーマンが失敗を避けるための3つのポイント

を参考にしてみてください。

新築戸建投資

次いで新築戸建です。新築戸建投資物件を専門で取り扱っている会社はそんなに多くはありません。安く建築できるハウスメーカーを探し、問い合わせしてみると良いでしょう。

専門で投資用新築戸建を取り扱う会社には飯田グループホールディングス一建設(はじめけんせつ)があります。こういった専門的に扱っているハウスメーカーにも一度問い合わせてみてもいいでしょう。

アパート投資、土地活用

アパート投資を取り扱う会社はたくさんあります。

まずは気になる会社の資料請求から情報収集を始めてみると良いでしょう。

一括不動産投資無料相談【Oh!Ya(オーヤ)】では、最大で12社の資料を一括で請求することができます。詳細はこちらの記事から確認が可能です。

また、土地を持っている、土地の購入からアパート建設を考えたいのであれば、土地活用サービスを取り扱う会社の資料請求から始めてみましょう。

その詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

また、こちらの記事ではサラリーマン投資家がアパート投資に取り組む際の注意点を紹介しています。参考にしてみてください。

資金少なめ・利回り重視の不動産投資【中古アパート不動産投資】の注意点

【新築アパート投資】サラリーマン投資家が失敗を避けるために注意すべきこと

マンション、アパート以外の不動産投資

不動産投資にはワンルームマンション、アパート投資以外にも様々な手法があります。

金額は大きくなりますが、中古マンション一棟投資や、アメリカ不動産投資など。

また小さな金額では小口不動産投資もあります。

その詳細はこちらの記事を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました