【不動産投資初心者】マンション投資一括相談 活用メリットと注意点

【不動産投資初心者】マンション投資一括相談を利用する前に

チェック

不動産投資で収入を得るために必要な情報収集。

たくさんの不動産等会社があり、ひとつひとつ調べてひとつひとつに面談申し込みをするにも、時間と手間が掛かります。

不動産投資会社への「一括無料相談サイト」から面談申し込みするなら、時間と手間を掛けることなく、一気にたくさんの不動産投資会社へ面談申し込みができます。

この記事では「マンション投資一括相談」を利用するに際してのメリットと注意点、具体的なおすすめのサービスを提供している会社を紹介します。

うまく活用し、リスクを減らせる不動産投資の第一歩となる相談申し込みを、ぜひ開始してみてください。

ではまず初めに、不動産投資初心者が不動産投資に取り組む際の3つのポイントからご紹介していきます。

【不動産投資初心者】不動産投資に取り組む際の3つのポイント

ポイント

不動産投資に取り組む場合、給与所得者(サラリーマン)でしたら、その属性を活かしながら金融機関からの借入を行うのが一般的です。

給与取得者の属性は一般的に企業経営者よりも有利とされています。

給与所得者の有利さを活かせる代表的な資産運用方法「不動産投資」における、その属性の有利さを紹介してみます。

「不動産投資における給与取得者の有利さ」調査結果

例えば、年収1,500万円の中小企業オーナーより、上場企業の年収700万円の給与取得者の方が多く借り入れができる、と言われています。

不動産投資ローン借り換えサービスで有名な、「モゲチェック不動産投資」によると、好条件で借り入れができる融資額は年収のおよそ8倍までとされています。

モゲチェック不動産投資のサービスの一つである「バウチャー(不動産投資ローンを好条件で借り入れできる融資額を判定するサービス)」を利用しているユーザーを分析したところ、平均年収1,166万円に対して平均融資額は8,243万円となり、年収の約8倍となりました。8倍を超える金額を借り入れる場合には、返済リスクが高まると金融機関に判断され金利が高くなるなど、貸出条件が悪化する可能性が高いと言えます。

購入余力

給与所得者が不動産投資に取り組む際の3つのポイント

給与所得者が不動産投資に取り組む際の3つのポイント。

それは、次の3点です。

①キャッシュフローに注意
②借入枠と投資物件金額とのバランス
③副業禁止規定に注意

【不動産投資に取り組む際のポイント①】キャッシュフローに注意

キャッシュフロー(毎月の家賃収入から経費を差し引いた手残りの額)に余裕を持たせておくことが、中長期にわたる不動産投資においては非常に重要です。

空室などで家賃収入が減ってしまった時でも、ローン返済額は変わりませんし、急なトラブルや修繕などで出費が増えることもあります。

不動産投資の収入減や支出増をもたらすリスクは様々。

キャッシュフローに余裕を持たせて、リスク許容度を高めにしておくことは重要です

【不動産投資に取り組む際のポイント②】 借入枠と投資物件金額のバランスを考える

「モゲチェック不動産投資調べ」によると「モゲチェック不動産投資(借り換えサービス、バウチャーサービス)」を利用するユーザーの平均年収は1,064万円、最多年収層は700万円台でした。不動産投資を行う際には銀行借り入れを行うのが一般的であり、その審査基準に合致する高所得者が中心ユーザーになっているものと推測されます。また平均年齢は43歳となりましたが、20代のユーザーも少なからず存在し、全体の4%を占めています。

年収分布と年齢分布

さしあたって不動産投資を計画する際は、年収の8倍までの範囲で買える投資物件で、先々の不動産投資計画をたて、物件の選定をしていってみましょう。

【不動産投資に取り組む際のポイント③】副業禁止規定に注意

最近でこそ「副業推奨」が増えていますが、今一度自分の勤務先の副業禁止規定については調べておきましょう。

副業、法人設立、このあたりついての制限があると、投資戦略の変更が必要になります。

ここからは、給与所得者の不動産投資戦略や資産運用を考える際に参考になる「マンション投資一括相談」の、活用メリットと注意点を紹介していきます。

【不動産投資初心者】マンション投資一括相談 活用メリットと注意点

注意点

マンション投資一括相談の活用メリットと注意点とは、いったい何でしょうか。

まずはメリットから。

①自分の事情に合わせた不動産投資のことを、無料でプロの不動産業者に聞くことができる

②一括相談をすることで、複数の異なる見解を聞くことが出来、更に知見が溜まる

③サポートサービスがある場合は、相談することで自分の希望によりマッチした業者を選定できたり、事前に様々な疑問解消ができる

ただし、このようなメリットを得るためには、ただ沢山一括問い合わせすれば良い、といものではありません。

せっかくの機会ですので、予め資料請求しておき、資料を読み込んで不動産投資の知見をある程度得ておくこと。

よりよい機会にするためには事前研究をしておくことが大事です。

資料請求についてはこちの記事を参考にしてみてください。

【メリットだらけの資料請求】不動産会社の資料から得られる4つ知見

そして、次の注意点を踏まえた一括相談をする必要があります。

①選んだ不動産業者によっては自分の希望に沿わない提案、動き方をしてく

②一括相談サービスによっては、困ったときのフォロー体制が整っていないところも

ではここからは、それぞれ異なる特長を持つお勧めの「一括問い合わせサービス」を4件紹介します。

それぞれの特長を把握して、自分にあった一括相談サービスを選んで、有効活用してみてください。

【不動産投資初心者】マンション投資一括相談 おすすめの会社4選

相談

ここから4件の「マンション投資一括相談」の会社を紹介します。

自分の希望する紹介方法やサポートはどういったものなのかを事前に研究、整理して臨み、有用な知見を獲得していきましょう。

①「投資不動産比較検討ナビ」面談で商品券7000円プレゼント

投資不動産比較検討ナビ

一括問合せ「投資不動産比較検討ナビ」の特徴

一括問合せ「投資不動産比較検討ナビ」は、専門のスタッフのサポートがあるので、不動産投資の知識が少ない方でも始めやすいサービスです。

複数の投資プランを一斉に比較検討できます。

資料ではわからない情報や提案を聞け、自分が納得行くまで、何回でも相談は無料です。

面談すると商品券7000円プレゼントがあることも魅力的です。

・専門のスタッフのサポートで不動産投資の知識がない方でも始めやすい
・複数の投資プランを一斉に比較検討できる
・資料ではわからない情報や提案
・納得行くまで相談は何回でも無料
・面談で商品券7000円プレゼント

一括問合せ「投資不動産比較検討ナビ」の特徴、詳細は、下記のウェブサイトから確認することができます。

一括問合せ「投資不動産比較検討ナビ」のウェブサイトをみる

②「イエベスト不動産投資」専任コンシェルジュが会社選びをサポート

『イエベスト』は、日本最大級の不動産投資情報サイトとして、意思決定のサポートに徹して、「不動産投資で絶対に失敗したく無い人」向けにサービスを展開しています。

イエベストでは専任のコンシェルジュが相談内容に応じて厳選した、最大3社の不動産会社を紹介してます。

不動産投資会社探しの最初の窓口として、中立的な立場からアドバイスをしています。

『イエベスト』のウエブサイトを見る

【不動産投資会社選び】イエベスト不動産投資のおすすめポイント

100社以上の不動産会社から紹介、専任コンシェルジュが不動産会社選びをサポート

・100社以上の不動産会社の中から不動産会社を紹介してくれるサービス
・専任コンシェルジュが不動産会社選びをサポートしてくれるので不動産投資初心者には安心
・中立的な不動産投資のプロに相談できる。

・新築から中古まで幅広く対応
・不動産会社の紹介費用、相談費用無料

『イエベスト』のウエブサイトを見る

③「ココザス」中古ファミリータイプ中心に物件提案をしてくれる手法

ココザスのスタンス

ココザスでは、

「世の中には様々な投資や金融商品があるが、どの会社も自社商品を売り込む機会を重視している為、正しい知識を伝えることが疎かになっているのではないか。」

と考えています。

ココザスでは「資産構築」の知識だけでも無料提供。

具体的物件の改善方法を元に、最初からプラス収益にすることも可能です。

ココザス株式会社はいわゆる不動産投資会社とは異なり、中立公正な立場から無料相談窓口を行っています。

ココザスの不動産投資の特長

・不動産投資に関する物件のご提案を約40社の取扱会社の中から無料で提供
・特定の不動産会社に偏った商品を紹介すること無し
・ココザス株式会社は、不動産会社からの販売代理手数料で運営
・複数の投資物件を比較検討する際に、各会社に個別で資料請求する煩わしさ無し
・不動産投資に申込む際にはココザス株式会社が窓口に
・契約後の口座や住所変更の際、複数の不動産オーナーでも、ココザスに連絡するだけでOK
・契約時の不動産会社とのやり取りなどは、ココザス株式会社が無料でサポート
・自宅への訪問相談サービスも交通費など一切無料
・投資家が不動産会社と直接契約するのと比較しての料金に変わり無し
・99.4%の高い入居率を維持※2017年3月末時点自社管理入居率実績

ココザスの提案内容の特長

新築時から10年間で一気に価値が下がる為、新築よりも中古の方が家賃下落リスクが少ないこと、また、ワンルームマンションよりもファミリータイプの方が金利が低く抑えられるケースがあり、尚且つ固定金利という選択肢もある為、投資を行うのに適しているのではないか。

ココザスではこのように考えているため、主に中古ファミリータイプを中心に提案しています。

もちろん、新築ワンルームマンションや中古ワンルームマンションなどの他の選択肢も含めて提案可能。

相談者にとってベストな物件を紹介することを信条としています。

ココザスの不動産投資の一括相談窓口は、不動産投資を通じて大手金融機関を介した救済措置を取ることができる為、年収が低い方でも取り組むことが可能です。

例えば物件によっては年収300万円からでも不動産投資に取り組むことが出来たりもします。

また、借金がある方でも一括完済し、毎月の返済金や金利を安く済ませることが可能です。

ココザスの不動産投資の一括相談窓口」の詳細はこちらのwebサイトから確認できます。

ココザスの不動産投資の一括相談窓口の詳細を見る

④「Oh!Ya(オーヤ)」ギフトコード25,000円分プレゼント

OhYa面談

一括不動産投資無料相談【Oh!Ya(オーヤ)】は不動産投資無料相談を複数社から一括で申し込み可能なサービスです。

一度に申込可能な対象社数は最大12社。

面談申込後面談を実施をすると、1社との面談あたり5,000円分(最大5社25,000円分)のギフトコードをプレゼントしてもらえます。

このサービスは、一部上場の株式会社セレスが運営しており、安心して利用できます。

・不動産投資情報を複数社から一括申し込みが可能
対象は最大12社
1社との面談あたり5,000円分(最大5社25,000円分)のギフトコードをプレゼント
一部上場の株式会社セレスが運営しており安心

一括不動産投資無料相談【Oh!Ya(オーヤ)】のウェブサイトを見る

【実践編】不動産投資初心者が危険な目に陥らないために

様々な不動産

年金2000万円問題や、増税、コロナ禍など様々な要因から、副業が推奨されている昨今。

今後その副業推奨の流れが止まることはなく、むしろ加速する一方でしょう。

勤めている会社や組織に依存しすぎず、自分の足で立つ基盤作りが、誰にとっても望まれている世の中。

そんな中で有力な資産構築に向けた副業の選択肢の一つが「不動産投資」です。

不動産投資で危険な目に陥らないために。

様々な情報を収集し、よく学ぶよう、自ら動き行動していくことが重要です。

ですので、様々な不動産会社と営業マンと会い、様々な投資手法や物件情報を収集して比較して検討を進め、最適な物件を選ぶように行動していってみてください。

ここからは、本格的に不動産投資に取り組もうと考える際に、参考となる情報を紹介していきます。

一度目を通してみるだけでも、視野が拡がり、大きな失敗の可能性が減る。

その価値があると、確信しています。

不動産投資の情報収集を始めてみましょう

それではさっそく、不動産投資の情報収集を始めてみましょう

どんなタイプの投資用物件を買うと、どういう税金や経費がかかり、収益がどのように残るのか。

いろんな投資用物件タイプについて具体的に理解できるようになると、それぞれの投資用物件の特質を比較検討できるようになり、不動産投資についてより詳しく理解できるようになります。

「不動産投資用物件タイプ」や「投資用不動産会社」についての具体的な詳細は、この以下の記事から見ていくことができます。

マンション不動産投資

不動産投資の代表選手がワンルームマンション投資です。ワンルームマンション投資には中古マンション投資新築マンション投資があります。

中古、新築、それぞれにメリット・デメリットがあります。

その詳細は以下の記事をチェックしてみてください。

【中古区分マンション不動産投資】小資金で取り組める不動産投資の注意点

【新築区分マンション投資】初心者サラリーマン投資家にオススメしない理由

マンション投資一覧

誰でもできる「リスクを減らせる中古マンション投資」3つのポイント

築古戸建投資

築古戸建投資を行う場合は、SUUMOやアットホームといった一般的な検索サイト、楽待や健美家といった不動産投資ポータルサイト、そして地域の不動産会社などとコンタクトをとり、丹念に物件を探す行動が必要です。

そうして掘り出し物を見つけることに努力を注ぎ、個別性の高い、様々なリスクの隠れている物件情報を見極める「目利き力」を磨き上げていきましょう。

築古戸建不動産投資に取り組むなら、こちらの

【築古戸建不動産投資】サラリーマンが失敗を避けるための3つのポイント

を参考にしてみてください。

新築戸建投資

次いで新築戸建です。

新築戸建投資物件を専門で取り扱っている会社はそんなに多くはありません。

安く建築できるハウスメーカーを探し、問い合わせしてみる必要があるでしょう。

専門で投資用新築戸建を取り扱う会社には飯田グループホールディングス一建設(はじめけんせつ)があります。

新築戸建投資を検討しているなら、問い合わせをしてみる価値があります。

アパート投資、土地活用

アパート投資を取り扱う会社はたくさんあります。

まずは気になる会社の資料請求から情報収集を始めてみると良いでしょう。

一括不動産投資無料相談【Oh!Ya(オーヤ)】では、最大で12社の資料を一括で請求することができます。

詳細はこちらの記事から確認が可能です。

一括不動産投資無料相談【Oh!Ya(オーヤ)】の特徴、口コミ

また、土地を持っている、土地の購入からアパート建設を考えたいのであれば、土地活用サービスを取り扱う会社への一括資料請求から始めてみるのがおすすめです。

土地活用の一括資料請求サービスベスト3

また、こちらの記事では、サラリーマン投資家がアパート投資に取り組む際の注意点を紹介しています。

資金少なめ・利回り重視の不動産投資【中古アパート不動産投資】の注意点

【新築アパート投資】サラリーマン投資家が失敗を避けるために注意すべきこと

マンション、アパート、戸建以外の不動産投資

不動産投資にはワンルームマンション、アパート、戸建投資以外にも、金額は大きくなりますが、中古マンション一棟投資や、アメリカ不動産投資などがあります。

また逆に小さな金額では小口不動産投資があります。

その詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

圧倒的な利回り【武蔵コーポレーション】(中古一棟不動産)の特徴、口コミ

収益&節税が可能なアメリカ不動産投資『オープンハウス』の特徴

小口不動産投資一覧

最後に法人作りの話をします。

法人設立を考えたら

本格的に不動産投資をするなら、法人設立は避けて通れません。

本格的に取り組むつもりでしたら、法人設立を不動産投資より先に準備しようと考えるのは当然のことです。

そのためにはまず、法人設立方法の調べ方、手続きを知ることが必要です。

法人作りは時間と手間とお金がかかります。

一から全て自分でやるのはとっても大変ですが、非常に勉強になるので、一度やってみるのもおすすめです。

法人を設立して不動産投資に取り組むメリットや注意点は、こちらの記事に詳しくまとめています。

是非、チェックしてみてください。

【不動産投資初心者のサラリーマンへ】法人設立し始めることのすすめ

【不動産投資・サラリーマン・副業】法人を設立し不動産投資を始めてみよう

【不動産投資・サラリーマン・副業】5棟10室基準:初めから法人での不動産投資を勧める理由

タイトルとURLをコピーしました