【不動産情報】マンション探しの必須ツール 住まいサーフィンの特長

【不動産情報】一般的な物件の探し方と相場データの調べ方

物件探し

【不動産情報】一般的な物件の探し方と相場データの調べ方

自宅としての新築マンションの購入。

または、中古マンションの購入。

あるいは不動産投資への挑戦。

不動産の購入に向けて、不動産情報探しにいざ取り組む。

その物件の探し方と相場データの調べ方としては、次のようなものを利用するのが一般的なのではないかと思います。


①不動産物件情報サイト(SUUMOLIFULL HOME’Sat homeニフティ不動産不動産ジャパンなど)※
②各不動産会社サイトの物件情報

③投資用不動産物件情報サイト(健美家楽待LIFULL HOME’S不動産投資at home投資など)※
④接点のある営業マンからの情報提供(メールなど)
⑤街で見かける現地看板、オープンルームなど


※①③の各サイトについて、詳しくはこちらの記事でも解説しています。
【不動産投資初心者もこれを読めばOK】おすすめサイト10選:特徴と使い方

これらの情報から、物件タイプ、広さ、エリア、築年数ごとの価格相場を調べ、その物件がお得なのか、一般的か、割高か、などを判断していくのではないでしょうか。

【不動産情報】世の中にオープンになっていない情報がある

不動産情報においては、世の中にオープンになっていない未公開情報もたくさん存在しています。

①広告でオープンになってはいるが、指値を想定した、実際にそうなるであろう売買価格情報
②広告に載せる前の物件情報
③募集をかけることを決めていないが、条件次第では売り出す物件の情報

その一次情報にいかに触れられるかが、お買い得な物件を見つけるために重要になってきます。

しかし、プロでもない一般の方に、なかなかそんな特別な情報は回ってきません

熱心に不動産業者とコミュニケーションを取り、少しでも早い段階で有利な情報を入手するような地道な努力は、最低でも必要でしょう。

しかしそれでそういった特別な情報が入手出来るとは限りません。

そこではやはり、大きな金額をすぐに出せる大口投資家やプロの不動産業者の方が、有利な情報にいち早く到達するのは当然だ、と考えるのが妥当でしょう。

【不動産情報】マンションはどの物件を買うかが大事

マンション

では、一般の方が少しでもいい物件に出会うために、いったいどのような観点で動いたらいいのでしょうか。

そのひとつの回答としては、「エリア」と「特定の物件」に絞り込むやり方があります。

オープンになっている情報からでも、「エリア」や「特定の物件」の人気、その価格の推移を調べていければ、買ったあとの先々も価値が高い「勝ち抜ける物件選び」、あるいは最低でも「負けない物件選び」は可能です。

不動産情報を探す場合、マンションの場合は特に「どの物件を買うか」が非常に重要になります。

その「エリア」と「特定の物件」探しに一般の方でも使用可能な便利なサイトが存在します。

その代表的な不動産情報サイトのひとつである、国内最大級のセカンドオピニオンサイト「住まいサーフィン」を紹介します。

【不動産情報】マンション探しの必須ツール 住まいサーフィンの特長

都心のマンション

住まいサーフィンとは?その特長

住まいサーフィン

「住まいサーフィン」とは一体どんなサービスなのでしょうか。

その特長は以下の通りです。

住まいサーフィンとは

・マンション購入・売却に本気な方のための無料会員制セカンドオピニオンサイト。
・会員約24万人の声と業界最大級の不動産ビッグデータを元にマンション情報を公開。

「住まいサーフィン」一番利用しがいのある方とは?

・マンション購入検討者
・マンション売却検討者
・マンション所有者
・投資に積極的な方
・未就学児がおり子育て環境を重視する方

住まいサーフィンの特長

「住まいサーフィン」の特長は、一般的な不動産情報サイトにはない「価格情報」や「評価」をチェックできること。

資産性に重点を置いた情報が多数。

各種メディアに出演している不動産の専門家、沖有人による動画講座「沖レク」。

その他、他の不動産サイトにはない、独自の調査・ランキングデータを見ることができます

【1】モデルルームに行かなくても価格表が見られる
号室特定の新築マンション価格表10万戸超を無料公開

【2】不動産の専門家による講座が無料で受講できる(沖レク)
・約70本、総時間数15時間以上の内容のマンション購入に関する講座が視聴可能
・マンション購入前にしてはいけないこと、住宅ローンの基礎知識、モデルルーム見学のポイントなど
購入検討者に必須の基礎知識を得られる
・資産性の高い物件の選び方、災害リスクの考え方や災害エリアの確認法など
マンション投資に積極的な上級者向けの知識も得られる

【3】教育熱心な子育て世帯が気になるランキングを多数見られる
・保育園に入りにくい駅ランキング
・年収の高い学区ランキング
・高学歴な親が多い学区ランキング
など、未就学児の親が住まい選びをするときに重要視する項目のランキングデータを調べられる

【4】客観的なマンション評価がわかる
・ユーザーによるマンション評価
・住まいサーフィン独自のマンション評価
・デベロッパーの評価・評判(値段が下がりにくいマンション、住み心地、アフターサービス)
・管理会社満足度ランキングなどを公開中

「住まいサーフィン」の詳細はこちらのウェブサイトから確認できます。

「住まいサーフィン」の詳細を見る

人生を左右するマンション選びの観点に【資産価値】は、欠かせない

資産価値の差

人生を左右するマンション選びの観点に【資産価値】は、欠かせません。

上のAさん、Bさん、Cさん3人の例で見てみましょう。

こうして見ると、AさんとBさんでは、1,155万円。

BさんとCさんでは、1,626万円。

購入したマンションが値上がりしたAさんと値下がりしてしまったCさんとでは、入居後10年の間に2,781万円の収支差が開いたことになります。

このように、彼らの命運を分けたのは、購入したマンションの資産価値。

上記はあくまで一例ではありますが、これによりライフスタイルの自由度に大きな違いが現れるのは明白です。

「住まいサーフィン」では、この資産価値を分かりやすくするため、「沖式儲かる確率」と「沖式新築時価」という独自の指標で数値化しています。

実際に「住まいサーフィン」に掲載している、マンション購入の失敗体験談で「部屋の選択で失敗」は第3位。

住宅を購入するなら、住み替えも視野にいれ、その資産価値をしっかりと意識しておきましょう。

「住まいサーフィン」の詳細と無料会員登録はこちらのウェブサイトから確認できます。

「住まいサーフィン」の詳細と無料会員登録を確認する

不動産投資をしたいなら、「まずは自宅から」

いまや、マンション購入検討理由の1位に挙げられる「自宅での資産形成」。(※MAJOR7調べ)

かたや不動産投資については、しっかり研究し勉強して取り組まない限り、容易には儲かりません。

そんな中で、不動産投資で成功したいなら「まずは自宅から」、ということもよく言われています。

その理由は、不動産投資の新方程式(下図・不動産投資は新築ワンルームマンション投資の場合)のとおり、自宅投資の場合は金利も安く、税制も優遇されており、自宅での資産形成は、通常の不動産投資より有利に進めやすい環境にあるためです。

自宅と不動産投資

自宅マンション購入に対して、新築ワンルームマンション投資では利益が出ないことになります。

 不動産投資で成功したいなら、いかに譲渡損益の良い(資産価値が下がりにくく、値上がりすら狙える)資産性の高いマンションを選ぶかが非常に重要になってくることでしょう。

そんな資産性の高いマンション選びをする際に、「住まいサーフィン」の「沖式儲かる確率」と「沖式新築時価」は、儲かる確率の高いマンション選びの参考になるはずです。

「住まいサーフィン」の詳細と無料会員登録はこちらのウェブサイトから確認できます。

「住まいサーフィン」の詳細と無料会員登録を確認する

自宅購入で含み益を出すためのマンション選び「7つの法則」

「住まいサーフィン」では、1993年以降分譲されたほぼ全てのマンション(約1.8万棟)を調査し、自宅購入で含み益を出すための「7つの法則」を発見しました。

「7つの法則」は、中古マンション価格が新築価格よりも値上がりする基本パターンとして作用しており、下記のように分類することができます。

不動産選び7つの法則

マンション選び「7つの法則」
自宅購入で含み益を出すためには、「いつ」(法則1)「どこに」(法則2、3)「どんな物件を」(法則4、5、6)「いくらで」(法則7)購入するかということが、ポイントとなります。

このうち、法則2・3・4・5・6をまとめたものが「儲かる確率」であり、マンションの資産性を示しています。

「沖式新築時価」は、法則7の適正価格を示しており、新築時の販売価格と比較することで、割安度を判断することができます。

「住まいサーフィン」の詳細と無料会員登録はこちらのウェブサイトから確認できます。

「住まいサーフィン」の詳細と無料会員登録を確認する

資産価値が数値化されている「住まいサーフィン」の機能をすぐに使おう

①「自宅査定1億件のデータを分析しマンションの取引時価を算出
無料で簡単に住戸単位の査定ができます。

②ローンシミュレータ
年収から予算の適正&上限がわかります。
低金利時代を活用した、あなたにあったマンション探し。

③ユーザ評価・関係会社評価・資産性評価
マンションを買う前・売る前に客観的な判断材料が手に入る、マンションの第三者評価。

④価格表
なかなか見れない新築時の価格表広告サイトではないからこそ惜しまず公開。

資産価値が数値化されている「住まいサーフィン」の機能。

無料会員登録をして、すぐに使ってみましょう。

「住まいサーフィン」の無料会員登録は、こちらのウェブサイトからすぐに行うことが可能です。

「住まいサーフィン」の無料会員登録をする

【実践編】不動産投資初心者が危険な目に陥らないために

様々な不動産

年金2000万円問題や、増税、コロナ禍など様々な要因から、副業が推奨されている昨今。

今後その副業推奨の流れが止まることはなく、むしろ加速する一方でしょう。

勤めている会社や組織に依存しすぎず、自分の足で立つ基盤作りが、誰にとっても望まれている世の中。

そんな中で有力な資産構築に向けた副業の選択肢の一つが「不動産投資」です。

不動産投資で危険な目に陥らないために。

様々な情報を収集し、よく学ぶよう、自ら動き行動していくことが重要です。

ですので、様々な不動産会社と営業マンと会い、様々な投資手法や物件情報を収集して比較して検討を進め、最適な物件を選ぶように行動していってみてください。

ここからは、本格的に不動産投資に取り組もうと考える際に、参考となる情報を紹介していきます。

一度目を通してみるだけでも、視野が拡がり、大きな失敗の可能性が減る。

その価値があると、確信しています。

不動産投資の情報収集を始めてみましょう

それではさっそく、不動産投資の情報収集を始めてみましょう

どんなタイプの投資用物件を買うと、どういう税金や経費がかかり、収益がどのように残るのか。

いろんな投資用物件タイプについて具体的に理解できるようになると、それぞれの投資用物件の特質を比較検討できるようになり、不動産投資についてより詳しく理解できるようになります。

「不動産投資用物件タイプ」や「投資用不動産会社」についての具体的な詳細は、この以下の記事から見ていくことができます。

マンション不動産投資

不動産投資の代表選手がワンルームマンション投資です。ワンルームマンション投資には中古マンション投資新築マンション投資があります。

中古、新築、それぞれにメリット・デメリットがあります。

その詳細は以下の記事をチェックしてみてください。

【中古区分マンション不動産投資】小資金で取り組める不動産投資の注意点

【新築区分マンション投資】初心者サラリーマン投資家にオススメしない理由

マンション投資一覧

誰でもできる「リスクを減らせる中古マンション投資」3つのポイント

築古戸建投資

築古戸建投資を行う場合は、SUUMOやアットホームといった一般的な検索サイト、楽待や健美家といった不動産投資ポータルサイト、そして地域の不動産会社などとコンタクトをとり、丹念に物件を探す行動が必要です。

そうして掘り出し物を見つけることに努力を注ぎ、個別性の高い、様々なリスクの隠れている物件情報を見極める「目利き力」を磨き上げていきましょう。

築古戸建不動産投資に取り組むなら、こちらの

【築古戸建不動産投資】サラリーマンが失敗を避けるための3つのポイント

を参考にしてみてください。

新築戸建投資

次いで新築戸建です。

新築戸建投資物件を専門で取り扱っている会社はそんなに多くはありません。

安く建築できるハウスメーカーを探し、問い合わせしてみる必要があるでしょう。

専門で投資用新築戸建を取り扱う会社には飯田グループホールディングス一建設(はじめけんせつ)があります。

新築戸建投資を検討しているなら、問い合わせをしてみる価値があります。

アパート投資、土地活用

アパート投資を取り扱う会社はたくさんあります。

まずは気になる会社の資料請求から情報収集を始めてみると良いでしょう。

一括不動産投資無料相談【Oh!Ya(オーヤ)】では、最大で12社の資料を一括で請求することができます。

詳細はこちらの記事から確認が可能です。

一括不動産投資無料相談【Oh!Ya(オーヤ)】の特徴、口コミ

また、土地を持っている、土地の購入からアパート建設を考えたいのであれば、土地活用サービスを取り扱う会社への一括資料請求から始めてみるのがおすすめです。

土地活用の一括資料請求サービスベスト3

また、こちらの記事では、サラリーマン投資家がアパート投資に取り組む際の注意点を紹介しています。

資金少なめ・利回り重視の不動産投資【中古アパート不動産投資】の注意点

【新築アパート投資】サラリーマン投資家が失敗を避けるために注意すべきこと

マンション、アパート、戸建以外の不動産投資

不動産投資にはワンルームマンション、アパート、戸建投資以外にも、金額は大きくなりますが、中古マンション一棟投資や、アメリカ不動産投資などがあります。

また逆に小さな金額では小口不動産投資があります。

その詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

圧倒的な利回り【武蔵コーポレーション】(中古一棟不動産)の特徴、口コミ

収益&節税が可能なアメリカ不動産投資『オープンハウス』の特徴

小口不動産投資一覧

最後に法人作りの話をします。

法人設立を考えたら

本格的に不動産投資をするなら、法人設立は避けて通れません。

本格的に取り組むつもりでしたら、法人設立を不動産投資より先に準備しようと考えるのは当然のことです。

そのためにはまず、法人設立方法の調べ方、手続きを知ることが必要です。

法人作りは時間と手間とお金がかかります。

一から全て自分でやるのはとっても大変ですが、非常に勉強になるので、一度やってみるのもおすすめです。

法人を設立して不動産投資に取り組むメリットや注意点は、こちらの記事に詳しくまとめています。

是非、チェックしてみてください。

【不動産投資初心者のサラリーマンへ】法人設立し始めることのすすめ

【不動産投資・サラリーマン・副業】法人を設立し不動産投資を始めてみよう

【不動産投資・サラリーマン・副業】5棟10室基準:初めから法人での不動産投資を勧める理由

タイトルとURLをコピーしました