【不動産投資初心者もこれを読めばOK】おすすめサイト10選:特徴と使い方

不動産投資初心者向けに物件情報おすすめサイトを紹介する理由

ネット

不動産投資初心者向けに物件情報おすすめサイトを紹介する理由

なぜ「不動産投資初心者向けに物件情報おすすめサイト」を紹介するのか。

私自身、これまで数多くの賃貸物件に住み、住み替え、複数回持ち家を購入し売却した経験があり、現在、複数の不動産投資物件を法人で所有し、運用してきています。

そして、仕事では大手メディア運営側から15年間不動産業界に関わり、不動産広告のプロとして延べ千社以上の様々な不動産会社とコミュニケーションをとってきました。

こうして実際に不動産投資を行なってみて、広告メディア側から長年関わってきて。

不動産物件情報を収集するためには、サイトごとに特徴があり、どのように活用したら便利なのかを体感し、業界内部についても熟知しています。

そして、不動産投資初心者向けにわかりやすく紹介した上に、次の行動は何をすれば良いかまで紹介しているブログとなるとあまり見当たらず、不便だったことを実感しているからです。

この記事を読めば「不動産投資」をもっと知りたくなります

この記事を読み終えると不動産物件情報サイトそれぞれの特徴が理解できます。

そして「不動産投資」についても、もっと知りたくなります。

【初心者向け】不動産物件情報サイトの特徴と使い方

初心者が不動産物件情報サイトを使う意義

不動産投資においては希望条件に合致する物件を見つけるかが全てと言っても良いでしょう。

それも数百件もの情報の中からこれだという物件が1件見つかるかどうか。

掘り出し物探しは実際そんな物です。

情報収集においては、こちらの条件を理解している信頼できる不動産会社のパートナーができれば、それが一番頼りになります。

ただ、その不動産会社もたくさんのお客さんがいる中の対応ですし、自分自身よりも詳しく細かくマメに不動産物件情報をチェックしてくれているとは限りません。

そして何よりも、初心者にはそういったパートナーがまだいないでしょう。

まずは不動産物件情報サイト使いこなすこと。

使いこなすうちに常に最新の物件情報に触れることとなりますし、自分の相場観醸成にも役立ちます。物件探しにおいて必須な行動です。

そして、その行動を通じて、希望の物件や、新しい不動産会社との出会いも生まれてくることで、新たな知見が増えていくことにもなります。

投資用不動産情報収集に役立つサイトは大きく2種類

不動産物件情報サイトには投資用不動産物件情報サイトと通常の物件検索サイトがあります。

それぞれどちらも丹念にマメにチェックすることで掘り出し物が見つかる、その取り扱い会社に出会える可能性が高まります。

このブログでは投資用不動物件情報サイト5つ、通常の物件検索サイトから5つ、合計10サイトを紹介していきます。

投資用不動産物件情報サイト5選

まずは投資用不動産物件情報サイトから紹介します。

健美家

健美家

主に物件情報検索、条件登録しての自動で最新情報を入手するのに活用するのが良いでしょう。

また、不動産投資ブログは、参加者、内容ともにこのジャンルのサイトの中では一番充実しているのではないかと思います。

有名な不動産投資本の著者のブログも、こちらには多く掲載されています。

楽待

楽待

不動産投資専用のサイトでは最大手のひとつです。

物件情報検索、条件登録をして自動で最新情報を入手するには最適。

情報量はTOPクラス。そして、不動産投資を実践している投資家のコラムが充実しています。

LIFULL HOME’S不動産投資

LIFULLHolmes不動産投資

LIFULL HOME’Sの不動産投資情報専門ページです。

検索項目が多く切り口も様々で検索しやすことと、物件情報数も相当豊富です。

物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。

at home投資

at home投資

at homeの投資専門サイト。こちらも物件情報数は豊富です。

具体的な検索条件が決まっているのであれば希望条件を登録しておいて、新着情報をメールで受け取るサービスを利用すると良いでしょう。

インターフェースが少々シンプル過ぎる嫌いがありますが、利用目的がはっきりしている人には、かえって使いやすいかもしれない、とも思います。

不動産投資★連合隊

不動産投資★連合隊

こちらは抑えとして、上記サイトで見つからない情報があればという観点で物件検索に活用すると良いでしょう。

他サイトよりは質量共劣るとは思いますが、違う物件情報が載っていることもあるので、チェックしておいたほうが良いと思います。

不動産物件情報サイト5選

今度は通常の不動産物件情報検索サイトから5つ紹介します。

SUUMO

SUUMO

日本国内最大手の不動産情報総合サイト。

いち早く情報が公開されますので、こちらも検索条件を登録して掘り出し物を見つけるのに使うと良いでしょう。

LIFULL HOME’S

LIFULL HOME'S

こちらも不動産情報ポータルサイト最大手のひとつ。

投資専門サイトがあるのでそちらで基本的には用は足りますが、念のため検索条件を登録して物件情報を拾うのに使うと良いでしょう。

at home

at home

同じく不動産情報ポータルサイト最大手のひとつ。

SUUMO、LIFULL HOME’S、at homeの3サイトが国内トップ3。

at homeは業者間流通図面の会社ですので、情報の信頼性が高く、ここだけの物件情報もあったりします。

こちらも投資専門サイトがあるので基本的にはそちらで用は足りますが、念のため検索条件を登録して物件情報を拾うのに使うと良いでしょう。

ニフティ不動産

ニフティ不動産

こちらは大手不動産検索サイトの横断サイト。下記物件検索参加パートナーサイトの情報を横断検索できるのと、条件登録ができるので、希望の検索条件を登録しておくなどして、こちらでまとめてチェックすると非常に便利です。

ただし、物件検索参加パートナーによって物件情報は随時更新されているため、物件削除のタイミングにより、物件一覧画面から詳細物件が閲覧できない場合があります。

そのため、特に大事な個別サイトでの条件登録とは併用することをおすすめします。

不動産ジャパン

不動産ジャパン

国内の大半の不動産会社が加盟している不動産流通4団体の不動産情報を検索できる、公益財団法人不動産流通推進センターが運営する不動産情報の総合サイトです。

物件情報数も多く内容も信頼性が高く情報鮮度も良い、必ず押さえておきたいサイトです。

各種のデータも豊富で、個人向けから不動産業者向けまで、幅広く活用が可能です。

検索条件リストなどを登録して、掘り出し物の物件を丹念に探すと良いでしょう。

不動産投資初心者が危険な目に陥らないために

様々な不動産

サラリーマンの副業が推奨されている昨今。今後その副業推奨の流れが止まることはなく、むしろ加速する一方でしょう。

勤めている会社や組織に依存しすぎず、自分の足で立つ基盤作りが、誰にとっても望まれている世の中。

そんな中で有力な副業の選択肢の一つが「不動産投資」です。

サラリーマンが不動産投資で危険な目に陥らないために。

様々な情報を収集し、よく学ぶよう、自ら動き行動していくことが重要です。

ですので、様々な投資手法や物件情報を収集して、比較して検討を進め、最適な物件を選ぶように行動していってみてください。

法人設立を考えたら

不動産投資を本気で行なっていこうとするのであれば、遅かれ早かれ、いずれ考えていくことになるのが法人設立です。

そこで一番おすすめなのは、不動産投資より先に法人を作り、その法人で不動産投資を行なっていくこと。

詳しくはこちら記事も参考にしてみてください。

【不動産投資・サラリーマン・副業】法人を設立し不動産投資を始めてみよう

【不動産投資・サラリーマン・副業】5棟10室基準:初めから法人での不動産投資を勧める理由

法人設立のためには、まずは法人のつくり方の調査や手続き方法を知ることが必要です。

法人作りは時間と手間とお金がかかります。自分でやるのはとっても大変ですが、非常に勉強になるので、一度やってみるのもおすすめです。

もし、法人設立の方法をプロに相談したい、ということでしたら、こちらの法人設立相談サービス「シェアーズ」に一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

登記、開業届、社保、新規開業時の手続きならシェアーズ

また、税理士をお探しならこちらのサービス【税理士紹介ネットワーク(Tax-concierge)】もおすすめです。

税理士紹介ネットワークなら、経験豊富な税理士を紹介します!

不動産投資の情報収集を始めてみましょう

それではさっそく、不動産投資の情報収集を始めてみましょう

こちらも時間がかかることですので、大変ですが、並行して情報取集のアクションを開始しておきましょう。

どんなタイプの投資用物件を買うと、どういう税金や経費がかかり、収益がどのように残るのか。

いろんな投資用物件タイプについて具体的に理解できるようになると、それぞれの投資用物件の特質を比較検討できるようになり、不動産投資についてより詳しく理解できるようになります。

「不動産投資用物件タイプ」や「投資用不動産会社」についての具体的な詳細は、この下のリンクや紹介記事から見ていくことができます。

マンション不動産投資

不動産投資の代表選手がワンルームマンション投資です。ワンルームマンション投資には中古マンション投資新築マンション投資があります。

中古、新築、それぞれにメリット・デメリットがありますので、その詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

【中古区分マンション不動産投資】小資金で取り組める不動産投資の注意点

【新築区分マンション投資】初心者サラリーマン投資家にオススメしない理由

築古戸建投資

築古戸建投資を行う場合は、SUUMOやアットホームといった一般的な検索サイト、楽待や健美家といった不動産投資ポータルサイト、そして地域の不動産会社などとコンタクトをとり、丹念に物件を探す行動が必要です。

そうして掘り出し物を見つけることに努力を注ぎ、個別性の高く、様々なリスクの隠れている物件情報を見極める目利き力を磨き上げていきましょう。

こちらの

【築古戸建不動産投資】サラリーマンが失敗を避けるための3つのポイント

を参考にしてみてください。

新築戸建投資

次いで新築戸建です。新築戸建投資物件を専門で取り扱っている会社はそんなに多くはありません。安く建築できるハウスメーカーを探し、問い合わせしてみると良いでしょう。

専門で投資用新築戸建を取り扱う会社には飯田グループホールディングス一建設(はじめけんせつ)があります。こういった専門的に扱っているハウスメーカーにも一度問い合わせてみてもいいでしょう。

アパート投資、土地活用

アパート投資を取り扱う会社はたくさんあります。

まずは気になる会社の資料請求から情報収集を始めてみると良いでしょう。

一括不動産投資無料相談【Oh!Ya(オーヤ)】では、最大で12社の資料を一括で請求することができます。詳細はこちらの記事から確認が可能です。

また、土地を持っている、土地の購入からアパート建設を考えたいのであれば、土地活用サービスを取り扱う会社の資料請求から始めてみましょう。

その詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

また、こちらの記事ではサラリーマン投資家がアパート投資に取り組む際の注意点を紹介しています。参考にしてみてください。

資金少なめ・利回り重視の不動産投資【中古アパート不動産投資】の注意点

【新築アパート投資】サラリーマン投資家が失敗を避けるために注意すべきこと

マンション、アパート、戸建以外の不動産投資

不動産投資にはワンルームマンション、アパート、戸建投資以外にも様々な手法があります。

金額は大きくなりますが、中古マンション一棟投資や、アメリカ不動産投資など。

また小さな金額では小口不動産投資もあります。

その詳細はこちらの記事を参考にしてみてください。

また、こちらの記事では中古マンション一棟投資やアメリカ築古戸建不動産投資に取り組む際の注意点を紹介しています。参考にしてみてください。

【中古一棟マンション投資】メリットが多いが難易度も高い不動産投資の注意点

【アメリカ不動産投資】安定利益の出る法人と高所得サラリーマンにお勧めする理由

タイトルとURLをコピーしました