【サラリーマン不動産投資初心者おすすめの始め方】妻・夫名義の活用

【不動産投資初心者サラリーマン】に配偶者(妻・夫)名義で始めることを勧める理由

家

不動産投資初心者のサラリーマンに、配偶者(妻・夫)名義で始めることを勧める理由は何か。

私自身、不動産についてはこれまで数多くの賃貸物件に住み、住み替え、複数回持ち家を購入し売却した経験があり、現在は複数の不動産投資物件を法人で所有し、運用してきている経験があります。

不動産投資初心者のサラリーマンに、配偶者(妻・夫)名義で始めることを勧めるのも、こうして実際に投資・ビジネス・年収以上の収入を得た経験・不動産投資経験をやってきて、不動産投資初心者のサラリーマンが配偶者(妻・夫)名義で不動産投に取り組むことのメリット、良さを理解しているからです。

この記事を読めば不動産投資をもっと知りたくなります

この記事を読み終えると不動産投資初心者のサラリーマンが、配偶者(妻・夫)名義で不動産投資を始めるメリットが理解できます。

そして「不動産投資」について、もっと知りたくなります。

【不動産投資】初心者サラリーマンが始める場合の注意点

注意

副業禁止規定には注意(サラリーマンの不動産投資は副業禁止になりにくい)

まず、サラリーマンが不動産投資に取り組む際に注意すべきこととは何か。

それは「勤務先の副業禁止規制に触れないか」です

副業は主に以下の4つに分類されます。

①労働系:アルバイト等
②ネット系:プログラミング、ブログ、YouTube等
③金融投資系:FX、株式投資、仮想通貨等
④不動産投資系

一般的に、金融投資系や不動産投資系は副業禁止とならないケースが多いですが、勤務先によっては全てNGということもあります。

自分の勤務先では何がOKで何がNGか、取り組む前に就業規則などを良く読んで、事前に確認しておくようにしましょう。

どの副業も、自分自身で確定申告を行えば勤務先にバレることは考えにくいですが、あえてリスクを冒さない方が無難です。

一方、例え勤務先の副業禁止規定に触れる内容だとしても、副業に取り組める方法があります。

それは何か。

・配偶者名義で不動産投資を行う
・法人名義で不動産投資に取り組む

このふたつです。

この記事では、

・配偶者名義で投資を行う

について、話を進めていきます。

【サラリーマンが副業禁止を避けられる】配偶者名義で不動産投資を行うメリット

TAX

配偶者名義で不動産投資を行おうとするときに一番大事なこと【理解を得る】

配偶者も仕事をしている場合は、自身と同様、勤務先の副業禁止規定に触れないかどうかの確認からになりますが、副業禁止規定に触れていなかったり、専業主婦・主夫だったりした場合、配偶者名義で不動産投資に取り組むなら、その理解を得ることが、一番重要な第一歩になります。

不動産投資について、夫婦二人で研究していたりしていて、すでに理解があれば問題ありませんが、大抵の場合は不動産投資そのものについて、あまり理解がないかもしれません。

収入がない(少ない)妻(夫)では多額なローンを背負うのは無理ではないか?と不安になりますが、夫(妻)の属性や条件によって融資を受けることが可能です。

夫婦の収入は家計のものという考え方があるため、自分に安定した収入があれば、それを加味して審査されるからです。

では、そもそも何の目的で不動産投資を行うのか。

夫婦でこの目線を併せて置くことが肝心です。

配偶者の副業のために名義を貸すということではなく、『夫婦の事業として不動産投資を一緒に始める』というスタンスであることが肝心です。

ひとつには、インカムゲインの場合、家計には給与以外の収入が発生することになり、生活に余裕が生まれます。

また、キャピタルゲインを目的とする場合は、早めに始めておけば将来の教育費や学費などで必要になったとき使う資金として貯めておくことができます。

他には、老後のために、定年後にも収益を生み出す物件を選ぶ方法もあります。

配偶者(妻・夫)名義で不動産投資に取り組むメリット

①会社の副業禁止規定を避けることが出来る

配偶者(妻・夫)名義で取り組むことで、自身の勤務先に副業禁止規定がある場合、それを避けることができます。

配偶者(妻・夫)名義名義にすると、対外的には夫(妻)に関係なく妻(夫)が始めた事業となりますし、収入も妻(夫)の名前で上がるため、会社への報告は不要です。

今後、事業を拡大して不動産を複数取得しても、会社にばれないかと心配する必要もないので、サラリーマンにとっては大きなメリットになるでしょう。

②節税対策をすることが出来る

家賃を妻(夫)の収入にすることで、節税することができます。

日本の所得税は、累進課税制なので、所得の多い夫(妻)の収入にするより、妻(夫)の収入にした方が税金が大幅に下がります。

所得税率一覧
引用:国税庁 HP

③夫(妻)が連帯保証人となりローンを組むことができる

収入が安定している夫(妻)が連帯保証人になりローンを組むことができるので、

連帯保証人は保証人と違い、融資を受ける名義人とほぼ同じ責任を持ちます。

万が一名義人である妻(夫)が自己破産したとしても、借金は連帯保証人である夫(妻)について回るほどに、重い責務を負うのです。

銀行側は、収入が安定している夫(妻)が連帯保証人になることで回収が可能だと判断するため、融資が下りる可能性が格段に上がります。

夫婦は運命共同体。

ローンの審査を通すためにも『二人で』協力することが大切です。

さっそく話し合いを開始しましょう。

そして、具体的なアクションを。

続けて、不動産投資初心者が不動産投資を始めるための、おすすめ情報収集方法について紹介します。

【不動産投資初心者】おすすめの情報収集方法 

様々な不動産

副業が推奨されている昨今。今後その副業推奨の流れが止まることはなく、むしろ加速する一方でしょう。

勤めている会社や組織に依存しすぎず、自分の足で立つ基盤作りが、誰にとっても望まれている世の中。

そんな中で有力な副業の選択肢の一つが「不動産投資」です。

まず、「不動産投資」についてのアクションを行っていない方には、この機会に早めに取り組んでみることをおすすめします。情報収集だけでも始めてみましょう。

「不動産投資」についての具体的な詳細は、この下のリンクや紹介記事から見ていくことができます。

マンション不動産投資

不動産投資の代表選手がワンルームマンション投資です。ワンルームマンション投資には中古マンション投資新築マンション投資があります。

中古、新築、それぞれにメリット・デメリットがありますので、その詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

【中古区分マンション不動産投資】小資金で取り組める不動産投資の注意点

【新築区分マンション投資】初心者サラリーマン投資家にオススメしない理由

築古戸建投資

築古戸建投資を行う場合は、SUUMOやアットホームといった一般的な検索サイト、楽待や健美家といった不動産投資ポータルサイト、そして地域の不動産会社などとコンタクトをとり、丹念に物件を探す行動が必要です。

そうして掘り出し物を見つけることに努力を注ぎ、個別性の高く、様々なリスクの隠れている物件情報を見極める目利き力を磨き上げていきましょう。

こちらの

【築古戸建不動産投資】サラリーマンが失敗を避けるための3つのポイント

を参考にしてみてください。

新築戸建投資

次いで新築戸建です。新築戸建投資物件を専門で取り扱っている会社はそんなに多くはありません。安く建築できるハウスメーカーを探し、問い合わせしてみると良いでしょう。

専門で投資用新築戸建を取り扱う会社には飯田グループホールディングス一建設(はじめけんせつ)があります。こういった専門的に扱っているハウスメーカーにも一度問い合わせてみてもいいでしょう。

アパート投資、土地活用

アパート投資を取り扱う会社はたくさんあります。

まずは気になる会社の資料請求から情報収集を始めてみると良いでしょう。

一括不動産投資無料相談【Oh!Ya(オーヤ)】では、最大で12社の資料を一括で請求することができます。詳細はこちらの記事から確認が可能です。

また、土地を持っている、土地の購入からアパート建設を考えたいのであれば、土地活用サービスを取り扱う会社の資料請求から始めてみましょう。

その詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

また、こちらの記事ではサラリーマン投資家がアパート投資に取り組む際の注意点を紹介しています。参考にしてみてください。

資金少なめ・利回り重視の不動産投資【中古アパート不動産投資】の注意点

【新築アパート投資】サラリーマン投資家が失敗を避けるために注意すべきこと

マンション、アパート以外の不動産投資

不動産投資にはワンルームマンション、アパート投資以外にも様々な手法があります。

金額は大きくなりますが、中古マンション一棟投資や、アメリカ不動産投資など。

また小さな金額では小口不動産投資もあります。

その詳細はこちらの記事を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました