【不動産投資・サラリーマン・初心者・副業】仕事に安心して向き合うために、安定した別の収入源を作ろう

【不動産投資・サラリーマン・副業】仕事に安心して向き合うために

仕事と収入と

【副業】仕事に安心して向き合う、とは?

「仕事に安心して向き合う」とは、いったい何のことなのでしょうか?

それは、本業の仕事に「外連味なく向き合えている状態を実現していること」をさしています。

本業での「評価」やそれにともなう「収入の上下」への不安が足かせとなって、「本来やりたいこと」や「やるべきと思うこと」に対して「評価」が気になって躊躇してしまうこと。それがない状態のことです。

それを「仕事に安心して向き合えている状態」、とここでは言っています。

安定した別の収入源があると安心して仕事に向き合える

仕事をしていく中では、どうしても周囲の評価が気になりますよね。それは当たり前のことであり、人が組織の中で、世間の中で生きていく上で当然のことですが、会社においては殊にそれが色濃く出てしまいがち。

そこには収入の多寡が影響していると言えるでしょうし、地位を求めるのも、収入とセットである面も、なかなか否めないと思います。

そこに本業に左右されない、安定した別の収入源が他にあれば、本業での評価などを過度に気にせずに、「安心して仕事に向き合える」要素が増えると思います。

むしろ、本業で成功するためにこそ、安定した別の収入源作りが必要だと言えるのではないでしょうか。

不動産投資が安定した別の収入源となると言える理由

その「安定した別の収入源」に「不動産投資」充分になりえます。

そうと言える理由は、私自身、これまで数多くの賃貸物件に住み、住み替え、複数回持ち家を購入し売却した経験があり、現在、複数の不動産投資物件を法人で所有し、運用してきています。

こうして実際に不動産投資をやってみて、

不動産投資が安定した別の収入源となっていて、仕事に安心して向き合えていることを、実際に体験しているからです。

この記事を読めば「不動産投資」をもっと知りたくなります

この記事を読み終えると、不動産投資が安定した別の収入源となると言える理由が理解できます。

そして「不動産投資」についても、もっと知りたくなります。

【不動産投資・サラリーマン・副業】本業以外の収入源を作ろう

副業のためのPC

本業以外の収入源の候補

本業以外の収入源の候補は何か。不動産投資ばかりではありません。いわゆる「副業」候補を試しにいくつか挙げてみましょう。

①労働系:アルバイト等
これは実際に労働力を切り売りするもので、決まった時間でお金になりますが、体力、労働力の投入が大きく、その割にリターンは限定されます。  

②ネット系:プログラミング、ブログ、YouTube等
これは専門的な知識と労働力の投入が必要で、成功すればリターンは大きいのですが、成功するとは限らない事、成果が出るまでに膨大な労働力の投入が必要なことが難点です。

③投資系:FX、株式投資、仮想通貨等
これも専門的な知識が必要ですが、成功すればリターンは大きいもの。労働力の投入も少なくてすみますが、ハイリスクハイリターンで、失敗すると損失が莫大になることもあるのが難点です。

④不動産投資系
専門的な知識が必要ですが、成功すればリターンは大きく安定的。労働力の投入も少な目ですみますが、ミドルリスクミドルリターンで、慎重に取り組まないと失敗したり、開始するには一定の社会的な属性が必要なことが難点です。

【副業】不動産投資が最有力

このように、副業の中で簡単に安定して稼げるのはアルバイトくらい。ただし、時間の切り売りのため早々に時間と収入と体力の上限が訪れます。

ネット系は損したりはしないものの、習熟や成果が出るまで時間と工数がかかる上に、成果が出るとは限りません

投資系は簡単に大きく儲かる可能性が一番高いですが、逆に簡単に大きな損失の可能性も一番高い。ハイリスクハイリターンで、どんなプロでもこうすれば必ず大きく成功する、と言える方法は残念ながらありません。

この中でも不動産投資は、安定して儲かる可能性が一番高く、社会的属性があれば始めやすいことが特質です。慎重に学び、取り組めば成功を追求しやすく、軌道に乗れば一番バランスのいい副業だと言えます。

その「不動産投資」については、以下の記事で詳しく紹介しています。

【不動産投資・サラリーマン・副業】さあ不動産投資をはじめてみよう

様々な不動産

勤めている会社や組織に依存し過ぎず、自分の足で立つ基盤作りが、誰にとっても望まれている世の中。

「不動産投資」についての具体的な情報収集のやり方や詳細は、この下のリンクや紹介記事から見ていくことができます。

法人設立を考えたら

不動産投資を本気で行なっていこうとするのであれば、遅かれ早かれ、いずれ考えていくことになるのが法人設立です。

そこで一番おすすめなのは、不動産投資より先に法人を作り、その法人で不動産投資を行なっていくこと。

詳しくはこちら記事も参考にしてみてください。

【不動産投資・サラリーマン・副業】法人を設立し不動産投資を始めてみよう

【不動産投資・サラリーマン・副業】5棟10室基準:初めから法人での不動産投資を勧める理由

法人設立のためには、まずは法人のつくり方の調査や手続き方法を知ることが必要です。

法人作りは時間と手間とお金がかかります。自分でやるのはとっても大変ですが、非常に勉強になるので、一度やってみるのもおすすめです。

もし、法人設立の方法をプロに相談したい、ということでしたら、こちらの法人設立相談サービス「シェアーズ」に一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

登記、開業届、社保、新規開業時の手続きならシェアーズ

また、税理士をお探しならこちらのサービス【税理士紹介ネットワーク(Tax-concierge)】もおすすめです。

税理士紹介ネットワークなら、経験豊富な税理士を紹介します!

不動産投資の情報収集を始めてみましょう

それではさっそく、不動産投資の情報収集を始めてみましょう

こちらも時間がかかることですので、大変ですが、並行して情報取集のアクションを開始しておきましょう。

どんなタイプの投資用物件を買うと、どういう税金や経費がかかり、収益がどのように残るのか。

いろんな投資用物件タイプについて具体的に理解できるようになると、それぞれの投資用物件の特質を比較検討できるようになり、不動産投資についてより詳しく理解できるようになります。

「不動産投資用物件タイプ」や「投資用不動産会社」についての具体的な詳細は、この下のリンクや紹介記事から見ていくことができます。

マンション不動産投資

不動産投資の代表選手がワンルームマンション投資です。ワンルームマンション投資には中古マンション投資新築マンション投資があります。

中古、新築、それぞれにメリット・デメリットがありますので、その詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

【中古区分マンション不動産投資】小資金で取り組める不動産投資の注意点

【新築区分マンション投資】初心者サラリーマン投資家にオススメしない理由

築古戸建投資

築古戸建投資を行う場合は、SUUMOやアットホームといった一般的な検索サイト、楽待や健美家といった不動産投資ポータルサイト、そして地域の不動産会社などとコンタクトをとり、丹念に物件を探す行動が必要です。

そうして掘り出し物を見つけることに努力を注ぎ、個別性の高く、様々なリスクの隠れている物件情報を見極める目利き力を磨き上げていきましょう。

こちらの

【築古戸建不動産投資】サラリーマンが失敗を避けるための3つのポイント

を参考にしてみてください。

新築戸建投資

次いで新築戸建です。新築戸建投資物件を専門で取り扱っている会社はそんなに多くはありません。安く建築できるハウスメーカーを探し、問い合わせしてみると良いでしょう。

専門で投資用新築戸建を取り扱う会社には飯田グループホールディングス一建設(はじめけんせつ)があります。こういった専門的に扱っているハウスメーカーにも一度問い合わせてみてもいいでしょう。

アパート投資、土地活用

アパート投資を取り扱う会社はたくさんあります。

まずは気になる会社の資料請求から情報収集を始めてみると良いでしょう。

一括不動産投資無料相談【Oh!Ya(オーヤ)】では、最大で12社の資料を一括で請求することができます。詳細はこちらの記事から確認が可能です。

また、土地を持っている、土地の購入からアパート建設を考えたいのであれば、土地活用サービスを取り扱う会社の資料請求から始めてみましょう。

その詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

また、こちらの記事ではサラリーマン投資家がアパート投資に取り組む際の注意点を紹介しています。参考にしてみてください。

資金少なめ・利回り重視の不動産投資【中古アパート不動産投資】の注意点

【新築アパート投資】サラリーマン投資家が失敗を避けるために注意すべきこと

マンション、アパート以外の不動産投資

不動産投資にはワンルームマンション、アパート投資以外にも様々な手法があります。

金額は大きくなりますが、中古マンション一棟投資や、アメリカ不動産投資など。

また小さな金額では小口不動産投資もあります。

その詳細はこちらの記事を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました