【不動産投資・サラリーマン】どんな人がするべきか

【不動産投資・サラリーマン】どんな人がするべきか

【不動産投資・サラリーマン】どんな人がするべきか

「サラリーマンでどんな人が不動産投資をするべきか」

その結論を先に言いますと、

・本業だけで将来安泰だと思っていない人
・それなりの資産を作り、自由に生きていきたい人
・本業、副業、投資などで一定の資産を築けた人

が、その将来対策として不動産投資をするべき人です。

このブログでは、不動産投資の活用をお勧めしていきます。

【不動産投資】なぜやらないのか

では、そういう人たちがなぜ不動産投資をやらないのか。

なぜやらずにきたのか。

それは、

・今は特に収入など困っていない
・先のことも漠然とした不安はあるが、なんとかなると安易に思っている

このように切迫感がないため、

正しい知識を知ろうというモチベーションがない

詳しく学ぶ機会がない

不動産投資をしようという意識にならない

不動産投資をしない多くの人は、能力や属性の問題ではなく、この理由に該当するからなのだと思います。

老後2,000万円問題、コロナ禍での産業構造の変化など、予想がつかないことがこれからの未来でも起こってくることでしょう。

今こそ、それへの備えが、本当に必要なのではないでしょうか。

【不動産投資】どんな人がするべきか、言える理由

不動産投資をどんな人がするべきか、言える理由。

それは、私自身、これまで長年にわたる金融投資、ビジネス経験があり、その中で、高い収入を長期間にわたり享受して生活に困らない状態を続けてきた経験があること。

また、その当時は、不動産投資については漠然とした興味関心を持ちながらも行動を起こさず、その後、収入や暮らしに将来の不安を持つようになってきてから、複数回持ち家を購入し売却法人を立ち上げ、複数の不動産投資物件を購入し、運用、と、遅れ馳せながら不動産投資に取り組んできた経験があるからです。

不動産投資をどんな人がするべきか言えるのも、こうして実際に投資やビジネスで高い収入を得た経験、その後の不動産投資経験をやってきて、どういう人が不動産投資をすると有利なのかを体感して知っているからです。

この記事を読めば不動産投資をもっと知りたくなります

この記事を読み終えると

・これから不動産投資に取り組むことが重要であること

が理解できます。

そして「不動産投資」についても、もっと知りたくなります。

【不動産投資・サラリーマン】向き不向きはあるのか

1軒の家

【不動産投資・サラリーマン】向き不向きはあるのか

不動産投資に取り組もうとするサラリーマンの性格に「向き」「不向き」があるのでしょうか。

結論、不動産投資に性格の向き不向きはありません。

ローン金額に対する過度な恐れなどを持つのでなければ、

本気で資産を残したい、資産を作りたいと考えて不動産投資を正しく学び、たくさん行動できるのであれば、どんな初心者であっても、成功する取り組みを始めることは可能です。

【サラリーマン】不動産投資に取り組む際の問題

サラリーマンが不動産投資に取り組む際の問題とは何か。

それは不動産投資に取り組むに際して3つあります。

❶不動産投資に取り組む目標を明確に持つ
❷不動産投資の計画を5年10年15年と中長期で立てる
❸空室対策、管理がしっかりできる不動産投資会社を選ぶ

これだけです。

❶不動産投資に取り組む目標を明確に持つ

これはこの記事でここまで書いてきた通りです。

不動産投資をするべき人は、将来をしっかり見据えて、着実に手を打つだけです。

すぐに着手しましょう。

こちらの記事では目標を明確に持つ重要性について詳しく紹介しています。

【不動産投資・資産運用】得たい収入と生活スタイルのイメージを持とう

❷不動産投資の計画を5年10年15年と中長期で立てる

・何年で何戸購入することになるのか
・どれだけローンを組む必要があるのか

・どの規模まで投資を広げていくのか

こういった中長期の計画をどれだけ具体的に描けるか。

ローンをどれだけ組み、運用していくのか、個人属性だけではなく法人で事業経営していくことなど、中長期の計画を立てることが重要になります。

この計画の立て方についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

【不動産投資・初心者・サラリーマン・副業】5年、10年、15年計画を立ててみよう

❸空室対策、管理がしっかりできる不動産投資会社を選ぶ

具体的な物件購入を進めていくにあたっては、付き合う不動産投資会社が、空室対策、管理がしっかり出来る会社なのかどうかがとても重要です。

このことについて具体的な話はこちらの記事でも紹介しています。

誰でもできる「リスクを減らせる中古マンション投資」3つのポイント

誰でもできる「リスクを減らせる新築マンション投資」3つのポイント

入居率が高い(99%以上)不動産投資会社ベスト3

【不動産投資】中古区分マンションから海外不動産投資まで

物件の種類

不動産投資はミドルリスクミドルリターン

不動産投資は基本的には

ミドルリスク・ミドルリターン

と言われており、

FXや株の信用取引で高レバレッジをかけてハイリスク・ハイリターンを狙う

というような投資手法ではありません。

どちらかと言えば、コツコツと中長期の時間をかけて投下資金を家賃収入の利回り(インカムゲインとも言います)で回収していくのが主流です。

ただし、東南アジア新興国への海外不動産投資のような、ハイリスクハイリターンと言われる、値上がり益(キャピタルゲインとも言います)を狙いに行くものもあります。

【不動産投資】投資対象物件の種類は様々

不動産投資の投資対象物件の種類は様々あります。

❶中古区分マンション(小資金・不動産投資の代表)
❷新築区分マンション(小〜中資金)
❸築古アパート一棟(小資金・利回り)
❹新築アパート一棟(中〜大資金)
❺築古戸建(小資金・利回り重視)
❻新築戸建(小〜中資金)
❼中古1棟マンション(大資金・利回り)
❽(土地から仕入れて)新築マンション建設(大資金・利回り・値上がり益)
❾海外不動産投資(中大資金・利回り・値上がり益・海外への分散投資)
➓オフィス、ビル、工場等事業用投資(小〜大資金・利回り・値上がり益)

その他:太陽光、小口投資など不動産投資関連商品(小〜大資金・利回り)

代表的な手法はこのくらいでしょうか。

【不動産投資】成功>失敗とするために、詳しく調べてみよう

このように10種類以上の投資手法を紹介しました。

それぞれに特徴があり、投資家の資金や目的、エリアによって、適するものが変わってきます。

その不動産投資の詳細については、次の記事でいくつか紹介しています。

【不動産投資】さあはじめてみよう

様々な不動産

勤めている会社や組織に依存しすぎず、自分の足で立つ基盤作りが、誰にとっても望まれている世の中。

そんな中で、基盤づくりの有力な選択肢の一つが「不動産投資」です。

「不動産投資」についての具体的な詳細は、この下のリンクや紹介記事から見ていくことができます。

法人設立を考えたら

不動産投資を本気で行なっていこうとするのであれば、遅かれ早かれ、いずれ考えていくことになるのが法人設立です。

そこで一番おすすめなのは、不動産投資より先に法人を作り、その法人で不動産投資を行なっていくこと。

詳しくはこちら記事も参考にしてみてください。

【不動産投資・サラリーマン・副業】法人を設立し不動産投資を始めてみよう

【不動産投資・サラリーマン・副業】5棟10室基準:初めから法人での不動産投資を勧める理由

法人設立のためには、まずは法人のつくり方の調査や手続き方法を知ることが必要です。

法人作りは時間と手間とお金がかかります。自分でやるのはとっても大変ですが、非常に勉強になるので、一度やってみるのもおすすめです。

もし、法人設立の方法をプロに相談したい、ということでしたら、こちらの法人設立相談サービス「シェアーズ」に一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

登記、開業届、社保、新規開業時の手続きならシェアーズ

また、税理士をお探しならこちらのサービス【税理士紹介ネットワーク(Tax-concierge)】もおすすめです。

税理士紹介ネットワークなら、経験豊富な税理士を紹介します!

不動産投資の情報収集を始めてみましょう

それではさっそく、不動産投資の情報収集を始めてみましょう

こちらも時間がかかることですので、大変ですが、並行して情報取集のアクションを開始しておきましょう。

どんなタイプの投資用物件を買うと、どういう税金や経費がかかり、収益がどのように残るのか。

いろんな投資用物件タイプについて具体的に理解できるようになると、それぞれの投資用物件の特質を比較検討できるようになり、不動産投資についてより詳しく理解できるようになります。

「不動産投資用物件タイプ」や「投資用不動産会社」についての具体的な詳細は、この下のリンクや紹介記事から見ていくことができます。

マンション不動産投資

不動産投資の代表選手がワンルームマンション投資です。ワンルームマンション投資には中古マンション投資新築マンション投資があります。

中古、新築、それぞれにメリット・デメリットがありますので、その詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

【中古区分マンション不動産投資】小資金で取り組める不動産投資の注意点

【新築区分マンション投資】初心者サラリーマン投資家にオススメしない理由

築古戸建投資

築古戸建投資を行う場合は、SUUMOやアットホームといった一般的な検索サイト、楽待や健美家といった不動産投資ポータルサイト、そして地域の不動産会社などとコンタクトをとり、丹念に物件を探す行動が必要です。

そうして掘り出し物を見つけることに努力を注ぎ、個別性の高く、様々なリスクの隠れている物件情報を見極める目利き力を磨き上げていきましょう。

こちらの

【築古戸建不動産投資】サラリーマンが失敗を避けるための3つのポイント

を参考にしてみてください。

新築戸建投資

次いで新築戸建です。新築戸建投資物件を専門で取り扱っている会社はそんなに多くはありません。安く建築できるハウスメーカーを探し、問い合わせしてみると良いでしょう。

専門で投資用新築戸建を取り扱う会社には飯田グループホールディングス一建設(はじめけんせつ)があります。こういった専門的に扱っているハウスメーカーにも一度問い合わせてみてもいいでしょう。

アパート投資、土地活用

アパート投資を取り扱う会社はたくさんあります。

まずは気になる会社の資料請求から情報収集を始めてみると良いでしょう。

一括不動産投資無料相談【Oh!Ya(オーヤ)】では、最大で12社の資料を一括で請求することができます。詳細はこちらの記事から確認が可能です。

また、土地を持っている、土地の購入からアパート建設を考えたいのであれば、土地活用サービスを取り扱う会社の資料請求から始めてみましょう。

その詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

また、こちらの記事ではサラリーマン投資家がアパート投資に取り組む際の注意点を紹介しています。参考にしてみてください。

資金少なめ・利回り重視の不動産投資【中古アパート不動産投資】の注意点

【新築アパート投資】サラリーマン投資家が失敗を避けるために注意すべきこと

マンション、アパート以外の不動産投資

不動産投資にはワンルームマンション、アパート投資以外にも様々な手法があります。

金額は大きくなりますが、中古マンション一棟投資や、アメリカ不動産投資など。

また小さな金額では小口不動産投資もあります。

その詳細はこちらの記事を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました