【不動産投資初心者の悩みどころ】不動産会社の選び方・みるべき観点とは?

不動産会社の選び方・みるべき観点

不動産の見所

私自身、これまで数多くの賃貸物件に住み、住み替え、複数回持ち家を購入し売却した経験があり、現在、複数の不動産投資物件を法人で所有し、運用してきています。

そして、仕事でも不動産広告のプロとして15年間不動産業界に関わり、延べ千社以上の様々な不動産会社の方々とコミュニケーションをとってきました。

こうした経験をしてきて、

不動産会社をどのように選んだらよいか、見るべき観点は何か、身を以て体感し、理解をしています。

このブログ記事では、不動産会社の選び方・みるべき観点について出来るだけ易しく伝えていきます。

この記事を読めば「不動産投資」をもっと知りたくなります

この記事を読み終えると不動産会社の選び方・みるべき観点が理解できます。

そして「不動産投資」についても、もっと知りたくなります。

【不動産投資】不動産会社選びのキモは営業マン選び

不動産と営業マン

不動産会社選びのキモは営業マン選び

不動産投資をするに際して一番大事なことは物件選びです。

その物件選びをする際に何が大事になるのか。

それは営業マン選びです。これが一番大事なことになると思います。

どんな営業マンと出会えるかが不動産投資の成功を左右する

どんな営業マンと出会えるかが不動産投資の成功を左右します。

実際のところ、営業マンの質は様々です。

例えば、営業マンにとっては、一般的には売買は売るまでは売主側、売ってからは買主側との付き合いの方が長く続くことになります。

そのことをちゃんと理解している営業マンでしたら、購入希望者に対して不利にならないよう、精一杯の情報提供を行い、労力を発揮する事でしょう。

ところが、売ってしまえればいい、そんな考えでいる営業マンも多いのが実態です。

信頼に足る担当営業マンと出会えること。そんな営業マンと出会うことが出来たら。

その営業マンが「信頼できるパートナー」となり、今後の不動産投資生活の成功に大きな力を発揮してくれることでしょう。

何よりもコミュニケーション スムーズなやり取りが出来るか

営業マンのどこを見て判断すれば、選べば良いのか。

そこで大事になってくるのは、必要なコミュニケーションがちゃんととれるか、とりやすいかどうか、です。

どんなに経験と知識が豊富な営業マンでも、こちらに対してちゃんと向き合ってくれない、レスが遅い。

このように、顧客を大事にしたコミュニケーションができないようでは、大事な取引で信頼して付き合ってはいくことは出来ません。

買うまでには、様々な確認、質問がついてまわります。

そこでしっかりとコミュニケーションができる営業マンでないと、正しい判断が出来ず、時間もかかり、取引自体に支障がでてしまいます。

また、物件を買った後も今後の投資戦略の相談もあるでしょう。

自分にとってスムーズにコミュニケーションが取れる存在なのか。

自分の大事な資産を投資するのですから、コミュニケーションがスムーズにとれるのかどうか、この観点は忘れない方がいいでしょう。

どうしてもダメだと判断したら、躊躇せずその不動産会社に担当変更を相談しましょう。

もしその会社で、信頼に足る営業マンが見つからなかったら。

付き合う不動産会社を変えましょう。

空室リスク対策までケア出来るかが大事

不動産会社、営業マン選びにおいて確認したいことの一つが、空室リスク対策です。

買った物件で空室が出ることが買主にとっての最大リスク。

空室が出た時にどう対応できるのか。

リフォームはどうしたいいのか。

入居者募集はスムーズに出来るのか。

空室発生時に、的確かつリーズナブルな対処方法までサポート出来る営業マンが理想です。

私も以前、築古物件を購入する際に、担当営業マンから、勤務先の不動産会社指定ではない、リーズナブルなリフォーム会社をこっそり教えてもらい、空室が出た際のリフォームではそのリフォーム会社にお世話になりました。

会社指定の見積もりより半額以下仕上がり、問題なし。

また、募集に際しては自社以外の仲介会社も複数教えてもらい、そこでもお世話になりました。

こんな経験をしました。

そして、こういうことはザラにあります。

営業マンの質について

投資家も常に物件購入に対していつでも対応可能、という訳ではありません。

物件を紹介されても買えないタイミングもあるでしょう。

それでも、メルマガなどでコンタクトを切らさず定期的に情報を送ってくれる営業マン。

自分が売りたい時だけ熱心になるのではなく、定期的にちゃんと連絡してくれる。

このような当たり前のことがちゃんと出来る営業マン、残念ながら意外と少ないようです。

また、これは買わない方が良いと言える営業マン。

自分の目先の売上ではなく、長期的にオーナーが良い状態を考えて提案してくれる営業マン。

そういう当たり前レベルが出来ているのが、良い営業マンです。

自分にとって良い営業マンはどういうタイプなのか

自分にとって良い営業マンはどういうタイプなのか。

それがわかるようになるには、ある程度経験から学んでいくしかないのが実態です。

様々な会社のたくさんの営業マンと接して、自分なりの目利き力、相場観を掴んでいいってください。

そこは労を惜しまず、取り組みましょう。

【不動産投資】良い不動産会社を選ぶポイント・見るべき観点

不動産の相談

会社(規模、業歴、評判)

まず行うこととしては、不動産会社のホームページから以下を確認します。

・規模の大きさ
大きければいいというわけではないですが、ひとつの目安になります
・免許ナンバーと業歴の長さ
何らかの事情で免許を取り直していることがあったら、その理由を確認しましょう
・上場している会社ならIR情報
業績はどうか、安定して経営出来ているかどうか

そして、社名で以下を検索。

・○○○不動産 評判

調べた結果、

・過去に事件やトラブルがあった
・ユーザーからの良くない評判がある

などの場合、ちゃんと読んだ上で、ひとつの判断材料にしておくと良いでしょう。

また、その際には代表者の名前でも同様に検索をしてみるのもおすすめです。

会社名や会社自体を変えているケースもあります。

トラブルのある会社は避けるのが賢明でしょう。

業態、取り扱っている物件内容

自分の予算、得たいリターン、取れるリスクによって、投資対象は変わってきます。

不動産会社の業態や取り扱い物件は一般的には以下の通りです。

仲介
・中古、新築問わず存在
・マンション、アパート、戸建、一棟マンション何を得意としてるか異なる
・得意なエリアに特化している会社も多い
売主
・新築マンションに多い
・仲介手数料はかからない
土地活用
・ハウスメーカー、駐車場、太陽光など
・土地を持ってる地主でなくても、土地の購入から提案してくることも多い

その他
小口不動産投資
・小さな金額で不動産投資が可能
・融資が受けられない、商品数が少ないなどが通常の不動産投資と異なる
海外不動産

・国により法制度が異なるため、販売している物件種別は様々
・日本人向けにビジネスしている会社は仲介、買取転売が多い

中古の仲介会社でしたら、大抵は幅広く物件を取り扱っています。

マンションに強い、このエリアに強いなど得意分野はありますが、様々な種別の物件を紹介可能なことが多いでしょう。

不動産投資初心者が危険な目に陥らないために

様々な不動産

サラリーマンの副業が推奨されている昨今。今後その副業推奨の流れが止まることはなく、むしろ加速する一方でしょう。

勤めている会社や組織に依存しすぎず、自分の足で立つ基盤作りが、誰にとっても望まれている世の中。

そんな中で有力な副業の選択肢の一つが「不動産投資」です。

サラリーマンが不動産投資で危険な目に陥らないために。

様々な情報を収集し、よく学ぶよう、自ら動き行動していくことが重要です。

ですので、様々な不動産会社と営業マンと会い、様々な投資手法や物件情報を収集して比較して検討を進め、最適な物件を選ぶように行動していってみてください。

法人設立を考えたら

不動産投資を本気で行なっていこうとするのであれば、遅かれ早かれ、いずれ考えていくことになるのが法人設立です。

そこで一番おすすめなのは、不動産投資より先に法人を作り、その法人で不動産投資を行なっていくこと。

詳しくはこちら記事も参考にしてみてください。

【不動産投資・サラリーマン・副業】法人を設立し不動産投資を始めてみよう

【不動産投資・サラリーマン・副業】5棟10室基準:初めから法人での不動産投資を勧める理由

法人設立のためには、まずは法人のつくり方の調査や手続き方法を知ることが必要です。

法人作りは時間と手間とお金がかかります。自分でやるのはとっても大変ですが、非常に勉強になるので、一度やってみるのもおすすめです。

もし、法人設立の方法をプロに相談したい、ということでしたら、こちらの法人設立相談サービス「シェアーズ」に一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

登記、開業届、社保、新規開業時の手続きならシェアーズ

また、税理士をお探しならこちらのサービス【税理士紹介ネットワーク(Tax-concierge)】もおすすめです。

税理士紹介ネットワークなら、経験豊富な税理士を紹介します!

不動産投資の情報収集を始めてみましょう

それではさっそく、不動産投資の情報収集を始めてみましょう

こちらも時間がかかることですので、大変ですが、並行して情報取集のアクションを開始しておきましょう。

どんなタイプの投資用物件を買うと、どういう税金や経費がかかり、収益がどのように残るのか。

いろんな投資用物件タイプについて具体的に理解できるようになると、それぞれの投資用物件の特質を比較検討できるようになり、不動産投資についてより詳しく理解できるようになります。

「不動産投資用物件タイプ」や「投資用不動産会社」についての具体的な詳細は、この下のリンクや紹介記事から見ていくことができます。

マンション不動産投資

不動産投資の代表選手がワンルームマンション投資です。ワンルームマンション投資には中古マンション投資新築マンション投資があります。

中古、新築、それぞれにメリット・デメリットがありますので、その詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

【中古区分マンション不動産投資】小資金で取り組める不動産投資の注意点

【新築区分マンション投資】初心者サラリーマン投資家にオススメしない理由

築古戸建投資

築古戸建投資を行う場合は、SUUMOやアットホームといった一般的な検索サイト、楽待や健美家といった不動産投資ポータルサイト、そして地域の不動産会社などとコンタクトをとり、丹念に物件を探す行動が必要です。

そうして掘り出し物を見つけることに努力を注ぎ、個別性の高く、様々なリスクの隠れている物件情報を見極める目利き力を磨き上げていきましょう。

こちらの

【築古戸建不動産投資】サラリーマンが失敗を避けるための3つのポイント

を参考にしてみてください。

新築戸建投資

次いで新築戸建です。新築戸建投資物件を専門で取り扱っている会社はそんなに多くはありません。安く建築できるハウスメーカーを探し、問い合わせしてみると良いでしょう。

専門で投資用新築戸建を取り扱う会社には飯田グループホールディングス一建設(はじめけんせつ)があります。こういった専門的に扱っているハウスメーカーにも一度問い合わせてみてもいいでしょう。

アパート投資、土地活用

アパート投資を取り扱う会社はたくさんあります。

まずは気になる会社の資料請求から情報収集を始めてみると良いでしょう。

一括不動産投資無料相談【Oh!Ya(オーヤ)】では、最大で12社の資料を一括で請求することができます。詳細はこちらの記事から確認が可能です。

また、土地を持っている、土地の購入からアパート建設を考えたいのであれば、土地活用サービスを取り扱う会社の資料請求から始めてみましょう。

その詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

また、こちらの記事ではサラリーマン投資家がアパート投資に取り組む際の注意点を紹介しています。参考にしてみてください。

資金少なめ・利回り重視の不動産投資【中古アパート不動産投資】の注意点

【新築アパート投資】サラリーマン投資家が失敗を避けるために注意すべきこと

マンション、アパート、戸建以外の不動産投資

不動産投資にはワンルームマンション、アパート、戸建投資以外にも様々な手法があります。

金額は大きくなりますが、中古マンション一棟投資や、アメリカ不動産投資など。

また小さな金額では小口不動産投資もあります。

その詳細はこちらの記事を参考にしてみてください。

また、こちらの記事では中古マンション一棟投資やアメリカ築古戸建不動産投資に取り組む際の注意点を紹介しています。参考にしてみてください。

【中古一棟マンション投資】メリットが多いが難易度も高い不動産投資の注意点

【アメリカ不動産投資】安定利益の出る法人と高所得サラリーマンにお勧めする理由

タイトルとURLをコピーしました