【不動産物件情報収集】まず検索サイトへ登録・効率よい情報収集から

【不動産物件検索サイト】特長と種類

物件情報検索

不動産探しにおいては、希望条件に合致する物件を見つけることが出来るかどうかが全て、と言っても良いでしょう。

それも、数万件もの情報の中から、これだ、という物件が見つかるかどうか。

物件探しにおいては、まず、不動産物件情報サイト使いこなすことが大事です。

物件情報収集に役立つサイトは、大きく3種類あります。

・大手の物件検索サイト
・不動産会社の運営する検索サイト
・投資用の場合は、「投資用専門」不動産物件情報サイト

どれも、丹念にマメにチェックすることで、自分の希望に合致した物件を出会える確率が、より高まります。

また、個別の物件情報だけではなく、不動産購入経験者のコラム、税制・法律など周辺情報が詳しく掲載されているサイトも多いので、併せて活用すると、物件を見る目がより養われてくることでしょう。

【不動産物件情報収集】まず検索サイトへ登録・効率よい情報収集から

検索

不動産の購入へ向けて、最初のアクションとなる物件情報収集。

・自分の予算や条件を固める
・具体的な物件情報収集へ行動する

こうしてアクションを進めることになります。

「具体的な物件情報を収集する方法」は様々ありますが、初めのうちは特に、

幅広く情報を集め様々なタイプの物件情報を見て、相場感を養う

ことから始めるのがおすすめです。

・情報収集に使う物件情報検索サイトを選定
・自身の経済状況を踏まえて、「どのエリアで、価格はいくらぐらい」と条件を設定する

こうして、物件を検索してみましょう。

以下のように検索サイトを選定して活用すると、多くの、より確実な情報を集めやすくなることでしょう。

・広さや築年数などが表記されていて、部屋内の写真もある、大きな物件検索サイトを使う
・その上で、不動産会社のWebサイトに掲載されている物件情報を確認する

これ以降に出てくる新着情報を追うのには、いちいち毎回、最初から検索し直すもの面倒です。

その場合には、不動産物件情報検索サイトへ「条件登録する」のが、効率が良く便利です。

検索サイトによっては、「条件登録」すると新着情報がメール送信や通知されるサービスがありますので、活用してみましょう。

ここからは、「条件登録が出来る」「新着情報がお知らせされる」不動物件情報検索サイトの中から、おすすめの4つのサイトを紹介します。

・通常の物件検索サイト1件
・不動産会社のサイト1件
・投資用不動産物件専門サイト2件

それではさっそく見ていきましょう。

通常の不動産物件検索サイトは、これ1つでOK「ニフティ不動産」

ニフティ不動産

こちらは、大手不動産検索サイトの横断サイトです。

下記の「物件検索参加パートナーサイト」の情報を横断検索できるのと、条件登録ができるので、希望の検索条件を登録しておくなどして、大きなサイトの情報をまとめてチェックすることが出来ます。

物件検索参加パートナーは、これだけの大きな有名どころを抑えていますので、「ニフティー不動産」だけ使えば、大手の物件情報検索サイトは網羅できてしまいます。

通常の不動産物件検索サイトは、一旦これ1つでOK、と言ってもいいでしょう。

また、新着情報の通知設定が出来ますので、いちいち複数のサイトに登録しなくても、まとめて新着情報を確認することが出来ます。

これも非常に便利です。

ただし、物件情報は、物件検索参加パートナー各サービスによって随時更新されているため、物件削除のタイミングにより、物件一覧画面から詳細物件が閲覧できない場合がありますので、ご注意ください。

「ニフティー不動産」の詳細はこちら

不動産会社の検索サイト例「三菱UFJ不動産販売」新着メール活用を

続いて、不動産会社の検索サイト例として、三菱UFJ不動産販売の不動産中古物件検索サイト「住まい1」を紹介します。

無料会員登録すれば、「新着物件メールサービス」などの機能が利用できます。

これらのサービスの中には、一般の検索サイトより詳細で便利な機能もあります。

・登録した購入希望条件に合った新着物件の情報を毎日Eメールで届く
・マンションライブラリーの物件を登録すると、登録物件の売り出し情報がメールで届く
 (気になる物件まで具体的に決めている時にとても便利です)
・検索条件を保存し、ワンクリック検索が可能
 検索条件を毎回入力する必要がなく、最大5件まで登録が可能
・お気に入り物件を最大30件まで保存が可能
・問い合わせ物件を保存可能
・最近見た物件を一覧表示

また、自分の物件を売りたい時には、次のサービスが便利です。

・売却サポートメール
 登録した売却予定物件周辺の売出事例がEメールで届く
・周辺相場を確認できる
 所有物件周辺で、売りに出されている物件をマトリックスで確認できる
・購入検討者情報を確認できる
 所有不動産にどれだけの購入検討者がいるかを確認できる

三菱UFJ不動産販売の不動産中古物件検索サイト「住まい1」の詳細はこちら

投資用不動産物件検索サイトこの2つでまずはOK「健美家」「楽待」

投資用不動産物件情報サイトから2つ紹介します。

他にも、投資用不動産物件検索サイトはいくつかありますが、まずはこの2つの大きなサイトを抑えておけばOKでしょう。

健美家

こちらは主に、物件情報検索、条件登録して自動で最新情報を入手するのに活用すると便利です。

また、不動産投資ブログは、参加者、内容ともにこのジャンルのサイトの中では一番充実しているのではないかと思います。

有名な不動産投資本の著者のブログも、こちらには多く掲載されています。

不動産投資を行う場合には、積極的に活用しましょう。

「健美家」の詳細はこちら

楽待

楽待

「楽待」は、不動産投資専用のサイトの最大手のひとつです。

物件情報検索、条件登録をして自動で最新情報を入手するのに最適。

情報量はTOPクラス。

そして、不動産投資を実践している投資家のコラムが充実しています。

不動産投資を行う場合には、こちらも積極的に活用しましょう。

「楽待」の詳細はこちら

「不動産物件情報収集」情報を集めつつ次のアクションへ

グッドアイディア

大きな金額と長い投資期間がある、人生最大の買い物と言われる不動産。

不動産を購入する前に、様々な観点から情報収集をしてみてはいかがでしょうか。

ここからは、
当サイトの記事の中で、
・不動産投資を始める前に学んでおいて損はない
・自宅用に不動産購入を考えている方も購入する前に知っておいて損はない

考え方や知識について解説した記事を紹介します。

【初心者もこれだけ読めばOK】住まいを買う・借りるより先に不動産投資をした方がいい理由

【不動産投資】【体験談】初心者が実践出来る おすすめの始め方

【不動産投資の勉強と実践に使える本】厳選おすすめ5冊

【不動産投資初心者のサラリーマンへ】法人設立し始めることのすすめ

【不動産投資】法人化を考える時の勉強に使えるオススメの本3選 

【ロバートキヨサキ×不動産】おすすめのレポート、メルマガの紹介

【投資・不動産】「投資の達人になる投資講座」知識を成功の鍵と力に

【不動産投資初心者・失敗経験者】中立の投資スクールで成功への鍵を

当サイトではここで紹介した以外にも、戸建投資一棟投資小口投資など、様々な不動産投資の方法も紹介しています。

知識と情報を身につけて、不動産購入のリスクを減らしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました